マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【私には無関係】2月20日 茨城県がパンダ誘致構想、来年度調査着手、日立市内の動物園を想定

 2月20日のニュースです。

 

日立製作所と言うのは、今後私はこの企業にお金を出すことは無いわけであり、無関係な企業です。

 

元々、1999年の宮城県大河原地方振興事務所農業農村整備部で、職務上対面した企業であり、

当然それは宮城県組織が調整したものですから、こちらは全く関係ございません。

 

裁判が完了しても、私は茨城県内を訪ねる予定は全く無く無関係です。

別に私とは最初から無関係でしかない。それだけですね。

 

過去に私の父親が中国の四川省に行ったことがあったようです。

時期的には天安門事件の頃でしたかね。

 

要するに、私は農林水産省など人生上相手にしたことはないので、

当然父親すら相手にしていませんから、いくら1972年に初めてパンダが

中国から来日したとしても、これは私とは無関係なわけですね。

当然ですが。

 

ですのでこの関係者が私の名前を口にしていたならば、全て犯罪者です。

 

私は高校時代位ですかね、肌が少し弱いもので、

のちに検査受けた時の結果が「ブタクサ」によるアトピー性皮膚炎と言うことでした。

検査は、1995年以降ですね。

ブログで既に書いていた、泉中央皮ふ科クリニックですね。

 

1995年と言うのは私が宮城県に入った年度であり、

私が皮膚科で検査を受けた年ではありません。

 

ちなみに現行ではこの皮膚科には行っていません。

 

 

そして、地震が私と関係あるとは一切申しておりません。

また私は八木山動物公園は排除済みであり、パンダも観ておりません。

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

2月20日(にがつはつか、にがつにじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から51日目にあたり、年末まであと314日(閏年では315日)ある。


アレルギーの日(日本の旗 日本)
日本アレルギー協会が1995年に制定。1966年のこの日、免疫学者の石坂公成・照子夫妻が、ブタクサによる花粉症の研究からアレルギーを起こす原因となる免疫グロブリンEを発見したことを発表した。


2月20日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/2%E6%9C%8820%E6%97%A5

 

 

 

 

 

 

「相次ぐ地震シェールガスのせい」住民抗議で採掘停止 中国

中国の四川省で25日、マグニチュード4.9の地震があり、これまでに2人が死亡しました。現地では、地震シェールガスの採掘によるものだなどとして住民が抗議し、地元政府が採掘を停止する事態となっています。

中国メディアによりますと、内陸部の四川省栄県で日本時間の25日午後2時15分ごろ、マグニチュード4.9の地震があり、落ちてきたものに当たるなどして2人が死亡しました。

栄県ではこのほか24日から25日にかけてマグニチュード4以上の地震が2回起き、いずれも震源の深さはおよそ5キロとされています。

地元の住民は以前から、シェールガスの採掘によって地震が相次いで起こるようになったと訴え、今回の地震を受けて抗議する人たちが庁舎に押し寄せました。

インターネット上には現地で行われたとみられる大規模な抗議デモの映像が投稿され、住民が当局ともみあったりシェールガスの採掘に反対する横断幕を掲げたりする様子などが映っています。

中国メディアは専門家の話として、地震シェールガスの採掘と関係しているかどうかは確認されていないと伝えていますが、地元政府は県内での採掘の停止に追い込まれる事態となっています。

「相次ぐ地震シェールガスのせい」住民抗議で採掘停止 中国 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190226/k10011828201000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

 

 

 

 

 

茨城県がパンダ誘致構想=来年度、調査着手

2019年02月20日12時45分

ジャイアントパンダのシンシン=2018年11月、東京都台東区上野動物園

 茨城県は20日、ジャイアントパンダの誘致活動を2019年度から始めると発表した。中国からの貸与に向け、専門家らで構成する協議会を立ち上げ、飼育や繁殖方法の調査などに着手。県内最大の日立市かみね動物園での飼育を想定している。県は同年度当初予算案に関連経費を計上した。

〔写真特集〕上野動物園のパンダ

 県内に工場が多くある日立製作所が中国に約150の事業所を置くほか、茨城空港に上海便が就航するなど、県は同国と良好な関係を築いている。科学都市つくば市の技術力を生かしてパンダ繁殖への貢献も目指し、関係を深めたい意向だ。県北地域の振興や、県のイメージ向上につなげる狙いもある。(2019/02/20-12:45)

 

 

茨城県がパンダ誘致構想=来年度、調査着手:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022000605