マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【日本神道・明治天皇】池江選手が白血病になるのも仕方がない。自民党の犯罪で運が消滅した【大仙市・習志野市】

 習志野市、そして私を閉鎖病棟に入れた秋田県

 

習志野は私が過去に行かされた場所。

そして大曲の花火大会ね。

私が行かされた場所。

 

その後にこの仙台藩が何をしたか?

 

と言う事で、そのまま自民党の権力の大会である五輪に影響が出た。

仕方がない流れであるし、患者当人は思想の処理をして、膿んでない場所での治療がよいですね。

無理でしょ、色々と。

 

 そもそも、私の大学時代、大船渡出身の同期が私を大曲の花火大会に連れて行ったんですよ。

そしてそこで生まれたのが浅野史郎であり、私を精神障害者に仕立て上げた人物だ。

当人は白血病ですね。

思想で病気を引き継いでいるだけ。

 

嘘つき神社に騙されない方がいいと思いますけどもね。

あいつらは嘘つきだから、私も排除したからな。

 

 結局、私が観ているのではなく、観ているのはお天道様だからな。

愚かな神社への天罰だろうね。

いつから人間が神様になったのか理解しかねますよ。

 

 これも平成の処理であったし、仙台藩への処理でしょ。

 

私は仙台では商売しない方がいいよと触れ回る派だしな。

誰も相手にしていない。

 

今後大事なのは、他人の領域に触れないことでしょ。

とっとと山口組らを駆除して、寄らないことですな。

最初からこちらは相手にしていないでしょ。

 

2年前から排除が開始されていたのに、

山口組と遊んでいる愚かな仙台藩は、

ただ哀れと言うしかない。

 

終わったから、諸行無常で堤防が崩壊したのでしょ?

それで分からないのは病気なんじゃないの?

 

要らないものは

2018年8月11日の鷲宮神社の鳥居自然崩壊の様に、

諸行無常の如く、朽ちて消えるんですよ。

神が要らないと決めたから、鳥居が朽ちた。

それで終わりなんですね。

まさか決めるのは中の神職ではないでしょ?

 

 

 

 

おてんと‐さま【▽御天▽道様】
《「おてんとうさま」とも》
1 太陽を敬い親しんでいう語。
2 天地をつかさどり、すべてを見通す超自然の存在。

「悪いことをすればお天道様に筒抜けだ」「お天道様に恥じない行動」
出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

 

kotobank.jp

 

 

諸行無常(読み)しょぎょうむじょう
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
諸行無常
しょぎょうむじょう

この現実の世界のあらゆる事物は,種々の直接的・間接的原因や条件によってつくりだされたもので,絶えず変化し続け,決して永遠のものではないということ。これに諸法無我涅槃寂静 (ねはんじゃくじょう) を加えて三法印 (さんぼういん) といい,仏教の根本説をなす。

kotobank.jp

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

宮城のニュース

ひき逃げの疑い、大満寺僧侶逮捕 仙台南署に「覚えていない」と否認

 仙台南署は16日、ひき逃げなどの疑いで、仙台市太白区向山4丁目、大満寺の僧侶西山円明(えんみょう)容疑者(47)を逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前1時50分ごろ、同区八木山南2丁目の市道で乗用車を運転中、信号待ちで停止していた同区のアルバイト男性(52)の乗用車に追突し、男性の首に軽傷を負わせた上、弾みで前方の同区の会社員男性(25)の軽乗用車に追突させて、そのまま逃走した疑い。同署によると、「覚えていない」と容疑を否認している。
 大満寺は創建800年の歴史を持つ古刹(こさつ)。西山容疑者は寺院補佐として行事の補佐役を担っていた。父親で前住職の西山広宣さん(78)は「僧侶として恥ずべき態度だった。被害者や檀家(だんか)、信徒の皆さんに心からおわび申し上げたい」と話した。


関連ページ:宮城社会

2018年07月17日火曜日

 

ひき逃げの疑い、大満寺僧侶逮捕 仙台南署に「覚えていない」と否認 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201807/20180717_13040.html

 

 

 

 

大仙出身の村上コーチ、池江選手いたわる 「治療に専念を」

お気に入りに登録
 
※写真クリックで拡大表示します
 リオ五輪に臨んだ池江選手と村上さん(左)=16年8月、リオデジャネイロの五輪水泳競技場

 秋田県大仙市(旧中仙町)出身で、池江璃花子選手を中学時代から指導してきたルネサンス強化ヘッドコーチの村上二美也さん(58)=千葉県習志野市=は「時間がかかったとしても焦らず、とにかく治療だけに専念してほしい」と教え子をいたわった。

 村上さんは「水泳が本当に大好きな子。その思いさえあれば、必ず現場に戻ってくることができる。回復を見守りたい」と語った。

 

 

 

大仙出身の村上コーチ、池江選手いたわる 「治療に専念を」|秋田魁新報電子版
https://www.sakigake.jp/news/article/20190213AK0001/