マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

3月6日 安倍首相「神器は皇位と同時に継承」 5月1日午前0時に

 きましたー。

 

でたー、皇室の三種の神器シリーズです。

 

皇室は「八尺瓊勾玉」が代々受け継がれています。

 

天叢雲剣(草薙の剣)熱田神宮であり、

八咫鏡伊勢の神宮です。

 

私が太陽神証明したからって、神器ちらつかせなくて良いので、

お金だけ払ってください。

こちらは遊んで暮らす。

 

ブログのアイコンの画像を替えました。

 

マヤ暦から、恒星太陽に画像昇格した。

ネットで画像探していたら、わっかがかかった太陽ね。

なかなか美しいと思いました。

 

最初は、表面のフレアやプロミネンスが見える画像がいいかと思ったが、

アイコンにする赤色矮星みたい(橙)なのになるので、

とりあえず太陽はではなく金色なんですよね。

ですので通常のものにしました。

 

 こちらは、憲法第一章はOKなので、私から離れてね。

これだけの話です。

付き合ってられんのでね。

 

 

 

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

 

 

安倍首相「神器は皇位と同時に継承」 5月1日午前0時に

 安倍晋三首相は6日の参院予算委員会で、皇位継承に伴い新天皇に引き継がれる「三種の神器」の一部である剣と璽(勾玉)について「5月1日午前0時の皇位継承と同時に継承される。政府が一時、預かることはない」と述べた。

 

 剣と璽は、4月30日午後5時からの「退位礼正殿の儀」で天皇陛下が式場に置く。新天皇即位後の5月1日午前10時半からは「剣璽等承継の儀」が開かれる。

 希望の党松沢成文氏は両儀式の間の時間について「政府が預かる形では伝統に反する」と指摘した。首相は剣璽等承継の儀について「新天皇が継承されたことを目に見える形で公にする儀式だ」と説明した。(共同)

 

安倍首相「神器は皇位と同時に継承」 5月1日午前0時に - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190306/k00/00m/040/267000c

 

 

 

 

 

太陽を「赤」で描く日本。世界的には少数派!

太陽の色

皆さんは、太陽を何色だと思いますか?

日本人は“赤”と答える方が多いようです。前回の記事で国旗の色について触れましたが、日の丸カラーの「赤」は、まさに太陽の色を表していました。

実は、日本のように「太陽が赤」だと認識する国は少数派です。

それでは、他の国では太陽をどんな色で認識しているかというと、黄色、オレンジが挙げられます。外国の絵本が良い例なのですが、太陽はだいたい黄色やオレンジで描かれていますね。

そもそも、太陽を赤と認識しているのは、赤道近くの地域が中心です。

日本も、昔は太陽を金色と認識していたようです。
大陸から仏教とともに「太陽を赤」とする文化が伝えられた際、太陽を信仰対象としていた当時の人々はそれを受け入れ、太陽が赤とされるようになったと言われています。
もともとは赤ではなかったというのは意外ですね。

では、太陽の色が国によって違う理由を見ていきましょう。

太陽の色が国によって違う理由 その1「緯度」

太陽の色が国によって違う認識となったのは、まず“緯度”に要因があります。

色を見るためには光が当然必要ですが、地球上のどの緯度の場所にいるかによって、太陽との距離が異なるため、光の感じ方が変わってきます。

緯度が低くなるほど太陽との距離は短くなり、太陽は燦々と頭上を照りつけるようになります。そして赤や黄色の波長が多く届くため、色みは赤く鮮やかで強く感じられます。

逆に、緯度が高い場所になるほど赤道から離れていくので、太陽との距離は遠くなり、太陽は低い位置で動くようになります。すると光は青みを帯びて感じられるようになります。

緯度による太陽光の色の違い

結果、赤道に近い国では太陽を“赤い”と感じるようになっているのです。

太陽の色が国によって違う理由 その2「メラニン色素」

太陽の色が国によって違う理由として、次にメラニン色素”の違いが挙げられます。

欧米人の瞳は明るい色である割合が高く、ブルーやグリーン、グレーなど様々な色がありますが、明るい色の瞳にはメラニン色素が少ないです。

逆に、赤道近くの国では、メラニン色素の多い人の割合が高く、瞳の色は落ち着いたブラウンや限りなく黒に近い人が多いのです。

このメラニン色素の量の違いは、瞳の色の違いだけでなく、色に対しての見え方にも影響を与えます。

例えば、青い瞳の人は、青いサングラスをかけているのに似ています。そのため、青い色はやや同化して見えますが、赤い色は際立って見えると言われています。

青い瞳の人が赤道近くの国で太陽の光を見ると、現地の人が見ているよりもさらに強く、赤みを帯びて感じるのではないかと思います。
瞳の色が違うと光の見え方も違うというのは面白いですね。

青い瞳の色の視界

ちなみに、欧米の方がサングラスをかけているのは、おしゃれというよりも、瞳が光を通してしまうので、そのままだと日差しが眩しすぎるからだそうです。

日本人はブラウン系の瞳が多いですが、欧米人ほど明るい色の瞳ではないので、サングラスをかけるのはおしゃれの意識が強いと思います。瞳の色によって、サングラスをかける目的が違っていることにも驚きですね。

今回は、太陽の色の見え方が各国によって違う理由を考えてきました。

近年では海外旅行にも簡単に行けるようになって、旅行を楽しむ方も増えています。
各国で見られる色が、その国に降り注ぐ太陽に大きく影響されているとわかると、また違った視点でその国を楽しめそうですね。

次回は宝石の色に関するミニ知識をお届けします。お楽しみに♪

onsuku.jp