マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。

【天からの啓示】3月25日 日経平均株価の午前終値は ▲3.22% -697.07円 20,930.27円【神は死んだ】

 酷い暴落のローマの記念日ですね。

 

キリストのレベル。

聖霊ヤハウェの采配ですな。

 

 ▲3.22%となっていますが、

3月22日(年始から81日目(三塚博))ってなーんだ!?

 

こちらの人生で用済みの年表だ。

 

思い上がるな土民どもってこと。

 

 

泉が涸れたゴキブリどものレベル(笑)

 

結局は農奴三塚博大杉神社で神気取りなのは年表で確認出来ましたね。

こいつを始末して、自民党政治を裁判所に突き出すのが私の仕事だ。

 

 

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

足下に泉あり」的生き方を語る
対談 浅野史郎氏 VS. 岡本和久

http://www.investlife.jp/img/%E6%B5%85%E9%87%8E%E5%8F%B2%E9%83%8E%E6%B0%8F%E5%AF%BE%E8%AB%87F.pdf

 

 

足下を掘れ、そこに泉あり

この名言・格言に1票を!

+20
 
 

神は死んだ

この名言・格言に1票を!

+79
 
  
 

 

ニーチェ 名言集・ 格言│~最大級~
http://meigen.keiziban-jp.com/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7

 

 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェFriedrich Wilhelm Nietzsche1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、ドイツ哲学者古典文献学者。現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られる。

ja.wikipedia.org

 

神は死んだ(かみはしんだ、:Gott ist tot, :God is dead)は、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの言葉として、ニヒリズム虚無主義)を表す言葉として広く引用される言葉である。ニーチェによれば、神・といった虚構によって、栄養健康住居といった人生の重大事が軽んじられてきた[1]が死んだ(そして神を冒涜することも出来なくなった)からには、最大の問題は地上からだを冒涜することである[2]。地上的・身体的な人間は「超人」である[2]。一方で、超地上的・超自然的な事柄や魂といったものは、不健康な嘘とされる[2]

ニーチェは「神々の死」とも述べている[3]

ja.wikipedia.org

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

土民宗教の酷さ(笑)

 

 

 

 

普通は使えない産廃は誰でも捨てる。

延々と相手する頭のおかしいのは居ない。

仏の顔も三度までだ。

 

 

 

 

解説。

 

稲敷市は大杉神社

大曲市は花火大会

野田市宮城県加美郡小野田町→宮城県加美町

世界水の日→六十干支第49番みずのえ・ね壬子

 

 

みんな私が捨てた場所ですね。

自民党がお好きなところだろ。

 

 

 

 

3月22日(さんがつにじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から81日目(閏年では82日目)にあたり、年末まであと284日ある。

 

1978年 - 電電公社光ファイバーによる海底ケーブル通信の実験に成功。

1997年 - 東日本旅客鉄道JR東日本秋田新幹線盛岡駅 - 秋田駅間が開業。

2005年 - 秋田県潟上市北秋田市茨城県稲敷市が市制施行秋田県大曲市ほかが合併して大仙市に、秋田県本荘市ほかが合併して由利本荘市に、
茨城県岩井市ほかが合併して坂東市に、山口県野田市・厚狭郡山陽町が合併して山陽小野田市に。


世界水の日(世界の旗 世界)
1992年の国連総会で決定した国際デーの一つ。

 

3月22日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/3%E6%9C%8822%E6%97%A5

 

 

 

 

 

 

3月25日 12:00 前場

f:id:masafree:20190325120251p:plain

日経平均株価 リアルタイムチャート
https://nikkei225jp.com/chart/

 

 

 

日経平均、一時700円超安 世界景気の減速懸念で 

2019/3/25 11:10
 
 
 
 

25日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに大幅反落した。前週末と比べた下げ幅は一時700円を超えた。欧米の景気指標悪化をきっかけに世界景気の減速が改めて意識され、リスク資産である株を売る動きが広がった。韓国などアジア株も下落している。

日経平均は取引時間中に2週間ぶりに2万1000円を下回る場面があった。日経平均の午前終値は前週末比697円07銭(3.22%)安い2万0930円27銭。東証1部の9割超が下落する全面安の展開となった。安川電機が一時8%下げるなど景気敏感株の下げが特に目立つ。日立建機は一時7%安、三菱自動車は同4%安となった。

 

前週末はユーロ圏の購買担当者景気指数(PMI)が大幅悪化したことで、米国の長期金利が急低下し、3カ月物の金利を下回った。経験則上、「米長短金利の逆転が後退局面入りを連想させた」(アセットマネジメントOneの鴨下健ファンドマネジャー)。堅調だった米国経済の先行きに黄信号がともり、世界経済への影響も懸念されたことから輸出関連の銘柄に売りが出た。

日本の長期金利にも低下圧力がかかり、金融機関の利ざやが圧迫するとの見立てから金融株も安い。第一生命ホールディングスT&Dホールディングスは昨年来安値を付けた。

株売りの流れはアジア市場にも波及した。上海総合指数や韓国総合指数も下げて始まった。

25日の日経平均の下げ幅が大きくなった背景には、株式需給が影響しているとの指摘がある。年始からの相場回復を支えたのは海外勢の株価指数先物への買いだった。一方、現物株を積極的に買う動きは鈍い。銀行は含み益のある株式の売却に動いている。年度末のため企業による自社株買いもいったん停止した。

想定外の米金利低下に驚いた海外勢が先物買いを手じまうと買い支える投資家は少ない。「裁定取引の解消を通じて相場下落が加速した」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジスト)という。

もっとも、「世界経済全体が景気後退する、というシナリオは極端」(大和証券の石黒英之シニアストラテジスト)との声も聞かれる。中国の景気指標の中には底入れを示唆するものもある。いきすぎた悲観論が修正されれば見直し買いも入りそうだ。

 日経平均、一時700円超安 世界景気の減速懸念で  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42855650V20C19A3MM0000/?nf=1

 

f:id:masafree:20190325125849p:plain