神戸勝彦さん(18年2月11日撮影)

写真拡大

90年代にフジテレビ系で放送された「料理の鉄人」で“イタリアンの鉄人”として知られた料理人の神戸勝彦さんが亡くなったことがわかった。親交があったパティシエの鎧塚俊彦氏が追悼した。

鎧塚氏は16日更新のフェイスブックで、「第一報を受けた時から嘘であって欲しいと念じ続けきっとそこにいらっしゃるはずと直ぐにお店を訪ねましたがやはりそこにはもういらっしゃいませんでした」と書き出し、神戸さんとの思い出をつづった。

続けて「今でも恵比寿店の裏口を開ければ満面の笑みで両手に鍋を持って立っていらっしゃる気がしてなりません。『MASSA』神戸勝彦シェフ あなたほど優しく愛情に溢れ腕もたつ料理人はいませんでした 恵比寿では先輩でしたが年齢は私より四つも下ではないですか早すぎます」と惜しみ、「働きづめでしたから少しゆっくりして下さいませ、そして少し休んだら女房に大好物のポルチーニのパスタでもまた作ってやって頂けますでしょうか? 神戸シェフ、本当にありがとうございました」と悼んだ。

神戸さんと親交があった東京・六本木の人気フレンチ「ル・ブルギニオン」のオーナーシェフ菊地美升氏は、自身のフェイスブックで「悲しいお知らせです。木曜日の朝、リストランテ・マッサの神戸勝彦シェフ(マサ君)がお亡くなりになりました。朝、スタッフが来る前に1人で仕込みをしていて何かを取ろうとして高い所から落ちたようです。スタッフが来て病院に運ばれましたが、意識が戻らなかったそうです」と伝えた。14日に逝去したという。49歳だった。