マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

私はこの支持率歴代最低の2000年からのを捨てる為に頑張っています

 この時代が仙南の大河原時代だったわけですよ。

 

宮城県大河原町ですね。 

大河原の官の連中と言うのは大方全てウザくてね。

不愉快千万でした。当時ね。

 

だからこちらは業者とは普通にやっていたが、同僚の屑共は無視していましたね。

 

そういうことで、

現行で宮城県組織は、北部、東部と別れているが、

南部とは言わないで大河原の地名が事務所に残っています。

 

犯罪がレガシーになってる。

犯罪清和会の全てでは?

 

 

個人的に、仙南の官なんて、海の藻屑になってもらえばいいと思っています。

用は無いしな。寄るなと言う事。

 

 こいつらはそろそろ死んで貰った方がいいじゃん。

取り柄は女出したり引っ込めたりだけだからな。

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

結局、私は知らないけども、

宮城県内で大きな工事現場での労災はさほど無いように見受けられるが、宮城県農林水産部の醜態だけは顕著

 

無能は海で消えればよくないか?

 

 

f:id:masafree:20190227115758p:plain

https://jsite.mhlw.go.jp/miyagi-roudoukyoku/content/contents/siryou.pdf



 

この3年間の労災見ると、ほぼ同等かね。

死者は倍増しているみたいです。

土建業は誤差ですな。

 

逆に、海での養殖絡みで破滅的な被害を出し続けているのが宮城県農林水産部であり、

防潮堤の高さを誤ったのもここ。

 

ここだけ災いを顕著に発生させている。

組織がおかしいからでは?

 

悪の血塗られた糸(鎖)でドロドロの奈落行きの泥船の皆様だからな。

致し方がない。

自民党からキリストまで繋がり、死ぬまでGHQ農地改革を続けてください。

 

ただキチガイですわ。触れるな危険

 

完全に「蜘蛛の糸」。怖いです。

 

 

現行で、漠然とこいつらおかしいと思えるのは、

 

農林水産省と厚生省と防衛省。これ。

 

こいつら頭がおかしい。

 

 

東京五輪の建設現場は、40人で働いて既に1人死んでいる現場みたいですからね。

全体で事故死が2人?

過労死が1人?

割合凄くて、みんな命が惜しくて逃げる現場?

怖いと思いました。

自民党から貰った現場は生き地獄とか、スペインの太陽は半端ないです。

誰も請けたくない工事と思われる。

 

(転載します)

 ええと、2件の労災死のうち1件は過労死。大成建設の下請け三信建設工業。(日テレニュース
 (大成建設はスガ官房長官の息子が勤めてるらしい)

æ±äº¬äºè¼ª

hakka-pan.blog.jp

www.aozora.gr.jp

 

 

■「中央調査報(No.518)」より

 森内閣支持率の推移

 

 2000年4月5日、病に倒れた小渕内閣の後を受けて発足した森内閣も、2000年末で9ヵ月を迎えた。
 この間の推移を、発足時に遡り、「時事世論調査」(全国20歳以上の男女2,000人を対象に時事通信社が行う月例世論調査。毎月10日前後に調査員による面接聴取法で実施し、回収率は70%前後)の内閣支持率・不支持率、および内閣支持理由・不支持理由等の結果からみてみる。

1.内閣支持率・不支持率
 森内閣の支持率は、小渕内閣最終月(2000年3月)の32.4%から0.9ポイント増の33.3%(2000年4月)でスタートした。発足時の支持率としては、歴代2番目に低かった小渕内閣の24.8%(1999年8月)に次ぐ低さとなった。また、不支持率は20.1%で、小渕内閣最終月の42.4%から22.3ポイント減とほぼ半減しており、発足時の不支持率としては、歴代内閣で最悪だった小渕内閣の45.6%と比べるとかなりましなスタートだった。
 しかし、6月には、支持率が18.2%と2割を切って1998年11月以来の1割台となり、小渕内閣最低支持率の19.4%(1998年11月)を下回った。また、7月には、不支持率が56.9%と5割を超え、小渕内閣最高不支持率の54.7%(1998年11月)をも上回った。
その後は、相次ぐ失言とスキャンダルもあって、支持率は20%前後を低迷し続け、不支持率も50~60%台のまま高止まりしている(図1、表1)。

 図1、表1

2.内閣支持・不支持理由の比較
 森内閣の支持理由の平均を、橋本、小渕内閣と比較すると、3内閣とも上位3つのうち2つは、「他に適当な人がいない」「だれでも同じ」と消極的な理由があげられており、共通している。しかし、残りの1つは、橋本・小渕両内閣では「首相を信頼する」と直接的で積極的な支持理由があげられているのに対して、森内閣では「首相の属する党を支持している」と間接的な支持理由があげられている(表2)。
 一方、不支持理由では、「期待がもてない」「リーダーシップがない」で森内閣の高さが目立つが、とりわけ「首相を信頼できない」「印象が悪い」での高さが、橋本・小渕両内閣と比べて際立っている(表3)。

表2表3

3.歴代内閣の最低支持率
 ここで、先述の内閣支持率・不支持率のところで指摘した10%台の支持率について、歴代内閣の最低支持率と比べてみたい。調査開始(1960年7月)以来、最低支持率が10%台以下の内閣(森内閣は除く)は全部で8内閣ある。そのうち、実に小渕内閣を除く7内閣で、調査最終月にその10%台以下の最低支持率を記録している。つまり、小渕内閣を除けば、最低支持率が10%台以下の内閣は政権末期にあたっている(表4)。

表4

4.さいごに
 誕生からして密室性を指摘され、正当性を問題視されつづけ、支持率的にも‘ジリ貧’状態が続く森内閣ではあるが、今後の支持率はどうなるのだろうか。任期途中で10%台の最低支持率を記録しながらも、政策面で独自色を出し、日経平均株価の上昇とともに支持率を上昇させた小渕内閣のように浮上することはできるのだろうか。21世紀を迎え、参院選前の政治動向や株価の先行きとも絡み、今後も注目の森内閣支持率である。

(調査部 吉田 渉)

 

 




 

 

森内閣支持率の推移| 中央調査報 | 中央調査社
http://www.crs.or.jp/backno/old/No518/5182.htm

 

 

 

 

 

首相時代

就任の経緯
2000年4月5日、3日前に脳梗塞で倒れ緊急入院した小渕恵三首相の後を継ぐ形で内閣総理大臣に就任した。清和会議員の総理総裁就任は福田赳夫以来22年ぶりであった。このときの連立与党は自民党公明党、保守党であり、メディア等では「自公保」と略称した。

森の首相就任は、当時の自民党有力議員5人(森喜朗本人、青木幹雄村上正邦野中広務亀井静香)が密室で談合して決めたのではないかと疑惑を持たれ、西側諸国の報道でも旧ソ連クレムリン並みの密室人事と揶揄された。これらの論評に対して、森自身は「マスコミが密室と言いたがるだけ」と反論した。:

詳細は「五人組 (自由民主党 2000年)」を参照

 


就任後
前任者の急病による就任であり、総裁になるための正式な準備無しでの登板だったため、内心「正直いってえらいことになったな」と思ったという[20]。

政策では小渕政権の政治目標を継承することを重視し、小渕が学生時代から取り組んでいた沖縄問題の一つの到達点と目していた沖縄サミットを完遂や、小渕が望んでやまなかった景気回復を目指した。この他対ロシア外交、教育基本法問題なども小渕と森が最後に話をした4月1日に政治課題として意識していた[21] し、対アフリカ外交についても小渕が計画していたものであるとの指摘がある[22]。 首相としての最初の外国訪問地にはロシアを選択し、ソ連との親善に努めてきた父の遺骨の一部があるシベリアの日本人墓地へプーチン大統領とともに訪れた。中央日報は徹底的に計算された行動であり、 プーチンは東方経済フォーラムで「我々の過去が未来に進むことを妨げてはいけない」と発言させ安倍晋三首相の意中を伝達する窓口を2013年以後は務めていてプーチン大統領とお互い「ヨシ」「ワロージャ」という愛称で呼び合う関係だと報道している[23]。

また、所信表明直後に前から予定されていた医師の診断を受けたところ前立腺にガンが発見された(後述)。そのため数々の「失言」が槍玉に挙がって批判がヒートアップする前から自分の政権は短命であると自覚しており、「何かきちんとのこさないといけないと思った」という[24]。4年後の論座での証言では癌を理由に「就任時から1年で辞めることを決めていた」と述べた[25]。癌であることが発覚すると首相が二代連続して健康問題に晒されることになるため、森は抗がん剤で症状を抑えつつガン告知を黙ったまま首相を務めることにしたが、論座編集部は『自民党政権交代』のあとがきで指導者という地位が持つ孤独性として印象的であると述べている。『自民党政権交代』では辞意についてプーチンと2001年3月にイルクーツクで行った会談で伝えたのが最初であった[26]。だが、その半年ほど前に『文藝春秋』でのインタビューにて小渕恵三から引き継いだ政治課題を達成したら総理を辞めてもよい旨を語っている[27]。

なお、総裁選を経て首相となった小渕についてはマスコミを絡めて「小渕さんも随分口汚く罵られていましたよね。マスコミ攻撃までも引き継いでしまったようでした」と語っている。また、この不規則登板の中終始バックアップしてくれた人物として政調会長の任にあった亀井静香を挙げ、首相辞任の際に「本当のことを言えず、彼のポストの手伝いも出来なかった」と述べている[28]。

 

 

批判
就任早々、あいさつまわりに訪れた橋本龍太郎元首相の事務所で、「首相動静」について「ああいうのはウソを言ってもいいんだろ」と発言した(真意は後述)。マスコミの抗議に対して森は平身低頭の態度を取らなかったため、マスコミの態度も硬化していった。
2000年5月15日、「日本は天皇を中心とした神の国」と発言し、大きな波紋を呼ぶ。民主党はこれに対し「日本は神の国? いいえ、民の国です」と批判するCMを打った。6月の「無党派層は寝ていてくれればいい」[29] 発言や、10月にイギリス・ブレア首相との会談における「北朝鮮による日本人拉致被害者を第三国で行方不明者として発見する案の暴露」など数々の発言で、「首相としての資質に欠ける」との批判が各層から噴出した。
歴代内閣総理大臣の中で、森ほどマスコミが発言に対する批判を集中した例はなく、ついには総理の資質に欠けるとまでされた。総理大臣官邸での公式記者会見時、総理番記者が森に対し「今問われているのは総理の資質だと思うのですが?」という異例の質問をしたこともあった。
これを見かねた政治評論家の三宅久之衆議院選挙の後、森に「世論の動向を的確に把握するためにも、誰かスタッフを置いたらいかがですか」と手紙を送った。それにより中村慶一郎が広報担当として内閣官房参与という形で加わり、内閣広報官の宮脇磊介と協力して仕事をすることとなった。しかし、「官邸が大部屋方式ではない」「広報官は内閣記者会の窓口に過ぎず政府の広報面での政策形成に関与していない」など組織運営上の問題から、十分な目的は達せられなかった。
中村は、マスコミの質問の仕方にも大きな問題があり、森のマスコミ批判と同じく針小棒大で失言を作り出すことを指摘し「紅衛兵」と揶揄している。また、朝日新聞について「内閣改造の際、テレビ受けを狙い、全閣僚に靖国公式参拝の是非を質問して限られた質問時間を浪費した」と批判した[注釈 7]。当時の「ぶら下がり」担当の記者は首相が歩くのについていきながら質問するスタイルだった(小泉政権より場所を決めて質問を受けるスタイルとなる)ことについても、「金魚の排泄物」と評している。
警察庁出身の秘書官は、李登輝訪日ビザ発給の理由を執拗に聞き続けたある記者の態度を見かね、首相が公邸に入った後に平手打ちを見舞った。中村は、「実力行使は良くないが、憤懣を溜めるような横柄な姿勢を取り続けた記者に原因がある」旨を述べた[30]。

 

森喜朗 - Wikiwand
http://www.wikiwand.com/ja/%E6%A3%AE%E5%96%9C%E6%9C%97