マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【農民・現人神・第22回牛獣医師】JR東日本 三塚博・美里町牛飼の陸羽東線 線路上で4歳男児が接触転倒、額に擦り傷【清和会・運輸大臣】

 3月4日のニュースです。

 

はい、私の名前を勝手に利用していた、

美里の土民、三塚博の土地のニュースです。

 

下記の転載させて頂いた文面を読むと、自民党交通部会長?(笑)

あの政党は無能だしな。

土民が交通部会長とか意味不明だわ。

町内会のこと?

 

土民の分際で、塩竃に行き、

当時は「海上交通の神」とか自分で話していたかもな。

自民党キチガイ政党なので。

 

稲敷市では原付事故で2人重体(女子生徒意識回復)

仙台塩釜港仙台港区では重油1000L漏洩

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

意味不明の自民党漫才なんですが。

あいつら学芸員吹き込みの漫才なんて、全く相手にしていないね。

 

そもそも、私は単体で完結しているので、

単体で神社よりも遙かに強力

神社と言う土民宗教は全く要らないからね。

 

だから、こちらが台北で「大杉神社」の話を出そうとしたら遮ったので、なら死ねやとなっただけね。

 

称号で奢っているゴミは実力で粉砕すればいいだけですので。

 

 運転免許証のペーパードライバーかよ(笑)

醜いことこの上ない。

 

ペーパー神社は消えてくれってな。

私の視点からすればね。

 

 

結局、なぜ農民が私に逆らっていたのか理解出来んね。

その領域で無能は潰されるだけだわな。

 

次元が違うし。

 

農民は土地に居てなんぼなので、それが東京に行った理由も不明ですわ。

農民らしく振る舞って欲しいとは思うね。

 

なぜ土民に私の家系が穢されたのか理解出来んね。

 

 

私は裁判が完了しても、大杉神社の相手はしないし、

特に塩竃では三塚を「三塚の神様」と崇めてみたいですけども、

私はあとは行く気は全く無いのでね。

 

この土地は小泉と一緒に奈落に落ちればいい

 

こちらは最初から相手にしていない。

 

仙台藩が一番大事なことは、二度と私の名前を語らないことな。

こちらは用が済めば捨てるだけなんだから。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

宮城のニュース

陸羽東線>4歳男児危機一髪 電車に接触、額に軽いけが

 4日午後2時35分ごろ、美里町牛飼のJR陸羽東線の線路上で、線路を歩いていた町内の男児(4)が小牛田発新庄行き下り普通列車(2両編成)と接触した。男児は額に擦り傷を負うなどの軽いけが。
 遠田署などによると、男児は近くのスーパーで買い物中の母親とはぐれ、線路内に侵入。男性運転士が男児を発見し、急ブレーキを掛けたが、車両左前に接触したという。列車は約40分停車し、運転を再開した。
 JR東日本仙台支社によると、上下計2本が運休、下り1本が40分遅れ、約150人に影響した。


関連ページ:宮城社会

2019年03月05日火曜日

 

 

陸羽東線>4歳男児危機一髪 電車に接触、額に軽いけが | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201903/20190305_13047.html

 

 

163 「日本国憲法」は「亡国憲法」である―「国鉄分割民営化」で学んだこと(2)

 

 ≪ 臨調への働きかけと並行する形で、当時、自民党の交通部会長だった三塚博さんのもとへも通った。宮城が地盤の三塚さんとは、仙台勤務時代にすでに面識があった。

 翌82年2月、自民党の中に国鉄問題を考える「三塚委員会」が立ち上がる。当時はまだ分割民営化に距離を置いていた井手正敬さんや松田昌士さん(後のJR東日本会長)の2人とともに、三塚委員会を支えた。出勤前に三塚さんが使っている東京・永田町のビルに集まり、打ち合わせをして解散。仕事の後、再び集まって深夜まで作業。そんな日々が続く。

 職場規律の実態を知るため、三塚委員会は現場の管理者に匿名のアンケート調査をした。集まった回答の余白に書かれた自由記述からは、労組が次々と持ち出す無理難題に翻弄され、プライドも持てず、管理局と現場の板挟みで苦悶する現場幹部の悔しさが滲み出ていた。読み進めるうち、静岡や仙台でいっしょに戦った部下たちの顔が浮かんできた。私が涙を流したのは国鉄改革を通じてこの時一度だけである。

 自民党内で国鉄問題を検討していた三塚委員会は、職場の規律確立を求める中間答申に続き、1982年7月、本答申を発表した。この中間答申と本答申の作文は、私が担当した。国鉄は分割し、民営化する。もう、これ以外に救う道はないのだ。頭の中に次々と言葉が浮かんできて、書く手が追いつかない。一晩で仕上げて三塚さんに見せると、「僕の思っている通りだ」。そのまま公表された。

 

 

近況心境
http://misumaru.o.oo7.jp/kinkyou-2.html