マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【スペインの太陽・自民党宮城県連】羽生結弦「ダメだ」逆転Vへ意地の8連続4回転【鷲宮神社・白鳥大明神・三塚博】

 3月22日の夜のニュースです。

 

本日に結果が出るフィギュアのフリーですね。

 

羽生自身が「王者」の名を使ったわけですから、1位以外場所はないと言う事ですね。

金以外メダルではないと言う事で世界が注目している。

 

ネイサン・チェンはジャンプは飛ばないで、フリーの演技の方のみ重点で公式練習は終えたそうだ。

特に問題は無かったそうだ。

 

現行の羽生は練習場の羽生のレベルで、本日の金は女神が微笑まなくては無理だろう。

犯罪を繰り返した仙台藩に、その資格があるのか?

 

天の采配で勝敗は決まると言える。

 

女性のフィギュアは結果が昨日に出ました。

日本勢がメダルを取ることはございませんでした。

これが神社であり、スペインの太陽下の日本のレベルと言える。

銅の骨折を経ての不屈の精神と言う所が、ストーリーとしては秀逸でした。

 

 三塚博で驕り、散った様はただ哀れでしかない。

自民党の全てだ。醜い宗教。

 

「王者」の言葉を用いて、本日にメダルが取れなかった場合は、王者の名を汚さないように、引退も視野に入れた方が良い。

大相撲の横綱らしい日本人の品格を見せた方が良い。

 

 品格が出せなければ、土俵に女も上げていいじゃん。

詭弁宗教は要らないしな。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

senndai-tabi.seesaa.net

www.nikkansports.com

 

 

羽生結弦「ダメだ」逆転Vへ意地の8連続4回転 

 
練習中、目を閉じる羽生(撮影・鈴木みどり 

男子ショートプログラム(SP)3位発進の羽生結弦(24=ANA)が22日、23日の男子フリーに向けて、会場のさいたまスーパーアリーナで公式練習を行った。

フリーの冒頭で跳ぶ予定の4回転ループを18本中7本着氷。成功率は高くなかったが、8連続で試すなど意地を見せた。12・53点差で1位のネーサン・チェン(米国)を追いかけ大逆転Vを狙う。

意地が詰まった40分間だった。正午すぎの1度目の公式練習を回避して臨んだ夕方の2度目の機会。羽生は4回転ループを何本も跳び続けた。この日最初のジャンプは1回転と不発で、曲をかけた練習でも失敗。その後の1本目も失敗するとエンジンがかかったのか、休む間もなく8連続トライ。途中、1度着氷したがバランスを崩して納得いかず、連続の6度目でようやく鮮やかに着氷すると続く2本も決めた。しかし2度の転倒や、跳んだ瞬間に回転がほどけるミスが目立ち「ダメだ」と漏らす場面も。18本目で何とか着氷させてから練習を終えた。

フリーではループ、サルコートーループの3種類の4回転ジャンプを跳ぶ予定。ループは冒頭のジャンプだけに、成功するかどうかで結果は大きく左右する。しかも昨年11月のグランプリ(GP)シリーズロシア杯で、右足首を負傷したジャンプ。重圧もかかってくる。「今の試合に集中したい」と話していた。その言葉通り、全神経を研ぎ澄ませる。

21日のSPでは、得意なはずの冒頭での4回転サルコーでミス。2回転の判定となり点数が0に。残りのジャンプをまとめたが得点は伸びなかった。自国開催の大舞台。1万8000人のファンの期待を受けすぎて、力みすぎたことを反省した。

世界選手権過去2度の優勝は、どちらもフリーでの逆転だった。17年はSP5位発進から、自己最大となる10・66点差をひっくり返した。今回はそれ以上の点差があり、相手も昨年覇者のネーサン・チェンとあって容易ではない。それでも羽生は、SPの演技終了後に「こういう時の対処法は分かっている。ものすごく悔しいので、フリーに向けて頑張る。これまでの経験を使っていきたい」と語った。五輪2連覇の王者の意地をリンクの上で見せる。【佐々木隆史】

羽生結弦「ダメだ」逆転Vへ意地の8連続4回転  - フィギュア : 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/sports/news/201903220001235.html

 

メドベ「200%の努力、結果につながった」 一問一答

有料記事

構成・吉永岳央 

[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権第3日は22日、さいたまスーパーアリーナで女子フリーがあり、平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が2大会ぶりの表彰台となる銅メダルに輝いた。

 ショートプログラム(SP)で4位につけ、この日のフリーは3位。2回転半(ダブルアクセル)ジャンプで回転不足の判定は受けたが、耐えきった。今季はグランプリ(GP)ファイナルや欧州選手権を逃すなど、不振に苦しんできた19歳。シーズン最終盤に、復活の演技を披露した。

 演技後の報道陣との主なやり取りは次の通り。

 ――感想は?

 「今回は、全てに非常に満足。SP、フリーともに良かったと考えています。一番言いたいことは、本当に、自分がここに来られたのはすごいということ。今季はすごく大変だったし、世界選手権の出場資格を取るのにも苦労しました。ここに来て、これだけの成績を収められて、自分を誇りに思っています。多くの人と一緒に頑張ってきた結果。ここにいる全ての人、私自身のことをねぎらいたいと思います。数日間この喜びに浸ったら、また冷静になって努力を続けたいと思います」

メドベ「200%の努力、結果につながった」 一問一答:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM3Q7V47M3QUTQP046.html