マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【障害者保健福祉手帳】仙台市交通局の市バス部門、外部監査人「直営継続は無理」、「人件費が民間平均の1.7倍」【バスカード】

 3月22日のニュースです。

 

仙台市は同時にガス局の民営化も進めていますね。

この自治体に泉は消えたのだと思う。

 

こちらはむかついたから市バスは乗らんから。

一番むかつくのが地下鉄ですけども。

 

 自然の流れであり、どのサービスを受けるかは個人の勝手ですからね。

 

特に、こちらは2001年度の男女共同参画の時代に、この仙台市交通局

通勤での利用を促されたときはあったね。

 

そんな土地でしかないじゃん。

 

仙台市交通局は、バスよりも地下鉄の方が致命的じゃん。

 

2000年製地下鉄南北線の90°交差路線

グランドクルス東西線の開発の風に当時は使われて不愉快。

キリシタンに毎日乗車してもらえばいいですな。

 

キリストの思想の産物による赤字は、キリストのみに責任を取らせればいいのに、意味不明ですわ。

バス組織とはバラバラになるのは理解しました。

 

 

3月22日(さんがつにじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から81日目閏年では82日目)にあたり、年末まであと284日ある。

 

1978年 - 電電公社光ファイバーによる海底ケーブル通信の実験に成功。

1997年 - 東日本旅客鉄道JR東日本秋田新幹線盛岡駅 - 秋田駅間が開業。

2005年 - 秋田県潟上市北秋田市茨城県稲敷市が市制施行。秋田県大曲市ほかが合併して大仙市に、秋田県本荘市ほかが合併して由利本荘市に、茨城県岩井市ほかが合併して坂東市に、山口県野田市・厚狭郡山陽町が合併して山陽小野田市に。


世界水の日(世界の旗 世界)
1992年の国連総会で決定した国際デーの一つ。

 

3月22日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/3%E6%9C%8822%E6%97%A5

 

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

1999年8月のグランドクロス[編集]

1999年8月18日には、金牛宮土星木星が、獅子宮に太陽・水星・金星が、天蠍宮に月・火星が、宝瓶宮天王星海王星がそれぞれ入るという形で、地球以外の7つの惑星と、太陽・月がグランドクロスを形成した(当時惑星に分類されていた冥王星はわずかに外れていた)。

このグランドクロスは、ベストセラーになった五島勉ノストラダムスの大予言II - 1999年の破滅を不可避にする大十字(グランド・クロス)』(1979年)で、不安を煽る副題とともに大きく採り上げられていたことから、オカルト関係ではよく知られていた。

ノストラダムス[編集]

五島は、ノストラダムス1999年の詩と関連付けて紹介した。しかし、ノストラダムスの「7の月」が仮にユリウス暦の1999年7月を意味していたとして、暦法の違いを考慮に入れたところで、8月18日は7の月にならない。

実証的な立場で、ノストラダムスが1999年に起こる何らかの天体現象を視野に入れていたとする者には、同年8月11日の日食を考慮していた可能性を指摘する者はいるが(ピエール・ブランダムールなど)、グランドクロスは相手にされていない。

 

グランドクロス - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9

 

 

 

 

 

宮城のニュース

仙台市バス>「直営継続は無理」外部監査人、民間譲渡提言

 仙台市包括外部監査人の瀬戸卓公認会計士は22日、市バス事業の経営改善計画などを調べた2018年度の監査結果を公表した。行政判断で維持する不採算路線以外は、民間に事業譲渡しても影響は限定的とみられ「もはや直営の継続は無理がある」と指摘した。
 市交通局は17年3月、全路線が赤字の市バスの経営改善計画(17~21年度)を策定。利用促進により乗車効率の向上を図る一方、利用客の少ない路線は減便などで費用を抑制することを打ち出した。
 監査結果は、走行1キロ当たりの人件費が民間平均の1.7倍で、労働生産性が低いことが赤字の要因と分析。「乗車効率の改善が優先度の高い課題と言えるか」と疑問を投げ掛けた。
 減便による利便性の低下がさらなる利用者減少を招き「バス事業が負のスパイラルに陥る」と指摘。「民間に事業譲渡し、サービス水準を維持しながら経営改善を図ることが望ましい」と提言した。
 宮城交通などに運行委託する営業所、出張所が民営化した場合の収益も試算した。東仙台営業所(宮城野区)では3500万円の営業利益が見込まれ「民間譲渡は可能」と指摘した。
 瀬戸監査人は市役所で開いた記者会見で「市の経営改善計画にはさまざま課題がある。コスト構造にメスを入れ、民営化を含む抜本的な対策を検討すべきでないか」と強調した。


関連ページ:宮城経済

2019年03月23日土曜日

 

 

仙台市バス>「直営継続は無理」外部監査人、民間譲渡提言 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201903/20190323_12043.html