マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【持続可能賞名誉賞】ドイツ政府専用機でトラブル相次ぐ、昨年11月と2月28日【フランクフルト・横浜・奥山恵美子】

 仙南シンケンファクトリーの地ビールでお馴染みのドイツです。

 

私はドイツの奥山恵美子閉鎖病棟に入れられたんです。

これは1999年時代の角田市に繋がり、私はここでこき使われていたわけですね。

宮城県大河原地方振興事務所です。

県道110号線前です。

 

ここで、私が現役出勤完了した2006年度の翌年度に、

山田奈緒子が結婚して新姓になったわけです。

 

この大河原は、

私には退職勧奨し、そして山田奈緒子には結婚の晴れ舞台を用意した、

最初から私は必要はない仙南の土地です。

 

そもそも要らないし、仙南がシロアリなだけ。

誰も好きで行ったことはない。

 

 

ドイツの政府専用機は、仙台市地下鉄とそっくりだな。

やはり神社で汚れたお仲間だ。

秋田市の大平三吉神社。

 

 

ドイツ政府専用機でトラブル相次ぐ 今度は外相が足止め

ドイツのマース外相を乗せた政府専用機が故障し、マース外相が訪問先のアフリカで1日足止めされていたことがわかりました。ドイツでは去年、メルケル首相を乗せた政府専用機も故障するなど、老朽化した専用機のトラブルが相次いでいて、批判の声も出ています。

ドイツの公共放送「ZDF」は1日、マース外相が先月28日、訪問先のアフリカ西部のマリから帰国する際、政府専用機で油圧系の故障が起き、別の専用機を待って翌日まで足止めされていたと伝えました。

ドイツでは製造からおよそ20年が経過した政府専用機でトラブルが相次いでいて、去年11月には、アルゼンチンで行われたG20サミットに向かっていたメルケル首相が、機体の故障のため引き返さざるをえず、サミット開幕に間に合いませんでした。

このほか、シュタインマイヤー大統領やほかの閣僚も専用機の故障で、外国訪問の日程変更やキャンセルを余儀なくされるなど、外交日程への影響もでています。

閣僚からは「技術大国ドイツの名を汚すことになる」という批判的な声も上がっていて、政府が対応を迫られています。

ドイツ政府専用機でトラブル相次ぐ 今度は外相が足止め | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190303/k10011834641000.html