フェラーリが林に突っ込み炎上か 富士スバルライン

写真拡大

 イタリアの高級スポーツカー「フェラーリ」とみられる車が富士山の5合目につながる有料道路の脇の林に突っ込み炎上しました。

 フェラーリとみられる青いスポーツカーが道路を外れた林の中で激しい炎と煙を上げながら燃えています。3日午後3時ごろ、山梨県富士河口湖町の「富士スバルライン」で通行人の女性から「車が燃えている」と119番通報がありました。警察によりますと、車は左カーブを走行中、道路を外れて林に突っ込み炎上したということです。車を運転していた27歳の経営者の男性が軽傷を負い、同乗者の35歳の女性にはけがはありませんでした。全焼した車の焼け跡からはフェラーリのものとみられるエンブレムが見つかりました。現場は「富士スバルライン」の1合目の料金所から約3キロの地点でした。