マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【知識無き世界の腐海の森】長野県諏訪郡富士見町「森展望台」から、着色がない狼煙を上げ、世界にお笑いを発信【これで武家を宣伝しても武家は迷惑】

 4月6日のニュースです。

 

私はですね、イベントをやる前に、

それを開くだけの知識レベルは備えて欲しいと切に願います。

 

基本的にですね、狼煙には必ず色が付いています。

下記のニュースの写真を見てください。

 

銭湯の煙突から出る湯気かよ(笑)

 

と、開催者の頭の悪さに思わず吹いてしまいました。

 

そもそも、狼煙上げているのは武家じゃないじゃん。

頭が空の公務員が狼煙をやっても、元々知識が無いのだから、上げる狼煙も中身が空ですね。

当人らの頭の中が空に現れた感じですね。

 

私は、そもそも仙台で生まれて最初に行ったのは

東京都東村山市富士見町なんですよ。

 

結局は縁がない土地である長野だったね。

私はゴミ捨て場認定したから、相手にはせんよ。

 

だから東村山市からドリフの志村けんがデビューし、

そして茨城県に本社があるK's電気でCMやっていたって分からん?

 

土民は奈落に墜ちた方がええしな。

武家以外が中身無い頭で狼煙ごっこやられても困るかな。

 

 

捨てられたら戻らないのだから、

ラグビーの癌細胞である世界の森に着いていけばいい。

 

捨てる神あれば拾う神あり だ。

 

 

 

森の「神の子」なのだから、

アスリートが白血病になってもどうしようもない。

ただ前を見て進むしか無い。

全ては世界の森が災いをまいたのだ!!!

 

私が一番大切にするのは、その瞬間ではなくて流れだから、あとは粛々と進めます。

 

私は農民の血筋ではないからな。

その日の空だけ眺めて生きている人間じゃない。

その仕事は農民の仕事だ。

 

 私は過去はみんな切り捨てれば問題無いからな。

別に要らないものだ。

逆になぜ必要なのかを教えて頂きたいくらいだ。

 

 

 

 

 

 

ja.wikipedia.org

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

 

富士見→甲府 のろし伝達25分間で完了

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 

スタート地点の富士見高原リゾート創造の森展望台で煙を上げる関係者

山梨、長野両県の市民団体や自治体などの関係者が連携して、戦国武将の武田信玄が情報伝達に用いたとされるのろしを再現する取り組みを6日行った。山梨県の信玄公祭りに合わせて実施。再現はこれまで両県それぞれで取り組んでいたが、今回初めて県境を越えてのろしをリレーし、スタート地点の富士見町から甲府市まで25分間で伝達を完了した。

信濃の情勢の異変を信玄公祭りの本隊がいる甲府市舞鶴城の本陣に伝えるという想定で行った。ルートは同町―北杜市韮崎市甲斐市甲府市。杉の葉を燃やしたり、発煙筒で煙を上げたりして、目視で確認しながら8カ所をリレーした。

付近に狼煙場の伝承がある、スタート地点の同町富士見高原リゾート創造の森展望台では、のろしリレーを長野県内で行っている武田信玄狼煙会や、町観光協会、町、同リゾートの関係者が参加。陣羽織姿の窪田福美観光協会長と和田正生町産業課長が吹くほら貝を合図に煙を上げた。呼応して北杜市中山の山腹から煙が上がるのが見えると観光客らから歓声が上がった。同日は風が強く、煙が真上に上がらず、関係者を心配させたが無事成功に安堵していた。

武田信玄狼煙会は、信玄生誕500年に当たる2021年に両県を結ぶ約230~250キロのリレーを目指している。同会幹事長の秋山大一さん(60)=諏訪市=は「多くの皆さんの協力で今回の取り組みができた。目標実現に向けた足掛かりになる」と話していた。

 

Nagano Nippo Web » 富士見→甲府 のろし伝達25分間で完了
http://www.nagano-np.co.jp/articles/46513

 

 

富士見→甲府、のろしリレー 21年の武田信玄生誕500年に向け

  •  
ほら貝の合図でのろしを上げる富士見高原リゾートの従業員ほら貝の合図でのろしを上げる富士見高原リゾートの従業員
 諏訪郡富士見町から山梨県甲府市までのろしをつなぐ「信玄公祭り狼煙(のろし)リレー」が6日、行われた。同町観光協会武田信玄狼煙会(下伊那郡喬木村)などが山梨県住民団体などと協力して初めて実現。のろしは同町を起点に計8カ所で順番に上がり、約30分後に40キロ以上先の最終地点、甲府市内で確認され、「成功」した。

 信濃国で異変があり、甲斐国の兵隊が出陣することを本陣に伝えるとの想定で行った。富士見町の富士見高原リゾート展望台で午後0時35分、同リゾート従業員がほら貝の合図でのろしを上げた。2分後に北杜市白州町で白い煙が上がると、参加者から「見えた」と歓声が上がった。

 狼煙会は毎年、下伊那地方から諏訪地方までのろしリレーを実施。武田信玄の生誕500年にあたる2021年には、下伊那地方から諏訪地方を経て甲府市につなぐことを計画している。本番に向け、まずは県境を越えようと今回のリレーを思い立った。

 狼煙会幹事長の秋山大一さん(60)=諏訪市=は「関係団体の連携がうまくいった。今後も協力を深め、21年のリレーを成功させたい」と話した。 

(4月7日)

 

富士見→甲府、のろしリレー 21年の武田信玄生誕500年に向け | 信濃毎日新聞[信毎web]
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190407/KT190406SFI090001000.php