JR東日本は5日、防犯カメラを設置した鉄道車両東京五輪パラリンピック前に大幅に増やすと発表した。

 今後新造する車両のほか、既存の新幹線、在来線の計約8500車両を対象に2020年7月までに設置し、列車内の監視を強める。

 JR東によると、既存の在来線計約2500車両では、乗務員室にも順次カメラを設置。今年度末には、新幹線や在来線のカメラ設置済み車両数は対象の1割程度になるといい、短期間で大幅な増設に踏み切る。

 さらに、20年7月までに約110主要駅の改札口やホームにある計約5500台のカメラや、線路沿線などに設置するカメラをネットワークで結び、専門部署で集中的に監視。非常事態が発生した場合は、映像を警察に伝送するなど共有の仕組みも拡大するという。