マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

そもそも仕事が合わないだけなのに、精神障害者にされてしまう厚生労働省の欠陥システム

 そもそも厚生労働省のシステムは欠陥だからね。

 

 私はあいつらが馬鹿なのは知っているので、相手にはしていませんけども。

 下記では、わがままな論調で書かれている「新型うつですが、

これは最初からくだらん組織の相手をしていたから被害を被った例です。

 

常に馬鹿の相手はすべきではないし、転職も出来やすい社会を作り出すのも、

厚生労働省の使命でしょうね。

国は馬鹿の集まりだから、わざわざ他の場所では使えるかも知れない人材を

その一カ所で潰して終わりにしてしまうんですね。

元々公務員に居るのは無能なのでね。

 

何が大事かと言えば、精神科医は個の意志を尊重することであり、

きちんとその起点から結末まで訊く必要はあると思いますね。主張をね。

現状では精神科医にはそんな時間は無いからね。

どうでもいいことですが。

 

私は単に馬鹿な公務員相手はしたくなくてとっとと退職したかったが、

親に妨害されていたわけですね。

横浜に行った詐欺師なのでね。

 

だから、私の在り方は仙台市教育委員会下で自殺した生徒と境遇は同じですね。

 

元々、宮城県農林水産部仙台市役所は、すぐに私の親を呼び出すだけ犯罪組織であったからね。

それだけの連中であり、

基本的に障害者差別解消法違反であり、

民法710条に該当する連中ですわ。

単なる犯罪者集団な。

 

結局、こちらが官は要らなかったのに、退職したのちの犯罪集団の公務員のやり口と言うのが、顕著に重大な人権侵害による犯罪だと特定出来たし、あとはこちらが裁判所を利用するだけだ。

 

あの集団がやっていたのは単なる「刑法193条 公務員職権濫用」だけなので、あとは告訴したら速やかに逮捕して頂きたいものだ

 

 

 

一番勉強になったのが「最近若者に増えている新型うつ病」という項目です。
もう10年以上前から、若い世代中心に従来のうつ病とは異なる「わがまま」なうつ状態の患者が増えてきたというのは、臨床家の間でよくいわれてきたことでした。


この「ニュータイプうつ」の人は、学校や会社には行けなかったり、行っても意欲なくぼんやりしたりうたた寝したりして全くやる気がないのですが、本業以外の趣味や遊びには積極的に出かけていったり、休日はいきいきとして一日中外出していたりします。
また「自分がこんなに具合が悪くなったのは○○課長のせいだ」等と人に責任転嫁し、自分は被害者・犠牲者として家族や医療関係者に訴えるのが特徴です。


これは「悪いのは私なんです。自分の努力が足りないからちゃんと成果を出せないし、やる気が出ないなんて、怠け心に負けてしまう自分が嫌、皆に迷惑をかけてしまって申し訳ない」
という、古典的なうつ病患者と対照的です。
こうしたニュータイプのうつは「そりゃあ病気ではなくて性格だろう。克己心がなく、自己中心的であり、治療ではなく社会復帰を訓練すべき状態である」と、考えられてきました。


一般的に「うつ病」と「性格的なうつ」の違いを見極める必要がある理由は、その治療法が違うからです。
古典的なうつ病抗うつ薬への反応が良い場合が多く、早ければ1-3ヶ月で軽快し、「症状」と「本来の状態」が比較的はっきりと線引きできます。

しかし「ニュータイプうつ」ではそもそも社会適応が悪かったり、漠然と「世の中、つまらない」といった消極的でなげやりな気持ちでいたことが多く、その治療は医学的というよりも心理療法や社会復帰訓練が中心とされています。

 

www.yulisroom.jp