マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

恒星太陽による「真の太陽神証明」について

恒星太陽での太陽神証明です。

 

 私は最初から恒星太陽で太陽神証明は出来るんですよ。

わざとちみちみと黒点データを収集して遊んでいただけです。

最初からみんな分かっている話です。

私は青い鷲の生まれなので、最初から遙か先を見ている。

ただ、太陽風とか、こいつはデータが無いので外したりしていただけです。

私は太陽活動なんて見なくても黒点の大まかな在り方は分かるからね。

ここがポイントね。

だから初期では、大方は外的要因と言う話し方での私の意識レベルを書いていましたが、キチガイの両親が来ると、私の精神が乱れるのでね。

その影響に過ぎない。

 

下記が、私が2012年4月23日仙台市役所により閉鎖病棟へ強制入院させられた時点の太陽です。

 

 20120419-solar-polar.png

4極化する太陽磁場が与える影響とは? : 日本や世界や宇宙の動向

 

 

これが仙台藩の犯罪ですね。 

 

  

 これが1950年からの太陽黒点のグラフです。

 

http://www.sidc.be/images/wnosuf.png

 

 

 2012年から2013年の区間の大きな太陽黒点の減少と停滞を見て頂けるとよく分かります。

 

この期間が私が仙台市役所により青葉病院に入れられていた時期です。

 当然、退院後はから抜けましたので、太陽黒点がその後に大きく増えたのは言う間でもありません。

 

 今後は、私の感覚で言えば第25サイクルは来ないですね。

だから黒点の上昇ラインは拝めない。

私はそう思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

過去のメールでの短期及び長期での太陽神証明について

 

 下記の通り、今度は短期の「日にち」のみではなく、「長期観測」で見ましょう。

第24太陽活動周期は2008年の私が宮城県庁に引導を渡した年から開始しており、
私の不幸な人生から過去100年間で最も弱く
私が2012年4月23日に閉鎖にぶち込まれそして2013年7月12日に退院したのですから、
太陽における極大期は、2013年年半ばになるのは当然であり、仙台市が太陽神である私を潰し
太陽そのものの活動が停滞したことは明らかですね。
また、私は2013年4月1日に閉鎖から開放病棟に移され、少し苦しみは緩和しましたから、
その時から太陽活動が少し活発になったのは当然のことです。下記では5月13日から5月15日となっています。
所詮は退院後、クズ自民党浅野史郎でクズ縦割りの医療福祉に取り囲まれてパルいずみ」に4年間
行かされましたから、当然の如くいつまで経っても太陽活動が回復しません。

ちなみに、伊達政宗の450周年生誕日9月5日の次の日である9月6日
太陽フレアにより電磁波が地球に降り注いだのはご存じですか?
この日は私の歩数計が落ち、画面にヒビが入り、伊達厄災で私に些細な不幸がありましたので、太陽が反応したまでです。
その後に9月8日も太陽は大きく活動していますね。




--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

極大期でも低調な太陽活動:長期的活動低下も?

11年の太陽活動サイクルにおける極大期のピークは2013年半ばになると予想されていたが、太陽活動は活発になっていない。その低下傾向は数十年前から見られ、現在はここ100年強においてもっとも弱い状態になっているという。

TEXT BY ADAM MANN
TRANSLATION BY TOMOKO MUKAI, HIROKO GOHARA/GALILEO

WIRED NEWS (US)

「穏やかな」太陽表面。2013年2月28日撮影。Image:NASA/SDO

太陽活動には、いくつかの周期単位が存在する。最も基礎的なものは、太陽活動周期黒点周期)と呼ばれる11年間の周期的変化だ。活動が活発になる期間は通常、黒点が増加し、フレアやコロナ質量放出などのエネルギー爆発が発生する時期と一致する。

今回の太陽活動周期(第24太陽周期)は、2008年から開始し、11年サイクルにおける極大期のピークは2013年半ばになると予想されていた(日本語版記事)。しかし、太陽活動は予想ほど活発になっていない。9月第2週の週末には、太陽が放出するX線が平坦にまでなった(以下のグラフ)。

Image:NOAA/GOES 15

米国立気象局宇宙天気予報センター(NOAA)で予報局長を務めるロバート・ラトリッジは、「どう見ても非常に静かな状態が続いている。今後の周期後半も、それほど変化しないと考えた方がいいだろう」と述べる。

今回の太陽活動周期における太陽活動は、ここ100年強においてもっとも弱いということを考えると、活動の総体的な衰退期が始まっており、静かな周期があと複数回続くと予測する研究者もいる。

1976年6月から開始した第21太陽周期以来の、黒点数の比較。Image:NASA/SDO

Image:Hathaway/NASA/MSFC

一方、ラトリッジ氏は、太陽の活動についての理解は十分ではないと指摘している。このまま平穏な状態が続くかもしれないし、突然極端な活動激化が始まるかもしれないのだ。

※西暦1610年頃から、天文学者たちは天体望遠鏡を使って、太陽黒点とその活動について観測してきた。1600年から1700年の間は、「マウンダー極小期」として知られる太陽活動低下期で、太陽黒点数が極端に減少、中世における小氷期中頃の寒冷期の遠因とされている。なお、11年周期については、1755年からの太陽活動周期リストがある。

ウォルフ黒点相対数400年の変遷。1600年から1700年は「マウンダー極小期」。1790年から1830年にも「ダルトン極小期」があり、地球の気温が平均より低かった時期と一致している。画像はWikipedia

極大期でも低調な太陽活動:長期的活動低下も?|WIRED.jp
https://wired.jp/2013/09/18/sun-all-quiet/

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

極大期のピーク到来、今後2週間の太陽活動に注意

~2日間に4回の大型太陽フレアを確認~

  • 印刷
2013年5月16日

独立行政法人 情報通信研究機構(以下「NICT」、理事長:坂内正夫)は、日本時間2013年5月13日(月)から5月15日(水)までの2日間に合計4回の大型(Xクラス)太陽フレア現象の発生を確認しました。この現象の最大X線強度は、通常の100倍以上に及ぶ大型のものです。また、この現象に伴い、ほぼ同時刻にデリンジャー現象の発生が観測されました。

現在、この現象を引き起こした非常に活発な黒点群は、太陽面東端にあり、今後1週間ほどで地球の正面方向を向き、その後、ほぼ1週間で太陽面西端に移動するものと予想されます。この間に、今回と同規模のXクラスの太陽フレアが発生した場合、地球周辺の宇宙環境や電離圏地磁気が乱れる可能性があり、通信衛星放送衛星などの人工衛星の障害やGPSを用いた高精度測位の誤差の増大、短波通信障害や急激な地磁気変動に伴う送電線への影響などが生じる恐れがあり、注意が必要です。


プレスリリース | 極大期のピーク到来、今後2週間の太陽活動に注意 | NICT-情報通信研究機構
https://www.nict.go.jp/press/2013/05/16-1.html


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本時間9月8日午前8時50分ごろ、太陽の表面で起きた「太陽フレア」とよばれる爆発現象で生じたとコロナガスが、地球に到達した。

太陽では複数回の爆発が起きているが、今回のものは9月6日に起きた通常の1000倍規模の爆発によって生じた可能性が高い。当初の予想よりも6時間以上も早かったことになる。

アメリカ海洋大気庁(NOAA)の発表によると、コロナガス到達に伴う磁気嵐は猛烈に大きな「G4」クラスだが、11年間100回程度の規模だという。NOAAでは、日本時間午後3時ごろまで大きな磁気嵐が続く見込みと伝えている。

NOAA
NOAAが発表した磁気嵐のマップ(日本時間9月8日午前8時50分ごろに発生)

総務省が所管する情報通信研究機構NICT)の研究者はハフポスト日本版の取材に対し「断言はできないが、通常の1000倍規模の太陽フレアに伴うコロナガスが予想より早く到達した可能性が高い。GPSなどへの影響は考えられるが、今のところ大規模停電などはなさそうだ」と話した。

高緯度地方ではコロナガスの到達に伴って、荘厳なオーロラが出現した。フィンランド北部のロヴァニエミに住むカメラマン、Jani YlinampaさんがInstagramに写真と動画を投稿した。


太陽フレア「1000倍規模」のコロナガス、予想より早く地球到達
http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/08/solar-flare_a_23201145/


-------- Forwarded Message --------

Subject: Fwd: 太陽活動と私の精神て大方一致するって知ってました?
Date: Fri, 10 Nov 2017 17:12:41 +0900
From: mtuhansenyou@gmail.com <mtuhansenyou@gmail.com>
To: sodan@mail.police.pref.miyagi.jp



 宮城県警察 殿

                                佐藤 



-------- Forwarded Message --------
Subject: 太陽活動と私の精神て大方一致するって知ってました?
Date: Fri, 10 Nov 2017 13:22:29 +0900
From: mtuhansenyou@gmail.com <mtuhansenyou@gmail.com>
To: izu016280@city.sendai.jp, fuk005330@city.sendai.jp, som001010@city.sendai.jp


仙台市総務局秘書課秘書係 殿



                                  仙台市泉区
                                  元宮城県職員 佐藤  


 淡々と数字で証明しますが、下記の通り、10月21日から太陽黒点が0個から11個と増えていますね。
さて、私が仙台市に10月21日に送った内容はなんだったでしょう。
それは、仙台市に対する決別確定の通告ですね。
また、10月21日は9年前に私が宮城県庁に対して辞表で引導を渡した日でもあります。

そして11月1日には防衛省に対して、引導を渡した日、メキシコの風習では死者の日ですね。
そして、悪魔である○○奈緒子を宮城県警に逆ストーカーで通報した日ですね。

この日から私は日が暮れてから散歩を開始しましたが、黒点は再び0個になり11月9日まで続いていますね。
こうやって、私は世界で唯一精神エネルギーを無限に持つ人間なので、魂は普通ではありませんから、
このように、太陽黒点も私の精神にリンクするみたいですね。

太陽の監視は最近から始めてますが、大方過去の事象においても私の精神にリンクしてますよ。
こういう芸当は皇室では無理ですね。

まぁ、私と太陽活動が一致すれば、真の太陽神ですね。
私は淡々と数字と事象で書いていくので、お子様日本神道とは最初から違います。




最近10日間の観測値 
データ日: 20171109 (UT) ©NOAA/SWPC
年月日(UT) 黒点 F10.7
2017年10月31日 11 75
2017年11月01日 0 73
2017年11月02日 0 74
2017年11月03日 0 73
2017年11月04日 0 72
2017年11月05日 0 71
2017年11月06日 0 69
2017年11月07日 0 68
2017年11月08日 0 68
2017年11月09日 0 66
過去30日間の観測値

黒点情報 -- 宇宙天気情報センター(NICT)
http://swc.nict.go.jp/sunspot/




太陽黒点情報

:Product: Daily Solar Data            DSD.txt
:Issued: 0225 UT 10 Nov 2017
#
#  Prepared by the U.S. Dept. of Commerce, NOAA, Space Weather Prediction Center
#  Please send comments and suggestions to SWPC.Webmaster@noaa.gov
#
#                Last 30 Days Daily Solar Data
#
#                         Sunspot       Stanford GOES15
#           Radio  SESC     Area          Solar  X-Ray  ------ Flares ------
#           Flux  Sunspot  10E-6   New     Mean  Bkgd    X-Ray      Optical
#  Date     10.7cm Number  Hemis. Regions Field  Flux   C  M  X  S  1  2  3
#--------------------------------------------------------------------------- 
2017 10 11   70      0        0      0    -999   A1.1   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 12   70      0        0      0    -999   A1.4   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 13   70      0        0      0    -999   A0.0   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 14   69      0        0      0    -999   A1.8   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 15   70     12       10      1    -999   A2.5   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 16   71      0        0      0    -999   A3.4   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 17   70      0        0      0    -999   A4.1   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 18   73      0        0      0    -999   A5.7   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 19   73      0        0      0    -999   A5.3   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 20   76      0        0      0    -999   A6.6   0  1  0  0  0  0  0
2017 10 21   77     11       50      1    -999   A7.8   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 22   77     13       70      0    -999   A7.4   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 23   78     23       90      1    -999   A7.3   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 24   78     23       90      0    -999   A7.1   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 25   79     24       70      0    -999   A7.7   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 26   77     23       50      0    -999   A7.5   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 27   76     23       60      0    -999   A6.6   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 28   75     22       20      0    -999   A6.0   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 29   75     23       20      0    -999   A5.8   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 30   76     22       10      0    -999   A5.7   0  0  0  0  0  0  0
2017 10 31   75     11        0      0    -999   A5.5   0  0  0  0  0  0  0
2017 11 01   73      0        0      0    -999   A5.3   0  0  0  0  0  0  0
2017 11 02   74      0        0      0    -999   A5.2   0  0  0  0  0  0  0
2017 11 03   73      0        0      0    -999   A5.4   0  0  0  0  0  0  0
2017 11 04   72      0        0      0    -999   A5.0   0  0  0  0  0  0  0
2017 11 05   71      0        0      0    -999   A4.2   0  0  0  0  0  0  0
2017 11 06   69      0        0      0    -999   A3.7   0  0  0  0  0  0  0
2017 11 07   68      0        0      0    -999   A3.4   0  0  0  0  0  0  0
2017 11 08   68      0        0      0    -999   A3.6   0  0  0  0  0  0  0
2017 11 09   66      0        0      0    -999   A3.9   0  0  0  0  0  0  0
©SEC/NOAA

黒点情報 -- 宇宙天気情報センター(NICT)
http://swc.nict.go.jp/sunspot/latest30sunspot.php