マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【馬鹿宗教・仙台藩(笑)・土民 三塚博】フィギュアで紀平が今回の結果になったのは全て仙台が原因【8月22日・仙台市長 任期開始日】

 3月22日のニュースです。

 

そもそも東北は熊襲の産地であり、文化的程度も極めて低い。

この土地で何が出来るのか? 

 

それが今回のフィギュアの結果と言える。

 

 

>18番滑走の紀平は午後8時22分登場予定。

 呼応するように、約1万8000人で埋まった客席の最上段まで笑顔の輪が広がった。

 

悪魔、怖いです(笑)

 

 

ほら、今回のメダルは全てロシアだ。指導者が。

私は米国に潰されたので、ロシアが勝てばいいとは思っていたんだ。

北方領土の漫才は、こちらは最高に面白かったんだ。

私を弄くると地獄に落ちる見せしめだ。

 

でも、やったのは太陽だからな。私ではないし。

 

勾玉埼玉とか終わっていいし。ざっこ。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

www.homes.co.jp

 

 

 

白鳥大明神(笑)

f:id:masafree:20181119115819j:plain

kotobank.jp

 

 

f:id:masafree:20181012221644p:plain

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

トナティウ
Tonatiuh
地域・カテゴリ
地域一覧 中南米 アステカ神話
説明
メソアメリカ中央部における太陽神。

クアウートレウアニトル(Cuauhtlehánitl=「天に昇る鷲」)とクアウテモック(Cuauhtémoc=「降りる鷲」)の姿で顕現する。

http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/1/f/1ff1d9c3.jpg

karapaia.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

dictionary.goo.ne.jp

 

 

発端[編集]

1988年昭和63年)2月28日TBS系列JNN報道特集」で、東京からの首都機能移転問題が扱われた[2]

この中で佐治が以下の発言を行った。

仙台遷都など阿呆なことを考えてる人がおるそうやけど、(中略)東北熊襲の産地。文化的程度も極めて低い。— サントリー社長 佐治敬三JNN報道特集 1988年2月28日

ja.wikipedia.org

 

 

紀平梨花3回転半―3回転トウループ成功 フリー午後8時22分登場

2019年3月22日10時46分  スポーツ報知

 ◆フィギュアスケート 世界選手権 第3日(22日、さいたまスーパーアリーナ

 女子フリーの当日朝の公式練習が本番リンクで行われた。ショートプログラム(SP)7位の紀平梨花(16)=関大KFSC=は練習前半に3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を3本連続で成功。3回転半―3回転トウループの連続ジャンプもきれいに決めた。

 2本のトリプルアクセルを構成に入れているフリー「ビューティフル・ストーム」の曲かけは、冒頭で3回転半―2回転トウループに挑み転倒。2本目は2回転半になった。

 2018年平昌五輪金メダルで首位のアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=とは11・18点差。シニア1年目の今季は国際大会6戦全勝で4度が逆転。“逆転の紀平”が世界選手権女子最大逆転に挑む。

 18番滑走の紀平は午後8時22分登場予定。

 

紀平梨花3回転半―3回転トウループ成功 フリー午後8時22分登場 : スポーツ報知
https://www.hochi.co.jp/sports/winter/20190322-OHT1T50079.html

 

 

2019.3.23 05:03(1/2ページ)

 

“逆転の紀平”止まった初黒星4位…3回転半1本目成功も2本目転倒/フィギュア

特集:
紀平梨花
 

国際大会の連勝が「6」でストップ。演技を終えた紀平は悔しさをにじませた (撮影・中井誠)【拡大】

 フィギュアスケート・世界選手権第3日(22日、さいたまスーパーアリーナ)女子はショートプログラム(SP)7位と出遅れた紀平梨花(16)=関大KFSC=がフリー2位の152・59点と巻き返したが、合計223・49点で4位に終わり、シニアで初めて表彰台を逃した。国際大会7戦目で初黒星を喫した。昨年の平昌冬季五輪女王、アリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が初優勝。男子SPで3位だった冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が、23日のフリーに向けて会場で公式練習を行った。

 達成感と後悔が交錯した。フィニッシュを決め頬を緩めた紀平が、小さくうなずき口を開く。「まあ、よかった」。呼応するように、約1万8000人で埋まった客席の最上段まで笑顔の輪が広がった。揺れる日の丸に見守られ、16歳は初舞台を4位で終えた。

 「70%くらいは頑張ったかな」

 SPで不発に終わったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)。出遅れを挽回するには2本の成功は絶対だった。冒頭の連続技では鮮やかに決めたが、続く単発では転倒。「アクセルには悔いがあります」。回転軸が傾く課題を克服できなかった。

“逆転の紀平”止まった初黒星4位…3回転半1本目成功も2本目転倒/フィギュア (1/2ページ) - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
https://www.sanspo.com/sports/news/20190323/fgr19032305030003-n1.html

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/masafree/20181215/20181215130507.jpg