マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【青森(笑)】青森は、ベネチアよりも魅力的だった 「世界の寄港地ランキング」で4位に、なぜ?【キモカルト】

 はい、キモカルトです。

 

多分さ、4位だから守護数4の太陽の神なんだと思うよ(笑)

 

勝手にやればいい青森観光ですよね。

 

こちらはもう気持ちが悪すぎるので行かないです。

 

 これはバチカンの敗北ではあるのかもね。

でも私は青森は嫌いだからな。

 

 故意に、イタリアとギリシャを抜いているのもポイントだね。

いずれ私は青森は要らないので関係はないことだ。

 

私は東北と北関東は要らないと思っているので。

新天地はここ除きなので。

不愉快なんですね。

 

 食べ物が一々不快で、食べるものがないよね。

もう関東から西に行きます。

目障りなだけ。

 

キノコの産地が不愉快すぎて、食べられる産地が存在しないのですが。

不思議です。

 

どうせ、西に行けば無関係の奴らだしな。

金出して買う価値すら無い。

 

結局ね、大学時代に見せられた出身県は全て捨てればいいだけ。

これが自民党だからな。

 

例えば、大杉神社の話がありますけども、

これを自民党が必死に隠滅しているらしいですね(笑)

 

私は金の回収すれば西に行くので、そもそも大杉神社に頼ったことは人生上ない。

私の人生では別に最初から要らないわけですね。

だから目障りだから土地を捨てれば全て解消でしょ。

関係無いですと示すのに最適な行動ですよね。

 

私は最初から神社はくだらんと半信半疑だったし、現行ではもはや要らない。

それだけの思想ですね。

目障りでしかない。

 

相手にされていないのに誇る無様な様は、常に哀れだよね。

そんなのを宮城県警北署で話して思った。

 

最初から神社ごと相手にしていないのだから自覚しろと言う事ですよね。

この東北熊襲の産地の妄想宗教の「格式が上思想」はどうでもいいかな。

 

単に脳に障害があるんじゃないの?

 

その無様な集大成の一つが、仙台塩釜港仙台港への重油1000Lですから、

あぁ妄想宗教の末路と言う感想しかないですね。

いとあわれ。

 

無能なのに格式だけ誇られても困るよね。

それを専門では「形骸化と言います。

無能ほど、危機が来ると更に儀式に進むので。

でも無能だから同じだよな。

恥ずかしいことだ。

 

私は現在は精神世界では手抜きも良いところでしょ。

連中もあまり触れないようになったな。

盗めば距離を置く戦法か?(笑)

 

 私は2008年の退職時点で仙台藩は捨てていたからね。

そして2011年に3.11でしょ?

 

偶然に08+11年で8月11日ではあるが、

私は退職した瞬間に、仙台藩は捨ててるよ。

 

何処でどう考えれば官側が私に相手にされると思うのか、

脳に障害があるんじゃないか?

 

捨てられたあとに、次は露骨に人権侵害が仙台市役所だからな。

日本で一番劣悪な土地。

 

形骸化(読み)けいがいか
 
大辞林 第三版の解説
けいがいか【形骸化】

 


( 名 ) スル
誕生・成立当時の意義や内容が失われたり忘れられたりして、形ばかりのものになってしまうこと。 「民主主義の-」

 

 

 

 

形骸化(けいがいか)とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E5%BD%A2%E9%AA%B8%E5%8C%96-254448

 

 

 

 

 

NEWS
2019年02月22日 14時48分 JST

青森は、ベネチアよりも魅力的だった 「世界の寄港地ランキング」で4位に、なぜ?

青森ねぶた祭弘前城の桜などが満足度に貢献か

 
2019年はセレブリティ・ミレニアム(写真)を始め、クイーン・エリザベスなどのクルーズ船が青森港に寄港する予定だ=青森市

青森、世界の寄港地ランク4位 ベネチアより上位、なぜ

 日本人向けのクルーズ旅行情報サイト「クルーズマンズ」(https://cruisemans.com)がまとめた世界の寄港地ランキングで、青森港(青森市)が日本でトップの4位に入った。ベネチア(イタリア)やサントリーニ島ギリシャ)を抑えて上位に食い込んだ背景には、青森ねぶた祭弘前城の桜の魅力があるようだ。

 クルーズマンズでは、実際に乗船した客が、寄港地の魅力や船のサービスなどを5段階の星の数で評価。これをもとにした寄港地のランキングでは2月20日現在、1位はリスボンポルトガル)の4・71点、2位がグレイシャーベイ(米アラスカ州)の4・68点、3位がキャスタウェイ・ケイ(バハマ諸島)の4・64点で、青森はこれに続く4・62点で4位。日本ではこのほか、函館(北海道)と小松島(徳島)が4・46点で23位だった。

 青森港については「ねぶた祭りを楽しんだ」「弘前城の桜ツアーは良かった」といった口コミのほか「港で和太鼓のお迎えが素晴らしかった」という声も。青森市の三内温泉を訪れた人や、青森県十和田市奥入瀬渓流を巡ったという人もいた。

 青森市交流推進課の担当者は「驚いたが、うれしく思っている」。地方の港が上位に多く入ったことについて「クルーズ旅行は知られざる魅力を発見していく楽しみがあるのではないか。今後も満足いただけるよう、おもてなしの充実に努めたい」と話した。

 このサイトは元旅行会社社員の脇本香奈さん(29)が昨年12月に開設。「『クルーズ旅行は費用が高く、シニア層向けの旅行』という日本のクルーズ旅行への誤解を解くきっかけにしたかった」という。試用版ができた昨年3月から会員を募集し、現在約1千人が登録。日本語表示のため、会員の多くは日本人とみられる。

 脇本さんは寄港地ランキングについて「寄港地ごとに独自の良さがあり、個人の趣味嗜好(しこう)も異なるので、あくまで補助的な役割」。一方、「これまで日本には体系的にクルーズ旅行の情報を得ることができるウェブサービスがなかった。実際に乗船した人の体験談を読んで、クルーズ旅行の良さを知ってほしい」と話している。(中野浩至)

朝日新聞デジタル 2019年02月22日 13時06分)

青森は、ベネチアよりも魅力的だった 「世界の寄港地ランキング」で4位に、なぜ? | ハフポスト
https://www.huffingtonpost.jp/entry/aomori_jp_5c6f8584e4b06cf6bb2424d9