マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠

 2月22日のニュースです。

 

明石家さんまの師匠であった笑福亭松之助が本日死去だそうです。

神戸市生まれ、そして明石ですので、まぁ蝋燭が消えましたね。

 

私は本日は栗駒総合支所に対して電話を入れました。

心底父親がウザかったので、自治体に電話して栗駒の排除をしたんですよ。

 

元々ね、明石家さんまへは私の家系は栗駒を通して繋がっておったので。

過去にですね。

 

テレビは私の人生を潰したので、あとは知らんわけですよ。

そのような無礼な産業と言うことでしょ?

 

だからその流れでしょうね。

 

平成なんてのはまともなテレビではないし、大方大御所の人らが引退したら、

終わりにしたらいいさ。

観る価値は無い。

 

 そういうことで、下記のニュースは20時01分が最初で三塚博ですね。

これ(801)使って私は来年に裁判はするわけで、

本日は美里町にもちゃんと正式に電話であいさつはしましたから。

 

そもそも私が電話すれば役場は黙って聞くしかないからな。

 

よくここまで侮辱してくれたもんだ。

 

あとは合法の中で、カルトは殲滅するだけだ。

焼け野原が私の目的ではあるね。

 

そもそも私は武家なんだから。

 

あとはテレビは五輪共々寄りついて貰わなくていいのでね。

だって目的は私の始末だったろうから。

自民党と組んでね。

 

こちらがそもそもテレビは観る価値は無いと思っているので。

観て貰いたければそれなりの努力をするのが人としての努めだな。

こちらは最初から要らん話。

 

 


落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
毎日新聞2019年2月22日 20時01分(最終更新 2月22日 20時54分)


  
 ひょうひょうとしたとぼけた味わいや人気タレント、明石家さんまさんの師匠としても親しまれた、上方落語界最長老の落語家、笑福亭松之助(しょうふくてい・まつのすけ、本名・明石徳三=あかし・とくぞう)さんが22日、死去した。93歳。喪主は長男の落語家、明石家(あかしや)のんき(本名・明石弘之=あかし・ひろゆき)さん。

    

 神戸市生まれ。1948年に五代目笑福亭松鶴に入門、二代目松之助を名乗る。五代目松鶴がすぐに他界したこともあって、演劇の分野にも進出。宝塚新芸座や吉本新喜劇で喜劇役者として舞台を踏んだほか、明石光司のペンネームで脚本や新作落語なども書いた。

 一番弟子のさんまさんが落語家よりもタレントに向いていることを見抜き、活動しやすいよう、「笑福亭」の亭号を返上させる代わりに、自分の本名から「明石家」の家号を授けた。

 落語の得意ネタは「三十石」「らくだ」「野崎詣(まい)り」。俳優としてはNHK連続テレビ小説まんてん」「わかば」や映画「学校の怪談4」「パッチギ!」などに出演。90代を迎えてからも、半生をつづった「草や木のように生きられたら」(ヨシモトブックス)を出版。さんまさんが司会するバラエティー番組にも出演し、元気な姿を見せていた。

 

落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190222/k00/00m/040/255000c