マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

「スーパームーン」は地震の引き金!? 直前に列島で震度3を2回観測

 こんなニュースを見ると、

え?何言ってるの?この人ら。

 

私の感覚ではそんな感じです。

 

 情報弱者は、こんなニュースを有り難く観ていればいいしね。

延々ね。

 

研究者も飯の種は見つけていると思うので、

それで進むとは思います。

プレートテクトニクスはお馴染みですのでね。

私は地震は大体は起きれば確認しますね。

 

今は大分観なくなったなぁ。

 

 

 

 

スーパームーン」は地震の引き金!? 直前に列島で震度3を2回観測

 19日から20日の深夜に月が地球に最も近づいた状態になる「スーパームーン」という現象が各地で観測された。大きな満月という魅惑的な光景の一方、地球と月の間の引力と地震の関連性を指摘する声もある。19日には鹿児島県と長野県で震度3の地震が発生したが、専門家はどうみるのか。

 国立天文台のホームページによると、20日午前0時54分、地球から観測される月は今年最大の満月となった。満月の瞬間の地心距離(地球の中心と月の中心の距離)は約35万7000キロだったとされる。

 ここで気になるのは直前に列島を襲った地震との関係だ。19日午後5時10分ごろに鹿児島県奄美大島近海でマグニチュード(M)4・1、同午後9時4分ごろに長野県北部でM4・5の地震が発生。ともに最大震度3を観測した。

 東大の研究チームは過去に、2004年のスマトラ島沖地震や10年のチリ地震、11年の東日本大震災などM8・2以上の巨大地震12例のうち9例は、月の引力が強かった日だったとしている。

 夕刊フジで「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」(毎週木曜)を連載する武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏は「地球に与える引力(の強さ)とはいえ、何万分の1という規模なので、プレートが押す力の方が大きく、大地震そのものの引き金とは言い難い。ただ、今回の奄美と長野はもともと地震の起きやすい地域だ。プレートで地震が起きそうなギリギリの時に引き金になった可能性はある」と話した。

 

 

スーパームーン」は地震の引き金!? 直前に列島で震度3を2回観測 - zakzak
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190220/soc1902200013-n1.html