マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【生田神社・福知山線脱線事故】三塚博はずっと前に疫病神になった、仙台藩が勝手に盲信しているだけ【大崎八幡宮・三塚博】

 これって、神社かじればすぐに誰でも変わりますよね。

 

分からない?

頭が悪いのでは?

 

これがある意味、2004年4月25日他界の三塚博のカルトの墓場であった。 

終わった人間だと理解出来ない脳みそも素晴らしいとは思っている。

 

終わった疫病神・祟り神に触れるのは自由ですね。

 

なぜ、もののけ姫とか千と千尋の神隠しを見て、思想が分からないのかは、

それは理解出来ないけどもね。

 

頭狂ってるんだろ。

 

仙台と神戸で、生田神社、神功皇后ランラン♪って、勝手にやっている奴だからな。

こちらは聞いたことはないし。

 

あいつらの趣味。

 

ここまで人生潰されて、奴らの思想の相手をするわけがない。

 

しかも神社系信者公務員は、神社そのものが無能なのに、

自分たちの格式は上だと信じているから埒があかない。

 

アホの相手をするのはやめましょう。

検証が不可能な妄想者。

 

イミフな土民宗教を学芸員が掘り漁り、宴を開いて、

我々は情弱国民は知らない高尚な知識を会得したとか妄想してそう。

 

en-park.net

 

 

頭が悪そうで相手したくないわ。

 

墓場荒らしの特権だから、

邪魔しないであげてください(笑)

 

妄想者がよそでやる分には問題は無いわけだ。

私の様にそれで実害を受ければ、あとは裁判だ。

 

 

やはりさ、とりあえず祈っとけ理論だとまだかわいいのだけども、いっぱしに学芸員が漁り、教授と言う研究者が神社の論文書くんだぞ。

そして神社の効能はザルなんだから。

まさに妄想者だろ。

 

ラクタに人材割いても、得るものはねーな。

 

成果があれば論文も光るが、神社側が霊感商法と口先だけでは・・・。

 

 

 

関係妄想(読み)かんけいもうそう

(英語表記)delusion of reference
 
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
関係妄想
かんけいもうそう
delusion of reference

 

本人にとってはまったく関係のない,周囲の人々の動作や見聞きした出来事を,自分に対してある意味や関係があると強く思い込む妄想。最も多くみられる妄想の一つ。統合失調症にみられる。
 

 

 関係妄想(かんけいもうそう)とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E9%96%A2%E4%BF%82%E5%A6%84%E6%83%B3-48656

 

虎の威を借る狐(読み)トラノイヲカルキツネ
 
デジタル大辞泉の解説
虎(とら)の威を借る狐(きつね)

《「戦国策」楚策から》他の権勢に頼って威張る小人(しょうじん)のたとえ。

虎の威を借る狐(トラノイヲカルキツネ)とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E8%99%8E%E3%81%AE%E5%A8%81%E3%82%92%E5%80%9F%E3%82%8B%E7%8B%90-585239

 

 

宮城のニュース

重なる屋根、武家屋敷風 仙台・青葉山公園センター 外観デザイン案発表

公園センター外観案のイメージ

 仙台市青葉区川内追廻の青葉山公園に市が整備する公園センター(仮称)の外観案が3日、発表された。仙台藩重臣片倉家の屋敷跡に建つことから武家屋敷の意匠を取り入れ、落ち着いた灰色の屋根が連なるイメージとなった。
 基本設計を担当する神戸市のティーハウス建築設計事務所など3社の設計共同体(JV)が、青葉区の東北大川内萩ホールで「デザインレビュー」を開き、参加した市民ら約90人に案を説明した。
 案では、木の柱で回廊の屋根を支え、透明な素材を外壁に用いる。歴史性に配慮し、入り口の仙台国際センター側には白壁の塀を配した。JV代表の槻橋修神戸大准教授は「(広瀬川に架かる)大橋の方向から、屋根が折り重なって見えるようにしたい」と話す。
 参加者からは「開放的で気持ちの良いデザインだ」「忠実に武家屋敷を再現してほしい」などの意見が出た。
 センターは歴史・文化の情報発信や市民活動の拠点施設で、2019年度の着工、21年度内の完成を予定する。


関連ページ:宮城政治・行政

2018年03月04日日曜日

 

 

重なる屋根、武家屋敷風 仙台・青葉山公園センター 外観デザイン案発表 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201803/20180304_11053.html

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

 

JR福知山線脱線事故(ジェイアールふくちやませんだっせんじこ)は、2005年平成17年)4月25日西日本旅客鉄道JR西日本)の福知山線JR宝塚線塚口駅 - 尼崎駅間で発生した列車脱線事故である。乗客と運転士合わせて107名が死亡、562名が負傷した[1]

 

JR福知山線宝塚線脱線事故
脱線した207系電車(塚口側)
脱線した207系電車塚口側)
発生日 2005年平成17年)4月25日
発生時刻 9時18分頃 (JST)
日本の旗 日本
場所 兵庫県尼崎市久々知
座標 北緯34度44分29秒東経135度25分36秒
路線 福知山線(JR宝塚線)
運行者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
事故種類 列車脱線事故
原因 速度超過・ATSの不備
統計
列車数 1台(7両編成)
死者 107人(うち1人運転士)
負傷者 562人
テンプレートを表示
 
事故車両と同型の車両(207系。同形は事故後、塗装が変更された。)
 
JR神戸線東海道本線)・福知山線宝塚駅・尼崎駅付近路線図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JR福知山線脱線事故 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/JR%E7%A6%8F%E7%9F%A5%E5%B1%B1%E7%B7%9A%E8%84%B1%E7%B7%9A%E4%BA%8B%E6%95%85