マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【1300・フナブクー】仙台市天文台で「ひとみ望遠鏡」内部機器の更新完了、4月6日より再開【2008年望遠鏡設置】

 私が電話で排除した愛子駅の近くにある諏訪神社天文台です。

ここには森の駅も存在しますね。

 

私は秋保温泉は二度と行かないので。

関係はないですね。

 

仙台は私は要らない。

居るのが不快でしかない。

土地捨てが浄化であり、新しい人生の出発になります。

私の中ではここの土地は全て終わった。

何も要らないですね。

 

2008年10月24日に私は退職したんですよ。

そんなキリストの記念望遠鏡でしょうね。

 

私は行ったことはないし、何も関係はないし、知りません。

 

私は無関係な人らの相手は微塵にもしないからね。

常に寄って来る人間が頭がおかしい。

それが私の思想ですね。

 

だから私がサービス提供を受ける以外の人から、

何か噂される必要性もないね。

私は思想では既に仙台人ではないし、一時の滞在でしかない。

 

 

 

 

 

 

宮城のニュース

仙台市天文台>「ひとみ望遠鏡」内部機器の更新終え再開

 仙台市天文台青葉区)は1日、東北最大の反射式望遠鏡「ひとみ望遠鏡」の運用を再開した。望遠鏡の仕組みや性能を紹介する案内会(毎日開催)は同日復活。毎週土曜の晴天時に開く天体観望会は、6日夜から再開する。
 ひとみ望遠鏡は2008年に運用を開始。稼働から10年が過ぎたため、今年1月から運用を休止し、分光器や冷却CCD(電荷結合素子)カメラなど内部機器の更新作業を進めていた。


関連ページ:宮城社会

2019年04月02日火曜日

 

 

仙台市天文台>「ひとみ望遠鏡」内部機器の更新終え再開 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201904/20190402_13032.html