[PR]

 「主権を取り戻す」

 2016年6月の国民投票で離脱派が好んだフレーズを、元残留派のメイ首相は、これまで何度も繰り返してきた。だが、それから約3年。EU離脱をめぐるメイ氏のかじ取りは、誤算と失敗の連続だった。

 国民投票の翌月に首相になったメイ氏は「偉大でグローバルな貿易国家としての役割を再発見する」と主張した。EUが握る関税の権限を自国に取り戻し、日本など世界の国々と独自に野心的な貿易協定を結ぶ。EUの様々な規則にも縛られず、移民も抑えることで、経済を活性化する――。そんな掛け声が、「主権回復」や「独立」をさけぶ強硬派を喜ばせた。

 国民投票では、離脱支持52%に対し、残留支持48%。わずかな差なのに、民意は「離脱」にあるとして、17年3月にはEUに離脱を正式通知した。強硬派が求めるまま、2年と限られた交渉期間のカウントダウンを開始し、早期の離脱へと突っ走った。

 メイ氏がまずつまずいたのは、17年6月の総選挙だ。

 EUとの交渉を有利に進めるため、国内基盤を固めようとしたもくろみは外れ、与党・保守党は英議会で過半数割れとなった。EUとの緊密な関係の維持を求めつつ、反緊縮を訴えた労働党議席を伸ばした。

 離脱に関しては保守党内でさえ意見が割れているのに、北アイルランド地域政党閣外協力を得なければ政権運営ができず、合意形成が難しくなった。メイ氏の賭けは裏目に出た。

 一度決めたら、いくら批判されても我が道を突き進むのがメイ流だ。印象的なのは、昨年11月半ばの夜に突如開かれた記者会見だ。

 離脱条件を定めた協定案をEUと合意したのに、担当閣僚は抗議して辞任し、与党内は「メイ降ろし」の嵐に。辞任会見かと思われたが、メイ氏は「この道が正しいと全身全霊で信じている」と声を振り絞った。

 タフさが称賛と同情を集め、求心力の一時的な回復につながったこともある。だが、頑固さは独善と裏腹だ。妥協を嫌い、意見が異なる人の話はあまり聞かない。失敗しても軌道修正できず、自ら道を狭めた。

 

 限界が露呈したのが、英領北ア…

 

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら

 

最後はEUの言いなり 「主権回復」の逆行ったメイ首相:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM4C1BW9M4BUHBI032.html