マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

長野県と富山県に跨る鹿島槍ヶ岳で2人遭難、会社員の男性(44)は救出、もう一人の男性(47)は不明

 3月25日から捜索の遭難事故です。

 

44歳と47歳とか厄年そのものですね。

 

特に、豊岡と言う姓は私の2002年時に出会った姓なので、

良い風が吹いていないでしょうね。

 

宮城県農林水産部だからね、戻るものはないですね。

要らない時代の2002年三位一体の改革です。

 

長野五輪の三塚村だから、それで8月11日の山とか完全終了。

44と47で登れば、悪魔に憑かれるね。

 

東京諏訪五輪は怖いです。

 

 

 

鹿島槍ヶ岳2人遭難 1人は救助 もう1人は救助活動できず

長野県と富山県にまたがる北アルプス鹿島槍ヶ岳で男性2人が遭難した事故で、このうち1人は27日朝、救助されました。もう1人の男性とみられる人も山の斜面で倒れているのが見つかりましたが、悪天候のため救助活動が行えず、警察は28日、改めて救助に向かうことにしています。

長野県と富山県にまたがる北アルプス鹿島槍ヶ岳で登山をしていた、いずれも新潟市の会社員の山宮秀樹さん(44)と豊岡信之さん(47)の2人は、今月23日に山に入ったあと連絡が取れなくなり、警察が25日から捜索していました。

26日になって山宮さんと携帯電話で連絡が取れ、警察のヘリコプターが27日朝7時ごろ、南側の山頂からおよそ400メートル下った尾根で、滑落した山宮さんを見つけて救助しました。山宮さんは両手と両足に凍傷を負って病院で手当てを受けていますが、意識ははっきりしていて命に別状はないということです。

一方、山宮さんが見つかった場所から数百メートル離れた富山県側の斜面では、豊岡さんとみられる人が倒れているのが見つかりました。警察のヘリコプターが救助を試みましたが、天候が悪化して救助できなかったということで、警察は28日、改めて救助に向かうことにしています。

北アルプスでは今月に入って遭難事故が相次いでいて、警察は登山者に対し、天候や積雪などの状況をよく確認し、安全を確保して行動するよう呼びかけています。

鹿島槍ヶ岳2人遭難 1人は救助 もう1人は救助活動できず | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190327/k10011863041000.html