マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

なぜかスーパーで神奈川の刺身が売っており、間違えて購入したので食べないことにしました

 3月16日のニュースです。

 

昨日は壬子だったので、パック寿司と言う事で、

マグロの刺身も追加で買ったら、神奈川だったので処分でした。

 

ほら、頭のおかしいカルトが仕入れを強要するんでしょ。

 

そもそも神奈川じゃん?

あそこはキチガイ自衛隊の土地だ。

 

日本の嫌われ者がなぜ刺身を私の購入する場所に持ってくるか理解出来んね。

 

少し前は、私は酒を飲む日は寿司とマグロがいつものパータンだったんです。

暫くは止まっていましたが。

 

でも、昨日は酒は買わず、ジュースだった。

もう飲んでいない。

 

やはり、シロアリは私の楽しみを害することだけが得意だな。

だってストーカーの手口ってそんなのじゃん。

相手にされていないのに延々と追いかけてくるわけだ。

嫌がらせを続けて。

その行動はストーカーそのものなんですよ。

頭がおかしいのでね。

 

ひそひそ「あの刺身、売れなくなるよ」とか聞こえていたので、その通りだろうね。

頭おかしい様で。

 

キチガイ新嘗祭は他所で完結してください。

 

それにしても、自衛隊の発砲音がうるさいね。

馬鹿が逆ギレしていそうだ。

 

神奈川ラベルなんて、中身は豊洲だろ。

黒い霧がかかっている。

何が入っているか得体がしれんわ。

誰が食うかよ。

 

みんな明治神宮に持って行けばいいのに。

神田明神とな。

 

働けよ詐欺師ども。

 

水神様を神田明神で休ませたと・・。

完全終了でした。

銭ゲバ神社に期待するおつむ。

 

日々酷くなる仙台藩だな。

政治が悪くなると、益々無能がこっちに喧嘩ふっかけてくる。

明後日を見ている無能の特徴。

 

通常、誰でも自分の糧にならないゴミの相手はしない。

当然のこと。

 

ゴミほど自分を客観視できずに、平然とストーキングを続けるからね。

相手にされない人間の特徴。

 

 

 

www.nikkan-gendai.com

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

f:id:masafree:20190317090539j:plain

 

 

 

 

中沢新一氏も憤慨 築地「水神様」の遷座強行で神様不在に

公開日: 更新日:
水神社で社殿の取り壊し作業が進む(C)日刊ゲンダイ
水神社で社殿の取り壊し作業が進む(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 移転問題に揺れる築地市場内にまつられている「水神様」で先月26日、10月11日の移転を前に「魂抜き」が行われ、「魚河岸水神社」の社殿のある神田明神千代田区)にいったん移された。

 


 築地市場にあるのは、小規模な鳥居とほこらを備えた「魚河岸水神社」の遥拝所。江戸時代から続いた「日本橋魚河岸」が築地に移る1935年に設けられた。移転先の豊洲市場では遥拝所が未完成なので、今回は仮の遷座となる。9月には神田明神から豊洲市場に正式に遷座される予定だ。

 先月27日付の朝日新聞電子版によると、遷座計画を進める「魚河岸会」会長は「水神様には神田でしばし心を休めてもらい、2年遅れた豊洲市場の工事が終わったら、水神様と共に移り、皆さんと心一つに頑張りたい」と挨拶したという。ところが、今回の仮遷座は、多くの市場業者には知らされず、一部の豊洲移転推進派によって“勝手に”進められたのだという。


「複数の市場業者からなる魚河岸会内部では、もともと『6月中に取り壊し作業に入る』と囁かれていました。しかし、会員の間で反対の声が広がり『遷座は移転の直前』で意見がまとまっていた。にもかかわらず、何の前触れもなく、作業は強行されてしまった。移転はまだ3カ月も先です。多くの業者が『神様不在』の状況を不安視しています」(魚河岸会会員)

 

 

 

 

 実際、一部業者からは「聞いてない」「勝手になことをするな」「罰が当たりやしないか」と不安の声が上がっている。明治大学「野性の科学研究所」所長で人類学者の中沢新一氏はこう言う。

 


「仮遷座を強行する市場関係者の方たちは何か勘違いをしているのではないでしょうか。庶民の間に根付く神道にとって、社殿とそこに収められているご神体は魂を込める『器』ではあれど、それ自体が神様というわけではありません。神様はおまつりした方たちの心に宿るものです。そして、信仰は、例えば祭りでお神輿を担ぐといった行為をもって、地域全体に広がるものなのです。築地の水神様の歴史は古い。地域の方は皆、水上様が日本橋から移ってきた経緯や根拠を深く理解している。本来、神社を移転させるなら、氏子全体の総意を得なければなりません。一部の関係者のみで強行するというのは、過去に例を見ませんし、地域の方たちの心を踏みにじる暴挙であると言わざるを得ません」

 2日午前11時時点、水神社は閉鎖され敷地内では重機が社殿の取り壊し作業を進めている。3日には鳥居が解体される予定という。強引なやり方は許されるのか。

 

中沢新一氏も憤慨 築地「水神様」の遷座強行で神様不在に|日刊ゲンダイDIGITAL
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/232511