マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

3月9日の太陽活動

 3月9日の太陽活動です。

 

黒点群でのフレアは収まったらしいです。

穏やかになり、黒点は減っていく方向と・・。

 

ベルギーの方は、黒点は昨日は12個で決まりました。

本日は11個なので、横ばいでした。

あとは減るんでしょうね。

 

 

 

ベルギー王立天文台

-------------------------------------------------------------------------------
TXT 
-------------------------------------------------------------------------------
Filename: EISN_current.txt
Format: plain ASCII text

Contents:
Column 1: Gregorian Year 
Column 2: Gregorian Month
Column 3: Gregorian Day
Column 4: Decimal date
Column 5: Estimated Sunspot Number
Column 6: Estimated Standard Deviation
Column 7: Number of Stations calculated
Column 8: Number of Stations available

2019 03 01 2019.163 0 0.0 19 20
2019 03 02 2019.166 0 0.0 21 22
2019 03 03 2019.168 0 0.0 18 19
2019 03 04 2019.171 0 0.0 28 32
2019 03 05 2019.174 9 7.4 37 39
2019 03 06 2019.177 17 2.3 23 28
2019 03 07 2019.179 17 1.5 21 26
2019 03 08 2019.182 12 1.5 27 32
2019 03 09 2019.185 11 0.9 15 19


http://sidc.oma.be/silso/DATA/EISN/EISN_current.txt

 

Sunspot Number | SILSO
http://sidc.oma.be/silso/datafiles

 

2019/ 3/ 9 13:27 更新
太陽風は平均的な状態です。淡いCMEが発生しています。

担当 篠原

昨日2734黒点群で発生したフレアは、C1.3の規模でした。
フレアに伴ってCME(太陽ガスの放出現象)も発生した様で、
SOHO衛星LASCO C2カメラの動画(1枚目の図)では、
太陽の上側の左右に向かって、淡いガスが飛び出しています。
このため、CMEは地球の方向にも向かっていると考えられます。
地球まで4日程度かかると考えると、
12日頃の到来になる可能性があります。
速度の変化は小さいと思われますが、
太陽風磁場の強まりがやって来る可能性があります。
その場合、南向きに大きく変化すると、
磁気圏の活動が強まると考えられます。

2734黒点群は、昨日よりも小さくなっている様です。
その後は特に活動もなく、穏やかになっています。


太陽風は、400~420km/秒と平均的な速度が続いています。
磁場強度は、5nTから3nTに少し下がりましたが、
再び5nTに戻っています。

磁場の南北成分は、0nT付近から北寄りの傾向になっています。
磁気圏は全体としては穏やかですが、
AE指数には500nTの変化も起きています。

27日周期の図を参照すると、
太陽風は、現在の様な平均的な状態が続きそうです。




種子島ロケットコンテストは、競技は無事に終わり、
今日はモデルロケットや缶サットに関する研究会です。
明日の夕方に鹿児島に帰ります。



昨日のC1.3の小規模フレアに伴って発生したCME。SOHO衛星LASCO C2。
(c) SOHO (ESA & NASA)、 (動画加工 : 宇宙天気ニュース)


SDO衛星のAIA193カメラによる太陽コロナの様子
(c) SDO (NASA)



SDO衛星による太陽の可視光写真。マウスの矢印を写真に重ねると、黒点番号付きの写真に切り替わります。
(c) SDO (NASA)



GOES衛星の太陽X線データ
(c) NOAA/SWPC



DSCOVRが観測した太陽風の磁場(1番上の枠、黒線は全体の強度、赤線は南北成分)
および、太陽風の密度(3番目の紫線)、速度(4番目の青線)
(c) データ:NOAA/SWPC、作図:宇宙天気ニュース



AE指数(速報値)
下段のAEグラフの値が高くなると、オーロラ活動が活発化しています。
(c) 京都大学WDC




27日の太陽周期に合わせたデータプロット
太陽が同じ面を地球に向けていた27日前の変化から、今後を予想することができます。
(c) 作図:宇宙天気ニュース
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
φ (度)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
φ (度)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr

  宇宙天気ニュースは、
  鹿児島工業高等専門学校にWebサーバを設置しています。

 

http://swnews.jp/2019/fig/1903091327_27d_all_2.png

http://swnews.jp/2019/fig/1903091327_27d_all_3.png

 

宇宙天気ニュース
http://swnews.jp/