マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【岩手県】新静岡-「森」掛川 間他を110km/hから120km/hに引き上げ【静岡県】

 3月1日のニュースです。

 

警察の、森の加護での最高速度アップです。

 

とか災い巻きまくっているのに、アホ過ぎ。

岩手の警察の頭なので。

と言うか、道路の構造で森優先に整備されている前提があると思っています。

 

森ビルとかまさに肝いり。

JOCの本拠地です。

 

森ビルだから、

私が官製美人局で潰された2002年6月の翌年に完成しているんですね。

森喜朗なのでね。

 

森ビルにはグーグルも入っているし、やっぱり犯罪企業ってことですよな。

松陵も森の石川県が元の学校だし、

森と言うのは私の人生に寄生するシロアリ一族の様だ。

 

 

概要[編集]

本社を六本木ヒルズ森タワー(東京都港区)に置き、市街地再開発事業ならびに各種ビルの企画・開発・設計監理・営業・運営管理を主な事業としている。2003年平成15年)に完成した六本木ヒルズ2006年(平成18年)に完成した表参道ヒルズなどは話題となり、一般にも広く知られる。また、日本国外では中国に進出し、初の海外プロジェクトである森茂大厦を皮切りに上海ワールド・フィナンシャル・センターなどを開発・運営している。

 

森ビル - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E3%83%93%E3%83%AB

 

六本木ヒルズ森タワー - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E6%9C%AC%E6%9C%A8%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%BA%E6%A3%AE%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC

 

オリンピック委員会は当然虎ノ門ヒルズに!

一部に適当な報道があったので、今日は、オフィスビルのプロとして一言申し上げておきます。

東京オリンピックパラリンピック組織委員会虎ノ門ヒルズにあり、賃料が高そうだからけしからんと言っている報道がありました。

私は、むしろ虎ノ門ヒルズにあって当然と考えています。

また、現在の東京のオフィス市況も全くわかっていないで発言している人の言葉は、誤解を招きますので無闇に報道しないでもらいたいです。

10

愛宕山からの虎ノ門ヒルズ森タワー

まず、虎ノ門ヒルズは、東京都が最大の地権者です。この組織委員会は東京都と日本オリンピック委員会(JOC)が設立した法人で、設立主体である東京都の保有ビルに入居しているだけのことです。賃料は最終的に都に入ります。

自分で設立した団体が、自分の所有ビルに入居して当然ではないでしょうか。

虎ノ門ヒルズは、東京都が事業主体となって建てた複合ビルです。都道である環状2号線の道路上に建っており、複数の地権者はいるものの東京都がメインの家主です。

オリンピック委員会は当然虎ノ門ヒルズに! | JapanProperties | ジャパン・プロパティー
http://www.properties.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E3%81%AF%E5%BD%93%E7%84%B6%E8%99%8E%E3%83%8E%E9%96%80%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%81%AB%EF%BC%81/

 

 


最高速度120キロ 新東名と東北道の一部 試験的に引き上げ
2019年3月1日 13時38分

 

静岡県の新東名高速道路岩手県東北自動車道のそれぞれ一部の区間で、最高速度を時速120キロに引き上げる試験的な取り組みが始まりました。

この区間ではおととし、最高速度が試験的に時速110キロに引き上げられましたが、交通安全上、特に支障はみられなかったとして、さらに10キロ引き上げる試験的な取り組みが1日から始まりました。

このうち、新東名高速道路新静岡インターチェンジと森掛川インターチェンジの間のおよそ50キロの区間では、午前10時に規制速度の標識が「120」に切り替えられました。

この区間にある藤枝市のサービスエリアでは、警察などがチラシを配って、取り組みの周知と安全な走行の呼びかけを行いました。

運送会社の50代のドライバーは「車の流れがよりスムーズになるのでよいと思うが、運転には十分気をつけたい」と話していました。

一方、東北自動車道の盛岡南インターチェンジと花巻南インターチェンジの間のおよそ27キロ区間でも、規制速度を示す電光掲示板が「110」から「120」へ切り替わりました。

この区間紫波サービスエリアでは、警察や東日本高速道路の職員らがチラシを配って注意を呼びかけていました。

ドライバーからは「急いでいる時には助かる」と歓迎する意見のほか、反対に危険や不安を感じるという声も聞かれました。

岩手県警察本部高速道路交通警察隊の吉田孝夫隊長は「従来以上に警戒を強めて、事故の発生を抑止したい」と話していました。

2つの区間での試験的な取り組みは1日から1年間で、安全性などが検討されます。

 

最高速度120キロ 新東名と東北道の一部 試験的に引き上げ | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190301/k10011832771000.html