マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

映画「E.T.」が天文学現象を通じて3月10日(佐藤)に繋がる話

 

 

そもそもさ、有名な映画のE.T.ね。

これは昭和の映画界の宇宙人の全てです。

 

天文学で佐藤の日なので、私じゃん(笑)

 

kusanomido.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

だから、日本公開の12月4日は、後から国鉄が絡むんですよ。

1986年日本国有鉄道改革法ね。

守護数4だから、1982年公開の4年後ですね。

これが三塚博だし。運輸大臣の農民。ざっこ。

下記見れば1982年はやらせ(笑)

 

日本の低質宗教3月10日で天文学の世界でねつ造とか。

鬱陶しい。マジで。

だから天文学者自衛隊から撤退した。

 

 

 

 6月11日(ろくがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から162日目(閏年では163日目)にあたり、年末まであと203日ある。誕生花はヒゲナデシコガクアジサイ

6月11日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/6%E6%9C%8811%E6%97%A5

 

 

E.T.』(イーティーE.T. The Extra-Terrestrial)は、1982年公開のアメリカSF映画。ならびに、同作品に登場する、架空の地球外生命体の名称である。

E.T.
E.T. The Extra-Terrestrial
ET logo.svg
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 メリッサ・マシスン
製作 スティーヴン・スピルバーグ
キャスリーン・ケネディ
出演者 ヘンリー・トーマス
ドリュー・バリモア
ピーター・コヨーテ
ディー・ウォレス
ロバート・マクノートン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 アレン・ダヴィオー
編集 キャロル・リトルトン
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年6月11日
日本の旗 1982年12月4日
上映時間 115分(オリジナル版)
120分(20周年記念特別版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $ 10,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 435,110,554[1]
日本の旗135億円[2]
世界の旗 $792,910,554[1]
配給収入 日本の旗96億2000万円[3]

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

 

3月10日(さんがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から69日目(閏年では70日目)にあたり、年末まであと296日ある。

1906年 - 第1回陸軍記念日前年の奉天会戦勝利を記念したもの。以降、第二次世界大戦終結まで、毎年3月10日は陸軍記念日となった。

1977年 - 天王星の環が発見される。

1982年 - 惑星直列。全ての惑星が太陽から見て95度以内に入る。

1985年 - 青函トンネル本坑が貫通。

2009年 - 日経平均株価終値ベースでバブル崩壊後の最安値7054円98銭を記録。

2010年 - 鶴岡八幡宮の「公暁の隠れ銀杏」と呼ばれるイチョウが強風により倒壊。

マリオの日(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3月10日の英語表記の一つに「Mar.10」があり、これが「MARIO」に似ていることから[4]。

農山漁村女性の日(日本の旗 日本)
農林水産省婦人・生活課が1988年に制定。各地域にある婦人だけの休息日が農閑期の10日であることが多かったことから。

東京都平和の日(日本の旗 日本)
1945年のこの日の東京大空襲にちなみ、東京都が1990年に制定。

3月10日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/3%E6%9C%8810%E6%97%A5

 

 あとから外れる構図(笑)

 

 

計算による惑星直列の表[編集]

水星から海王星までの8個の惑星が太陽を中心にする90度以内の扇型の中に集まったと考えられる時期の計算値である[6]

なお上記1982年の例は90°をわずかに超えたものだったので、下表では割愛した。

西暦 開始 終了 期間 最小の扇型の角
989年 5月13日 6月18日 37日間 75.8度
1126年 5月8日 5月24日 17日間 86.6度
1128年 4月7日 5月19日 43日間 39.0度
1130年 3月23日 4月7日 16日間 81.6度
1166年 8月29日 9月21日 24日間 73.1度
1307年 3月27日 5月17日 52日間 47.1度
1666年 9月15日 10月3日 20日 85.1度
1817年 6月5日 6月22日 18日間 83.9度
2161年 5月1日 6月3日 34日間 68.7度

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

詩篇第10巻72番[編集]

L'an mil neuf cens nonante neuf sept mois
Du ciel viendra un grand Roi deffraieur
Resusciter le grand Roi d'Angolmois.
Avant apres Mars regner par bon heur.
1999年、7か月、
空から恐怖の大王が来るだろう、
アンゴルモワの大王を蘇らせ、
マルスの前後に首尾よく支配するために。

この詩が20世紀以降に大きな話題となったことはよく知られている。キーワードとなる「恐怖の大王」と「アンゴルモワの大王」については各記事に委ねるとして、ここでは原文の読み方について説明をしておく。

まず「1999年7か月」であるが、1999年7月と読まれることがしばしばある。そういう読み方も可能であるが、その場合、当時はユリウス暦の時代であったために現在のグレゴリオ暦に換算する必要があると指摘されている。ゆえに1999年7月の範囲は、グレゴリオ暦では1999年7月14日頃から1か月のこととなる。8月11日にはヨーロッパの一部などでは皆既日食が見られたため、そのことと結びつける論者もいる[83]

ja.wikipedia.org