マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【ブリタニー・スパニエル】家畜の連続怪死事件、原因は太陽光発電か?【フランス・ブルターニュ】

 3月28日のニュースです。

 

5年ほど前から家畜の変死が続き、これまでで120匹が死んだみたいですね。

大方まだ2019年も3月が終わったと言う事で、5年前と言えば2013年ころか?

その当たりから異変が生じたみたいです。

 

2013年からがスペインの太陽の真骨頂ですので、

太陽光発電の設置時期と同時期みたいです。

 

色々と、このスペインの太陽と言うのは、何もかも上手く行かなくて、

なぜこうなるのだろう?みたいな感じですね。

 

みんな自民党のフナブ・クーなので、責任取るのはあちら。

全て悪魔に憑かれているだけ。

 

池江や萩野みたいに、普通に出来ない病だな。

怖い。

 

あれですもんね。

下記のフェリーの異変は、3月10日の佐藤の日です。

 

 

3月10日(さんがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から69日目(閏年では70日目)にあたり、年末まであと296日ある。

1906年 - 第1回陸軍記念日前年の奉天会戦勝利を記念したもの。以降、第二次世界大戦終結まで、毎年3月10日は陸軍記念日となった。

1977年 - 天王星の環が発見される。

1982年 - 惑星直列。全ての惑星が太陽から見て95度以内に入る。

1985年 - 青函トンネル本坑が貫通。

2009年 - 日経平均株価終値ベースでバブル崩壊後の最安値7054円98銭を記録。

2010年 - 鶴岡八幡宮の「公暁の隠れ銀杏」と呼ばれるイチョウが強風により倒壊。

マリオの日(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3月10日の英語表記の一つに「Mar.10」があり、これが「MARIO」に似ていることから[4]。

農山漁村女性の日(日本の旗 日本)
農林水産省婦人・生活課が1988年に制定。各地域にある婦人だけの休息日が農閑期の10日であることが多かったことから。

東京都平和の日(日本の旗 日本)
1945年のこの日の東京大空襲にちなみ、東京都が1990年に制定。

3月10日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/3%E6%9C%8810%E6%97%A5

  

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

家畜の連続怪死事件は太陽光発電が原因?フランスの畜産農家が疑惑を調査した結果

投稿日:

 

フランスのブルターニュ地方コートダモールで畜産農家を営むパトリック・ル・ネフト氏は、現在、深刻な経営危機に瀕している。

と言うのも、数年前から飼育している牛たちの間で原因不明の突然死が頻発しているからだ。

 
 

牛の連続怪死事件と太陽光発電

家畜の連続怪死事件は太陽光発電が原因なのか

「5年ほど前から、急に牛の体重が減り始めて、これまでに120頭が死んでしまいました。病気の兆候は見られないため、獣医でさえ原因が分からず、対処法さえ掴めていません」

牛の怪死と言うと、宇宙人によるキャトルミューティレーションや家畜の血を吸うUMAチュパカブラなどを連想する人もいるだろうけれど、パトリック氏が疑いの目を向けているのは、牧場の近くに設置されている太陽光発電ソーラーパネル

パトリック氏が独自に調査したところ、牧場周辺に太陽光発電ソーラーパネルが設置された時期と、牛の怪死が始まった時期が一致。

さらに、牧場の地面や水に、動物の許容量の3倍を超える1ボルト以上の電流が流れていることが判明した。

太陽光発電によって生み出された電流が地中に伝わり、絶えず微弱な電流が牧場の牛たちに流れていることが、怪死の原因となっているのではないかと推測したのだ。

相次ぐ家畜の怪死と電力の因果関係

相次ぐ牛の怪死は、パトリック氏の牧場に限ったことではない。

約30km離れた別の牧場でも、数年前から多くの牛が原因不明の死を遂げていた。

数年前のこと、わずか6ヶ月の間にステファン・ル・ブレック氏の飼育していた37頭の牛が次々死んでしまった。

「もうパニックです…。前日まで元気の良かった子牛が、翌日には足を引きずって、しばらくすると死んでしまうのです」

ステファン氏も獣医などに相談するが原因を特定できず、これまでに200頭もの牛が死んでしまった。

そんなステファン氏も、牧場近くに設置されている風力発電や変圧器が関係していると考えているが、確たる証拠があるわけではないので、現時点では憶測でしか無い。

環境に配慮したエコロジーな発電は、全く別の危険性を孕んでいるのかもしれない…

家畜の連続怪死事件は太陽光発電が原因?フランスの畜産農家が疑惑を調査した結果
https://bq-news.com/solar-panels-suspected-of-killing-cows