マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【スペインの太陽・勾玉埼玉】4月7日 浜崎あゆみ、説明なき1時間の「開演遅延」にファンが嘆いた“ライブの劣化”【さいたまスーパーアリーナ】

 1993回目の記事です。

これが浅野史郎が当選した年です。

ここから私への美人局までの長期計画が厚生労働省で策定されていました。

 

 

 

4月7日のニュースです。

 

埼玉は呪われていますなぁ。

ストーカー規制法違反の土地ですしね。

山田奈緒子ですので、本当に。

 

浜崎ライブ。

平成最後のライブは、当人が舞台に1時間遅れで、

ブーイングが酷かったらしいですね。

謝罪無きファンを裏切ったライブだったそうです。

 

更に、一番は「声が出ていなかった」に尽きるみたいです。

色々と期待を裏切ったライブだった様です。

 

鷲宮神社には悪魔でも取り憑いているんですかねぇ。

 

 昨年は沢田研二で問題発生だそうだから、

既に歌手個人の問題でもないらしいですねぇ。

ヤバイ土地。

 

私は埼玉なんて相手にしたことは一度も無い。

小学生時代に親に西武ライオンズの帽子を与えられた土地。

こちらは別に用は無いし要らない土地。

 

醜い土地ほど、私の親を利用して様々な物を押しつけてくる

ヤクザ紛いな土地であるのは言うまでもない。

 

招かざる客ほど、犯罪をするために寄ってきますな。

刺客の山田奈緒子を送り込んだ土地。

 

 自民党は終わりだからな。

セットで終わる土地も哀れでしかない。

 

 

 

f:id:masafree:20181012221644p:plain

 

 

 

 

 

www.asagei.com

news.nifty.com

blog.goo.ne.jp

matome.naver.jp

 

 

 

 

浜崎あゆみ、説明なき1時間の「開演遅延」にファンが嘆いた“ライブの劣化”


 歌手の浜崎あゆみが4月7日にさいたまスーパーアリーナで行ったライブの開始時間が、予定より1時間近く遅延し、ファンからの不満が殺到している。

 4月6日からの2日間、「ayumi hamasaki 21st anniversary -POWER of A^3-」と題して、“平成最後のライブ”と話題になっていたが、その盛り上がりに、浜崎自ら水を差してしまった形になっている。

 7日は「WOWOW」での生中継が入っていながらの大幅な遅延に、ネット上では「プロ失格でしょ」「大幅に遅れたのに謝罪も理由の説明もなしかい」「昔はほぼ定時に始まってたのにね。最近のあゆにはがっかりさせられることばかり」と厳しい意見が並んだ。

「放送自体は定時に始まったんですけどね。待てど暮らせどあゆは現れず、画面には『開演が遅れております もうしばらくお待ちください』の文字。ようやく姿を見せたのは1時間後ですからね。体調悪化などやむを得ない事情があったなら仕方ないにしても、遅延に関して何の説明もなかったのは問題でしょうね」(音楽誌ライター)

 1時間遅れでようやく始まったライブであったが、「最初から最後まで声が全然出てなくてびっくりした」「ここまで歌えなくなっているのなら、コンサートなんてやるべきじゃないでしょ」「さいたまスーパーアリーナでの問題ライブというと去年の沢田研二を思い出すけど、今回はそれ以上に色々酷かった(笑)」など、ネット上は酷評のオンパレードだ。

「これで怒らないなんて、あゆのファンはどんだけ優しいんだ」「怒るファンはとっくに愛想尽かして去ってるよ」などというファン同士のやり取りもネット上を賑わせているが…。

「かつては私も浜崎の熱狂的なファンで、ライブも年数回ペースで通ってました。今回の遅刻だけでなく、声が出なくなっていること、一度のライブで歌う曲数が減って、演出に頼りがちになっていることなど、全盛期を知っているだけにガッカリすることが多いのは事実です」(前出・音楽誌ライター)

 5月から始まる“令和最初”の全国ツアーは2020年まで続く史上最長のものになるというが、今から先行きが心配になってくる。

(石見剣)

浜崎あゆみ、説明なき1時間の「開演遅延」にファンが嘆いた“ライブの劣化” – アサジョ
https://asajo.jp/excerpt/70748