マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【白鳥大明神・大敗走】羽生結弦、自己ベスト記録でも壁を見せつけられ敗北、「負けは死も同然だと思っている」

 詳細の現場の声が聞こえてきました。

 

このように結果であり、羽生がベストを尽くしても、相手は異次元で敗走でした。

相手が先に進んでしまうと、現行の実力に戻っても意味するのはであり、

勝負の世界の厳しさが言葉として表れました。

 

もう王者の言葉は暫くは封印でしょう。

きっちり演技が出来、メダルから外れないだけ九死に一生を得た感じですね。

 

 結局、総合では

ネーサン・チェンが323.42点

羽生結弦が300.97点。

差は22.45点でした。

羽生の発進は22番であり、そのまま太陽活動周期22年で敗北しました。

 

また宇野は270.32点であり、技術点と演技構成点が89点台と、

仙台市営地下鉄東西線年間赤字89億円の呪いが科せられていましたね。

 

 

 

 

 

 

ネーサン・チェンが連覇、羽生は2位 フィギュア

[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権第4日は23日、さいたま市さいたまスーパーアリーナで男子フリーの最終第4組の演技が始まった。平昌(ピョンチャン)五輪金メダルでショートプログラム(SP)3位(94・87点)の羽生結弦(ANA)は、総合300・97点で2位だった。フリーはほぼ完璧な演技を見せ、206・10点を出した。

 羽生の直後に演技したSP首位(107・40点)で世界選手権2連覇を狙うネーサン・チェン(米)が、今季世界最高の総合323・42点を出して連覇を達成した。SPに続き、フリーもほぼ完璧な演技を見せ、今季世界最高の216・02点を出した。

 同五輪銀メダルで、SP6位(91・40点)の宇野昌磨トヨタ自動車)は総合270・32点で4位だった。フリーは前半の4回転ジャンプで失敗が目立ち、178・92点だった。

 羽生は冒頭の4回転ループを決めて、3・45点の出来栄え(GOE)加点を引き出し13・95点。続く4回転サルコーは回転不足を取られた。演技後半の4回転トーループで3・80点のGOE加点で13・30点を出した。4回転トーループトリプルアクセル(3回転半)の連続ジャンプで3・12点のGOE加点を得て18・52点。トリプルアクセルオイラー―3回転サルコーの3連続ジャンプで2・17点のGOE加点で16・25点を得た。ステップで一つレベルを取りこぼし、技術点は110・26点。演技構成点は5項目全て9点台を並べ、95・84点だった。

 2位が決まった後、羽生は「正直、悔しい。ショート(プログラム)も、フリーでも両方とも負けているので、正直、もっと強くならなきゃいけないというのを痛感している」「やっぱり、負けには負けという意味しかない。はっきり言って、自分にとっては負けは死も同然だと思っている。本当に、本当、勝ちたい」「最終的にこういう良い演技をしたにもかかわらず、負けてしまっているというのは、完全なる実力不足だなというのを改めて痛感している。これから、次のシーズンに向けては時間はあるので、けがしないように、その上で本当に追随されないようなくらい強くなりたい」と振り返った。

 チェンの演技は圧巻だった。冒頭の4回転ルッツを決め、4・76点のGOE加点を得て16・26点。続く4回転フリップは13・04点、4回転トーループは12・89点を稼いだ。演技後半も勢いは加速。4回転―3回転の2連続トーループで3・39点のGOE加点を引き出し18・46点を得た。スピンステップは最高のレベル4を獲得し、技術点は121・24点。演技構成点は5項目全て9点台で94・78点だった。

 宇野は冒頭の4回転サルコーと4回転フリップで回転不足を取られた上に手をつき、計7・76点しか得られなかった。ここから立て直し、4回転トーループでは出来栄え(GOE)で3・26点の加点を得た。演技後半のトリプルアクセル(3回転半)、トリプルアクセルオイラー―3回転フリップの3連続ジャンプでも2点以上のGOE加点を得た。ステップ、スピンは最高のレベル4を並べ、技術点は89・90点。演技構成点は89・02点だった。

 第1組で出場したSP19位(78・76点)の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は、159・64点の総合238・40点で14位だった。

ネーサン・チェンが連覇、羽生は2位 フィギュア:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM3R5JM5M3RUTQP023.html?iref=pc_ft_slider_txt_1

 

 

 

 

銀の羽生結弦悔し「負けは死も同然だと思っている」

 
男子フリーで演技を見せる羽生(撮影・山崎安昭)
男子フリーで演技を見せる羽生(撮影・山崎安昭) 
  • 男子フリーで演技する羽生(撮影・山崎安昭)
  • 男子フリーで演技を見せる羽生(撮影・山崎安昭)

フィギュアスケート:世界選手権>◇23日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子フリー

男子ショートプログラム(SP)3位発進の羽生結弦(24=ANA)が復活優勝を逃した。フリー206・10点、合計300・97点とともに自己ベストで巻き返したが、2連覇を果たしたネーサン・チェン(米国)に届かずに、銀メダルで大会を終えた。

試合後には「正直悔しいですね。もっと強くならないといけないと痛感しています」と明かし、「勝ちたいな、とすごく純粋に思ってましたし、ただ、負けには負けの意味しかない。はっきり言って自分にとっては負けは死も同然だと思っている。本当に、本当に勝ちたいです」と語気を強めた。

冒頭の4回転ループには成功した。「こっち来るまではループすごく良かったんですけど、曲で入らないという日々が続いて、その中で最初のジャンプを跳べたのは良かったんですけど」と評価はした。続く4回転サルコーこそ減点対象となったが、以降は力強いジャンプを披露し続けた。演技を終えるとガッツポーズを繰り出し、「ただいま!」と叫んだ。

右足首を負傷した昨年11月のGPロシア杯から4カ月ぶりの実戦だった。フリーでは輝きも放ち、同時に悔しさも味わった。「次のシーズンに向けては時間あるので、ケガをしないように、その上で追随されないくらい強くなりたい」と固く誓った。

銀の羽生結弦悔し「負けは死も同然だと思っている」 - フィギュア : 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/sports/news/201903230001203.html

 

 

 

羽生合計300・97点「ただいま」自己ベスト更新

 
フリーを終えガッツポーズする羽生(撮影・鈴木みどり)
フリーを終えガッツポーズする羽生(撮影・鈴木みどり 
  • 男子フリーで演技を見せる羽生(撮影・山崎安昭)

フィギュアスケート:世界選手権>◇23日◇さいたまスーパーアリーナ◇男子フリー

男子ショートプログラム(SP)3位発進の羽生結弦(24=ANA)がフリー206・10点を記録し、合計300・97点とした。昨年のGPフィンランド大会で記録した自己ベストを大きく更新し、フリー、合計ともに今季世界最高点をたたき出した。

冒頭の4回転ループを成功。続く4回転サルコーこそ減点対象となったが、以降は力強いジャンプを日本のファンの前で披露し続けた。演技を終えるとガッツポーズを繰り出し、「ただいま!」と叫んだ。

21日のSPでは冒頭の4回転サルコーが2回転になった。右足首を負傷した昨年11月のGPロシア杯から4カ月ぶりの実戦で、悔しいミスが出た。「フリーで思い切り挽回したいな」「不完全燃焼なので、しっかりと燃焼し切れたと言える演技をしたい」と誓っていた。

この日午前に行われた練習では、冒頭のジャンプにほとんどの時間を費やした。曲をかけた通し練習以外で、最初の4回転ループと続く4回転サルコーまでのジャンプを計7度確認。SP翌日の22日の練習でも、8回連続で試すなど、4回転ループにこだわりを見せていた。ただ納得がいかなかったのか、40分間の練習が終わるとリンクサイドで居残り練習を開始。ブライアン・オーサー、ジスラン・ブリアン両コーチと、iPadアイパッド)で映像を見ながら、振り付けやジャンプのタイミングなどを8分間確認してイメージを高めていた。

羽生合計300・97点「ただいま」自己ベスト更新 - フィギュア : 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/sports/news/201903230001157.html