逮捕の一報を受け、瀧容疑者がいる麻薬取締部前には報道陣が集結した=東京・千代田区(撮影・佐藤徳昭)

写真拡大 (全2枚)

 テクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が12日深夜、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反(施用)の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。逮捕容疑は12日頃、東京都内やその周辺でコカイン若干量を摂取した疑い。瀧容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。放送中のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演するなど引っ張りだこの人気者だけに、逮捕の影響は計り知れない。

 日付が変わった13日午前0時すぎ、マルチに活躍する人気ミュージシャンのまさかの薬物逮捕という衝撃ニュースが駆け巡った。

 逮捕容疑は12日頃、東京都内やその周辺で、コカイン若干量を摂取した疑い。取り調べに対し、瀧容疑者は「コカインを使用したことは間違いありません」と容疑を認めている。

 関東信越厚生局麻薬取締部は薬物を使用しているとの情報をもとに、この日午後、世田谷区内の自宅や車の家宅捜索を実施。尿を調べたところ、コカインの陽性反応が検出された。携帯電話を押収しており、通信記録などから入手経路や過去の使用状況などを調べる。瀧容疑者は13日午前3時頃、東京・千代田区の同部から拘置先の警視庁東京湾岸署に移送された。

 複数の音楽関係者によると、瀧容疑者は欧州に時折出かけて薬物を摂取していたという。

 瀧容疑者は、1989年に石野卓球(51)と電気グルーヴを結成し、91年にメジャーデビュー。先駆的な音楽が世界的に評価され、海外でのダンスフェスティバルにも出演。“楽器の弾けないミュージシャン”としてステージ上で踊るなどしてライブを盛り上げていた。

 音楽活動だけでなく、近年はNHK連続テレビ小説あまちゃん」(2013年)に出演するなど俳優、声優、ナレーターなどマルチに活躍。死刑囚役を演じた映画「凶悪」(13年)などでブルーリボン賞助演男優賞などを受賞し、一昨年10月に公開された北野武監督(72)の映画「アウトレイジ最終章」ではヤクザ役を好演。大柄な体格を生かし、すごみのある演技で個性派俳優として存在感を示してきた。

 放送中の「いだてん」(日曜後8・0)では、主演の歌舞伎俳優、中村勘九郎(37)扮するマラソンランナー・金栗四三が使う足袋の商店主役で出演。関係者によると、すでに3カ月先の放送分まで収録済み。

 日本で初めてマラソンシューズを作った重要な役どころで、今後はさらに出番が多くなるだけに撮り直しは厳しく、同局は対応に迫られる。映画、CMにも多数出演しており、億単位の損害賠償が発生しそうだ。

 また、現在は電気グルーヴの結成30周年ツアーを展開中で10日には大阪公演を実施。今月15、16日に東京・青海のZepp Tokyoで公演を控えていたが、開催は事実上不可能となった。