マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

私が何処の産地の米を食べようが勝手、私を精神障害者にした産地の米だけを外せばいい

 これね。

 

一々、個人が何を食べようが批判される筋合いはないですね。

特に私を閉鎖病棟に入れて喜んでいた父親に言われる筋合いはないかな。

 

現行で私には親なんて居ない。誰も相手にしていない。

 

それだけで宮城米なんて食べるに値しないと考えていますね。

最初から別人格、別人種だし、相手にしていませんわ。

 

結局、親から独立する、

言うなれば鳥であれば巣立ちすれば二度と親からは餌は貰わないのだから、

自分で見識を持ち、そして生きていくことでしょうね

その後の親子関係は置いておいて、基本は親は捨てると言うことでしょ。

 

言いがかり付けられるのだけは辞めて欲しいね。

親のは過干渉ではなく、人権の侵害なのでね。

 

こちらは金銭回収すれば、宮城は出て行くし、あとは二度と戻ってこんからね。

親とは別人種だし、あとは二度と再会することはなね。

 

 

私の親は頭がおかしいんですよ。

言いがかり付けてきて、暫く前からは冬場は暖房費名目で更に金銭を徴収するようになりました

そして現行では国民健康保険の徴ですね。

 

そのために、こちらは家の米は食べていないのだからその分入れている金を差し引けと言ったら、それは勝手に米を食っていないのが悪いそうです。

でも入れている金は食費名目です。

 

そもそも乞食みたいなのとは会話したくないからね。

 

こらちが何処の産地の米を食べようが自由だが、

私からすれば、あきたこまちだて正夢を食べたら人間お仕舞いかな。

 

そろそろ秋田と宮城の馬鹿共は処刑レベルじゃん。

 

 農林水産省の職員の家庭と言うのは、そもそも頭がおかしいのしか居ないから。

私の家庭が模範例であろう。

 

競馬、パチンコ、タバコ、酒の、

守護数4モドキのゴミしかオランでしょ(笑)

 

 その集大成が泉区向陽台にある「ふれあガーデンじゃん?

 

農水省の太陽は上記の太陽なのだから、自覚してほしいわ。

 

 

12月6日とは、仙台市営地下鉄東西線の開業日であり、これが1978年スペイン帝国憲法の成立日です。

 

なんかですね、こんなのは頭がおかしい自民党民主党奥山恵美子だけで成立していればいいのに、私の生活圏、しかも散歩ルートに来ると言う展開ですか?

 

それが今回12月6日にリニューアルすることになった「ふれあガーデン」と言う店舗のようですね。

元々、下記の店舗はここ数年で出来た新参店舗です。この通りでは最も新しいですね。

 

これはですね、農林水産省と言う集団、頭がおかしい新嘗祭の集団が成すわざだと言うことです。

神社と創価学会ですよ。

 

 

f:id:masafree:20181127105605p:plain

 

Google マップ

 

goo.gl

 

 

 ※あとからリニューアルオープンの表示の最新の写真を貼ります。

 f:id:masafree:20181127204548j:plain

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

菅 義偉
すが よしひで
Yoshihide Suga-1.jpg
 
生年月日 1948年12月6日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 秋田県雄勝郡雄勝町(現:湯沢市
出身校 法政大学法学部政治学科卒業
前職 段ボール工場作業員
建電設備株式会社社員
衆議院議員小此木彦三郎秘書
横浜市会議員
現職 衆議院議員
内閣官房長官
沖縄基地負担軽減担当大臣
拉致問題担当大臣
所属政党 自由民主党小渕派古賀派→無派閥)
称号 法学士(法政大学・1973年)
配偶者 一般女性
公式サイト すが義偉

 

日本の旗 第81·82·83代 内閣官房長官
内閣 第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
第3次安倍第1次改造内閣
第3次安倍第2次改造内閣
第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
第4次安倍改造内閣
在任期間 2012年12月26日 - 現職

菅義偉 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E7%BE%A9%E5%81%89

 

 

 

太陽フレア

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
ナビゲーションに移動検索に移動
 
太陽フレア。見やすくするために、太陽の球状の箇所は黒く加工し、周縁部分だけが写されている。
 
太陽フレアの動画。2011年7月7日。SDOによる撮影。

太陽フレア(たいようフレア、Solar flare)とは太陽における爆発現象。別名・太陽面爆発[1]

太陽系で最大の爆発現象で、小規模なものは1日3回ほど起きている[2]。多数の波長域の電磁波の増加によって観測される。特に大きな太陽フレアは白色光でも観測されることがあり、白色光フレアと呼ぶ。太陽の活動が活発なときに太陽黒点の付近で発生する事が多く、こうした領域を太陽活動領域と呼ぶ。太陽フレアの初めての観測は、1859年にイギリスの天文学者リチャード・キャリントンによって行われた(1859年の太陽嵐)。

「フレア」とは火炎(燃え上がり)のことであるが、天文学領域では恒星に発生する巨大な爆発現象を指している。現在では太陽以外の様々な天体でも観測されている[3]

アメリカ航空宇宙局NASA)によると、2012年7月には巨大な太陽フレアが地球をかすめた[4][5] 。次の10年間に同程度のフレアが実際に地球を襲う確率は12%であると推定される[4]

 

 

 

 

 

太陽フレア - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A2