マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

ローマ教皇、メッシを神と呼ぶのは「冒涜」

 4月13日まとめのニュースです。

 

FCバルセロナのメッシは神では無いと言うローマ教皇の見解ですね。

バルセロナはスペインなので。

 

私を精神障害者に仕立て上げて、

そして仙台藩でやるのは東京パラリンピックのサッカーなんですよ。

カトリックもそろそろ日本のやり口にぶち切れか?

 

サッカーへの戒めって、犯罪仙台に対する言葉だろうね。

そもそも仙台にはキリストはないしな。

 

 

8時13分と長野でも地震だから、

そろそろ8月13日国旗国歌法はくたばれと言う合図だわ。

分かります。清和会三塚博。三塚村。

 

いずれ、こちらは金回収ですし、

五輪もその通りだろうからな。

色々と、ぐちぐち争いの展開になる気がする。

 

結局、神通力の完全回収も出来ていないし、鬱陶しいね。

 

 いずれ、カルトの土地は揺れそう。

こちらは金銭回収して退避だけだな。

要らんし。

 

 

 

earthquake.tenki.jp

earthquake.tenki.jp

 

 

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

ローマ教皇、メッシを神と呼ぶのは「冒涜」

2019/4/13 07:17 ナリナリドットコム

 

 

 

 

 

 

 

 ローマ教皇が、サッカーのリオネル・メッシ選手を“神”と呼ぶのを止めるよう訴えた。

教皇は、それが神への冒涜であり、自身はメッシを“神”とは考えないとして、サポーターたちにその言葉を使わないように呼びかけている。

スペインのテレビで、メッシが“神”とあがめられていることについて尋ねられた教皇は、「理論的に言えば、それは冒涜です。言うべきことではありません。私はそう考えていません」と答えた。

教皇は称賛の意味で“神”という言葉が良く使われてはいるものの、メッシは“神”でないと強調し、「人々は敬愛の意味を込めて彼を“神”と読んでいますが、唯一の神だけが崇拝されるべきなのです」「『彼はピッチでボールを持つと“神”だ』と言うのは、自分の考えを表現するのによく使われています。彼のプレーは見る人を楽しませてくれますが、“神”ではないのです」と続けた。

 

 

ローマ教皇、メッシを神と呼ぶのは「冒涜」 - ネタりか
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190413-08066437-narinari