マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

もうみんな広まっているけども「さかのぼり」と言う神通力があるじゃないですか?

 これは私が作り出した神通力なんですよね。

 

低質のウンコ神社のものではないですね。

こちらは全て自家製だし、ウンコ宗教は要らないので。

 

私は自然派生型は下手くそですけども、

精神世界に及ぼすのは圧倒的に強力ですので。

みんなぶち壊しますね。

 

私は他人の神通力は使えないタイプなので、自分でみんな作るんです。

なんでかは知らないけどもね。

 

だから他人からエネルギーや力を回収したり、そんな事が出来るんです。

最初から存在が異種だと知ってほしいですね。

 

神職ってのは、神社で伝わって来た神通力を貰うだけなので、

精進しても歴史のまま。

だからそこで止まるわけで、こちらから見たら単なるポテトであり、

全く相手にしていませんね。

神通力だけ貰った凡人でしょ?

 

 

さかのぼりと言うのは、唱えた神通力をさかのぼって消す神通力です。

 

これがあると強力なんですが、最初はこちらは結界の構築から始めれば良かったわけで、ここは後悔しています。

 

作ったのは閉鎖病棟に入る前です。かなり昔なので広まって常識になっていたんでしょう。

 

回収作業はやるが、こちらのもさかのぼられるので、完全回収が困難であり、イタチごっこが継続していると言う事ですね。

 

当時から本日まで、敵対勢力は何度も力とエネルギーが回収されておりますが、本日まで私の力が消えたことは一度も、一瞬もないです。

 

私は現行では敵対勢力とも思っていないし、単なる寄生虫としか思っていない。

現実は敵にもならないと言う事です。

ゴミが群がり、力をまいて、常に消耗戦の一時しのぎをする。

それだけの毎日ですね。

 

 

だから、三塚が?無様に笑いものになるのは当然のことであり、

それが実力だからね。

隠滅して済む話では無く、世に啓示される現実は変わらんね。

 

そうやって犯罪で隠滅し続けるのが仙台藩なわけだ。

 

誰も対話なんてしていないし、頭がおかしいのは黙々と潰すだけでいい。

それだけのことです。

  

現行で、航空機が3機落ちて、しかもこれはみんな三塚だ。

それで「三塚が使えなくなる」とか、もう完全に終了済みであり、

当人にアンテナが無い無能なんでしょ。

 

そんなのが、権力を持って貰っては困ると言う事だ。

 

自分たちで望んで受け入れた運なんでしょ?

全ては天の采配であり、悪因悪果でしかない。

それを他人に転嫁するのはおかしいことだ。

 

そして泥棒もやめるべきだ。

 

将棋とかの世界でもそうでしょ。

勝負の世界はスポーツでもみなそうだ。

 

同じ戦法で勝ち続けられるわけがない。

すぐに解析されて封じられる。

 

世の中を古典で生きている人間なんて居ない。

かなりおかしいのでは?

 

てか古典に書かれているのが人格神なんだが。

犯罪者には分からんらしいよね。

 

いずれ、お天道様が仕切ってるこの世だから、

犯罪だけはやめとけ言う奴でしょ。

 

太陽ではない唯一神が存在すると思うのならば、

どうぞどうぞ地球から太陽系外惑星に移住してください。

 

むしろ太陽を超自然の存在と思えないのであれば、

常時日陰で暮らすのをおすすめ。

ぜひ実行してください。

私は嫌だけど。

 

 

私は太陽ではないから見なくて良いよ(笑)

 

私も空を見上げれば黄金の恒星太陽が見えますね。

 

 

私は本来の原点を書いているだけであって、

学芸員は人間の墓漁りだから、何処まで進んでも墓なんですよ。

学芸員に太陽があるわけがない。

視野が狭い集団だ。

 

現行で、墓漁りで喜んでいるのは、

現行の今上天皇崩御したときに、一緒にお墓に入ればいいよ。

これ以上の名誉はないでしょ。

 

本来の神道の思想はこれなんだけどもな。

天皇陵に埴輪が並べられるのは、これは墓を守っているんですよ。

本来埋めるのは側近の生きている人間なんだが、犠牲も多いから代替している。

死んで貰う方が、死後の世界のお供も増えると言うもんだ。

 

他人の墓で飯喰らっていないで、最後の生き様くらい示したらいい。

羅生門みたいなのが学芸員だな。

 

 

あえて常識を一々書く必要もないですよね。

この平成はまともに知識があるのがおらんようだから、

一々書かなければならない様で。

全く面倒なことですわ。

 

 

www.nhk.or.jp

www.aozora.gr.jp

sazanami217.blog.fc2.com

hidanoyama.jugem.jp

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「おてんとうさま」とも》

  1.  太陽を敬い親しんでいう語。

  1.  天地をつかさどり、すべてを見通す超自然の存在。「悪いことをすればお天道様に筒抜けだ」「お天道様に恥じない行動」

 

dictionary.goo.ne.jp

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

「『仁徳天皇陵』」初の共同調査」(くらし☆解説)

高橋 俊雄  解説委員

  • twitter
  • facebook
  • google

くらし☆解説、きょうは「仁徳天皇陵」で行われている初めての共同調査について。

k181127_01.jpg

Q)「仁徳天皇陵」というと、教科書にも出てくる有名な古墳ですね。

A)
大阪・堺市にある国内最大の前方後円墳です。仁徳天皇が埋葬されているとして宮内庁が管理していますが、研究者の間では、学問上は誰の墓なのか確定していないとして、地名や古文書の表記をもとに「大山(だいせん)古墳」などと呼ばれています。
この古墳、今から1600年ほど前、5世紀に造られたと考えられています。墳丘の全長は486メートル、高さは35メートルもあり、古代国家の成り立ちを考えるうえで、きわめて重要な古墳といえます。

Q)このなかで、調査が行われているのですね。

k181127_03.jpg

A)
調査は宮内庁堺市と共同で行っています。堺市の専門職員1人が参加して、巨大な墳丘を取り囲む堤の部分で、先月23日から続けられています。
古墳には、墳丘の周りに3つの濠があり、その間に2つの堤が築かれています。調査が行われているのは、そのうちの内側の堤の南東部です。
堤を横断するように、3箇所に幅2メートルほどの調査用の溝を設け、少しずつ掘り進めていきました。

k181127_04.jpg

その結果、まず、堤には握り拳ほどの大きさの石が敷かれていることがわかりました。
古墳の墳丘の斜面に石をふくことはよくありますが、堤の部分の石敷きは、周辺の古墳では今のところ確認されていないということです。古墳を装飾する目的などが考えられます。
埴輪の下の部分も残っていました。人や動物をかたどったものではなく、「円筒埴輪」という、直径35センチほどの筒型の埴輪です。外側の濠に沿って隙間なく並べられていました。
円筒埴輪は古墳の墳丘や堤の上に、ずらりと並べられていたと想定されています。神聖な部分を守るという意味合いがあったと考えられています。

Q)今は木が茂っていますが、古墳が造られた当初は全然違う姿だったのですね。

A)
当初は石と埴輪に覆われていたと考えられます。この古墳を造るには、1日に2000人が働いても15年以上かかったという試算もあります。海の近くにあるので、舟でやってきた外国の使節なども、その大きさに驚いたにちがいありません。

Q)今回の調査は堺市と共同で行っているということですが、これはどういう理由からですか。

A)
周辺の遺跡に詳しい地元自治体の専門職員と一緒に調査を行うことで、成果を高めたいというのが理由です。天皇や皇族が埋葬されているとして宮内庁が管理している古墳や墓地などは「陵墓」と呼ばれ、宮内庁が自分たちの手で必要な調査を行っています。
自治体と共同調査を行うのは、初めてのことです。
実際にどんなメリットがあったのかについて、宮内庁の担当者は、「例えば石敷きの石がどこのものか、その場で話を聞くことができ、調査の質を高めることができた」と説明しています。
宮内庁はこのあとも堺市の協力を得ながら、堤のほかの場所でも調査を続ける方針です。

k181127_08.jpg

Q)そもそもどうして今回の調査は行われているのですか。墳丘ではなく、堤を掘っているのはなぜでしょう。

A)
今回の調査の目的は、古墳の保全整備に向けた基礎的な情報収集です。
この古墳では、濠の水が墳丘の裾を浸食していて、これを食い止める工事が必要となっています。その際に、例えば工事用の仮設通路をどこに設けるのかといったことを検討するために、埴輪などの場所や深さを把握する必要が生じたということです。
宮内庁は今後、墳丘を取り囲む堤の全体的な状況を調べたうえで、工事の計画を立てていくことにしています。

Q)そうしますと、古墳の中心部分の調査は行わないのですね。調査すれば、新たな発見があるようにも思うのですが。

A)
宮内庁が行う調査は、陵墓の保全のためというのが大前提です。学術的な目的での調査は行われていません。
陵墓は現在、すべて合わせると899あります。江戸時代から明治時代にかけて指定が進められ、その後、宮内庁は「静安と尊厳の保持」が重要だとして、立ち入りを厳しく制限しています。同じ理由から、調査についても必要最低限にとどめています。
今回は堤の一部を調べただけですが、そもそもこの古墳で調査が行われること自体、そうあることではないので、巨大古墳が造られた当初の具体的な姿を知るうえで貴重な成果が得られたと言えると思います。

Q)陵墓の調査や公開は、今後さらに進むのでしょうか。

A)
陵墓の公開については、歴史学や考古学の研究者たちが長年にわたって宮内庁に要望を重ね、少しずつ実現してきたいきさつがあります。
まずは昭和54年から、研究者の団体に調査現場が公開されるようになりました。
そして平成20年、こちらの奈良市にある陵墓の1つ、神功皇后陵に指定されている五社神(ごさし)古墳で、研究者の「立ち入り」が初めて実現しました。
土器の採集や測量などはできず、墳丘の一番下の段からの見学に限られていますが、年に1、2か所、中に入って現状を観察することができるようになりました。
そして今回、さらに一歩進んで、仁徳天皇陵で地元自治体との共同調査が実現し、研究者も現場を見学しました。

Q)私たち一般市民も、調査現場を見ることはできるのでしょうか。

A)
一般公開については、今回の調査現場では予定されていません。ただ、過去の調査のなかで、1つ参考になる事例があります。
堺市御廟山古墳では、10年前に堺市が調査現場を公開しました。見に来た人たちは、宮内庁が行った調査現場も目にすることができたのです。

Q)どういうことでしょう。

A)
この古墳、墳丘の部分は「百舌鳥陵墓参考地」として、宮内庁が管理しています。
したがって、墳丘の調査は宮内庁が行いましたが、そのすぐ外側の裾や濠の部分で、堺市が同時に調査を行ったのです。

k181127_06.jpg

どういうことかと言いますと、宮内庁が墳丘に設けた15か所の調査区域に隣り合う場所に、堺市が調査区域を設けて、同じタイミングで調査を行いました。
現場としてはひとつながりになっているため、堺市が現地説明会を開いたときに、宮内庁側の現場も見ることができたのです。
一般向けの現地説明会には、2日間で6000人以上の見学者が訪れたということです。

Q)こうした反響の大きさを見ますと、多くの人が納得できる管理や公開のあり方が大切だと感じます。

A)
堺市や周辺には、ほかにも巨大な古墳が点在し、「百舌鳥・古市古墳群」として、世界文化遺産への登録を目指しています。この中には49の古墳がありますが、このうち半数を超える29基は「陵墓」で、現状では公開に大きな制約があります。
研究者の団体は、こうした陵墓について、「国民共有の重要な歴史文化遺産である」として、公開を原則とした活用を求めています。
一方で、国民の中には、「皇室の祈りの場でもあり、発掘調査や公開は安易に行うべきではない」という意見もあると思います。

k181127_10.jpg

今回の共同調査で実現した堺市との協力関係を「公開」にも生かすことで、「静安と尊厳の保持」に配慮しながらも、調査の成果を多くの人たちに知ってもらう道を探ってほしいと思います。

(高橋 俊雄 解説委員)

 「『仁徳天皇陵』」初の共同調査」(くらし☆解説) | くらし☆解説 | 解説アーカイブス | NHK 解説委員室
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/310082.html