マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【日本神道八百万・白鳥大明神の滅亡】なぜか神様になった鎮守の森と言う老木【万物に神が宿る・木が神様】

 これは、2000年5月15日の神の国発言により自民党が喚いたものですね。

この森喜朗の前が犯罪者である三塚博です。

 

2000年7月7日に私は現在の宮城県大河原地方振興事務所農業農村整備部に於いて、

宮城県庁の犯罪により私は精神科に行かされて、精神障害者に仕立て上げられたわけです。

これが起点ですね。

 

そしてその後に仙南の守護神である白鳥大明神刺客である、

2012年当時の宮城県警北仙台警察署の犯罪者である白鳥に、

私は青葉病院へ監禁されたと言うことで、裁判を来年にするわけです。

 

 だから、お天道様による天の采配により、

犯罪者の象徴である悪魔の木を滅した。

 

www.kahoku.co.jp

matomedane.jp

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 終了した皆様が、一々神域に口を挟む必要性はないのでは?

墓穴掘るだけじゃん。

 

犯罪で生きながらえた皆様が、正しい人間の如く振る舞っても仕方が無いじゃないか。

少なくても大自然は着いてこない。

ジャッジするのは神社ではなく天ですね。

 

 下のフルネーム(宮司の妹)は、三塚に肖る名前でしょ?

こちらはもう要らない名前。

それが仙台藩がやった30年の犯罪なのでね。

お天道様に見捨てられたら仕舞いだな。

 

天に相手にされない輩が、必死に土地でからめっこやっていても意味が無いじゃん。

これがママゴトの土民の全てだな。

 

こんなの世界から見れば土民特有の妄想であり、恥だよ。

 

最後に、私は太陽神はブログで書いていますが、

私は支配じゃなく、シロアリの排除です。

ここは間違えないでね。

 

あと、私の思念で切られたら、未来はその通りじゃないか。

そもそも要らない奴らだ。

私の基本概念を北署の白鳥他に教えるべきですな。

 

支配ではなく相手にしていないから寄るなゴミの間違いでしょ。

格式が違うね。ゴミとは。

 

本来の風は事象が伴うからな。

口だけのゴミは単なる詐欺師。

他に何も無いからね。

看板で奢るゴミは、とっとと始末がよろしいと思いますが。

 

結局、こちらは三塚の力は回収して、笑いながら土地は出て行くだだからね。

最後までこの土地は、ただ見苦しくないか?

もうこちらを見なくて、盗みに来なくていいですよ。

全て終わったのだから。

 

本来、こちらが警察に何度も電話する必要性は皆無だったわけですよ。

キチガイの両親が暴れるのが問題なんだね。

私の電話等の妨害をするからだ。

そしてそれを改善する能力もこの土地の公務員にはない。

 

馬鹿の相手は誰もしないだろ?

それだけの事であり、誰でも人間は前進するし、

屑相手にいつまでも燻るか?

馬鹿の相手を延々と続ける人間はいない。

 

 私は常識で行動しているよ。

よほど毒舌で電話が来たら、用済みってことだけ。

 

人柱は全てが海で浮けばいいし、

確実に言えることは、

シロアリは私の人生に触れるな」。

これだけだね。 

 

私が取る行動は常に最善だし。

そもそも東日本大震災の前に、私は仙台なんて捨てているからな。

こんな土地をまともに相手するのもオランだろ。

 

そして、最後は塩竈の堤防が120m崩壊して、

JRや市営地下鉄も止まりまくり。

 屑が政治しているからですよね。

用済みかな。

 

関係無いゴミが口を開かないことは、

社会を正常に回す最も大切であり、基本なことですね。

 

 

 

www2.gz-sf.com

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

御天道様(読み)オテントウサマ
デジタル大辞泉の解説
おてんとう‐さま〔おテンタウ‐〕【▽御天道様】

⇒おてんとさま(御天道様)
おてんと‐さま【▽御天▽道様】
《「おてんとうさま」とも》


1 太陽を敬い親しんでいう語。
2 天地をつかさどり、すべてを見通す超自然の存在。「悪いことをすればお天道様に筒抜けだ」「お天道様に恥じない行動」

kotobank.jp

 

 

 

 

宮城のニュース

台風24号>樹齢1000年超 ご神木無残 村田・白鳥神社

参道に倒れたケヤキの巨木=1日午前10時50分ごろ

 台風24号の強風により、村田町村田の白鳥神社で1日、ご神木として親しまれた樹齢1000年以上とされるケヤキの巨木が倒れた。
 ケヤキは高さ24メートル、直径2.35メートル。高さ7メートルほどの部分で折れた。神社の隣の自宅に住む宮司の妹の村田明美さん(59)は午前7時ごろ、外出した際にケヤキが倒れているのを発見。「あれだけ太い木が倒れるなんてびっくり」と話した。
 倒れたケヤキは1969年、町が天然記念物として指定した。同神社では2010年、樹齢800年以上とみられるイチョウが強風の影響で根元から折れた。


関連ページ:宮城社会

2018年10月02日火曜日

 

 <台風24号>樹齢1000年超 ご神木無残 村田・白鳥神社 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181002_13030.html

 

 

 

 

  神道政治連盟国会議員懇談会の三十年ということで、おそらく話があったんだろうと思いますが、この綿貫先生は、綿貫先生はまさしく神の子でありますから、しかも、きわめて位の高い神官でありますから、綿貫さんと私たちは同期生、同じ昭和四十四年の暮れに当選をした。綿貫先生はその纏め役をされておるわけでありますけれども、同じ同期には、当時二十七歳であった小沢一郎さん、その次に若かったのは私、その次に若かったのは私より二つ上の羽田孜さんでした。その次は大阪の中山正暉さん、梶山静六さんもおられましたし、江藤隆美さん、松永光さん、浜田幸一さんと多士済済、いろいろな方がおられた。本当に小沢さんをはじめとして、世間をお騒がせするものが私も含めて、たくさんおったのが、昭和四十四年組でございまして、その中で私どもが、綿貫さんの指導を仰ぎながら、神様を大事にしようという、最も大事なことであり、世の中忘れておるではないかということで、いわゆる神社本庁神道政治連盟、国会議員懇談会を設立したわけでございますから、まさに私達が中心になって設立し、この活動をさせて戴いたものと自負しておるわけでございます。

 村上幹事長その他多大なる御努力のもと、「昭和の日」などの制定を致しましたり、今の天皇のご在位のお祝いを致しましたり、陛下御即位五十年、六十年のお祝いを致しましたり、ま、ややもすると政府側、いま私は政府側におるわけでございますが、若干及び腰になることをしっかりと前面に出して、日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知をして戴く、その思いでですね、私達が活動して三十年になったわけでございます。比較的私達の同期というのはしぶとくて、結構国会に残っておりますのは、神様を大事にしているから、ちゃんと当選させてもらえるんだなあと思っているわけでございます。

ja.wikipedia.org

 

 とりわけ、今日は梅原先生もいらしておりますが、やはり私は、有難いことに「森」という苗字を戴いておりまして、いまや日本だけでなく、世界中が環境の問題を語るには「森」を大事にしなくてはいけないでしょう。ということになるわけで、小渕さんまで私を大事にして下さったんではないかと思うぐらい、今の立場は本当に、小渕さんの残された仕事、思いをですね、しっかりと私が実行できるように努力せねばならぬ立場にあるわけです。それには、我々の子どもの社会から考えてみますと、やはり鎮守の森というものがあって、お宮を中心とした地域社会というものを構成していきたい。このように思うわけです。

 私が今、小渕総理の後を受けて、こういう立場になって、教育改革をすすめようという教育改革国民会議というものをこうして致しておりますが、少年犯罪がこうしておる状況にアピールをしようと、テーマを造ったわけですが、はっきりいって役所側で作ったもので、みんな大変ご批判がでました。まるで文部省が各教育委員会に通達した文書だったんですが、審議会そのものに対しては文部省の私的諮問機関なので、私がそのものに口を出してはいかん立場なんです。たしかに難しい立場で難しいことなんだけど、要は私は、人の命というものは私はお父さん、お母さんから戴いたもの、もっと端的にいえば、神様から戴いたもの、神様から戴いた命はまず自分の命として大切にしなければならないし、人様の命もあやめてはいけない。そのことがまずもって基本にないといけない。その基本のことが、何故子ども達が理解していないんだろうか。いや子ども達に教えていない親達、学校、社会の方が悪いんだといえば、私はその通りだと思う。

 しかし、昨日沖縄に参りまして、四十七都道府県から子ども達が集まりまして、小中学校の生徒さんが集まるサミットというものをやりまして、そして七月に集まるサミットに提言をしてくれた。その提言を私が戴いたわけでございます。その文章を見ていますと、自然環境を大事にしなければならないとか、そして地球、とかいろいろ書いてあるわけですが、どこにも命を大事にしろとは書いていない。

 ちょうど不思議なことで、その式典に出ようとした時にですね、小渕首相の訃報が入ったわけでございます。沖縄の私のもとに入ったわけでございます。もう胸がいっぱいになりました。もう最後の閉会式のセレモニーでしたから、よっぽどその話をしようかと思いました。しかし、みんな喜んでいやー終ったぞ、という式典でしたから、私は申し上げなかったんです。申し上げなかったけれども、みんな自然を大事にしよう、水を大事にしよう、とっても良いことだと思います。思いますが、地球社会、共生の社会というなら、人の命というのは、どこからきたのか考えよう、この人間の体というものほど、神秘的なものはない、これはやはり神様から戴いたものということしかない、みんなでそう信じようじゃないか。神様であれ、仏様であれ、天照大神であれ、神武天皇であれ、親鸞聖人であれ、日蓮さんであれ、誰でもいい、宗教というのは自分の心に宿る文化なんですから、そのことをもっとみんな大事にしようよということをもっとなんで教育現場でいわないのかな、信教の自由だから、触れてはならんのかな、そうじゃない信教の自由だから、どの信ずる神、仏も大事にしようということを、学校の現場でも、家庭でも、社会でもいわなければならないよということをもっと、私は、もっともっと、日本の国のこの精神論からいえば一番大事なことではないかとこう思うんです。

 

 

 

 

宗教妄想

統合失調症の陽性症状には、「宗教妄想」という分類をされる症状もあります。
これは、誇大妄想に近い、あるいはその中のひとつという分類をされる事もありますが、ここでは独立したひとつの種類として取り扱います。

統合失調症における宗教妄想というのは、簡単にいうと自分を神、もしくはその生まれ変わりであると信じ、それを実際に周りの人に話すというタイプの症状です。
誇大妄想に近いというのは、自分を極限まで誇大しているからですね。

世界は自分を中心に回っている。
自分は世界の救済者である。
来るべき時に備え、自分は神となって自分を信じる民を救う使命がある。
現在の世の中を壊し、新たな楽園を作る。
などといった、漫画などでよく見られがちな思想にふける状態がよく見られます。

また、自身を神と信じるだけでなく、他の何かを神と信じ、その神の為には手段を選ばない状態も宗教妄想といえます。
こういった精神疾患は、度々大きな事件を呼び起こしていました。
一番有名なのは、大きな社会問題ともなったオウム真理教でしょう。

宗教妄想というのは、ある意味最も危険な状態といえます。
宗教にはまるという言葉がありますが、この極限状態がこの宗教妄想です。
厄介なのは、自身、もしくはその宗教に対して、盲目的な状態になっている為、理想実現の為には他者を傷つける事を厭わないという点です。
その為、大きな事件になりやすいという性質があります。

病気の診断に関しては、比較的易しい部類と言えます。
だれでもその異常性には気付くことができるからです。
そして、この宗教妄想は統合失調症の中では多い部類に入ります。
こういう時代だからこそ、多くなっているのかもしれません。