マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【50年が終わった無能の集まり】農林水産省主導の「豚コレラ正常国崩壊」【神風の終わり・ステータスを捨てる決断】

 私は前から50年の政治が全て終わったとこのブログで書いていました。

 

結局はその通りになりましたね。

 

この方々の新嘗祭は全てデタラメであった。

一つの真実かなと思いました。

 

ニュースを読めば1992年が要。

やはりスペインの太陽であるバルセロナ五輪でしたね。

ここが浅野史郎の出発点だろうからね。

 

自民党仙台藩がケツを拭くでしょ。

 

こちらは無視でOK。

 

発生した場所は豊田市だから、これは自民党の政治の終わりを示しているだけ。

他に何も無い。

 

くだらない、価値の無い連中の相手をしていても、良い事は何も無いと言う事柄を教訓として学べるわけですね。

 

平成は世襲の無能が政治をやっているのはその通り。

誰でも分かる話で、相手にしない方がいいですね。

 

 

 

「日本から豚がいなくなる」も…なぜワクチン打たず? 豚コレラ拡大の悲痛の中で苦悩する政府

カテゴリ:国内

 

1887年(明治20年)の日本で最初の発生以降、豚コレラは国内各地で甚大な被害をもたらしてきた。しかし1969年に有効で安全なワクチンが実用化され、組織的なワクチン接種を推進したことで、発生は激減。1992年の熊本県での発生を最後に国内での発生がないことから、他の養豚先進国と同様にワクチンを用いない防疫体制の確立を目指し、徐々にワクチン接種を中止した。そして最後の感染確認から15年後、ワクチン接種の全面中止から1年後の2007年に、国際獣疫事務局(OIE)の規約に従い日本は「豚コレラ清浄国」となった経緯がある。この世界的なお墨付きによって、日本産豚肉を輸出する道が開けることになった。

こうして「豚コレラ汚染国」脱却に長い年月と労力を要したにも関わらず、今回ワクチン接種に踏み切れば、再度「汚染国」に逆戻りすることになり、自民党関係者からも「ここまで積み上げたステータスを全て捨て去ることになる」との悩ましい声が漏れてくる。

19日に自民党で開催された、養豚農業振興議員連盟の会合でも「ワクチン接種」を求める声が出席者から挙がったが、一方で仮に野生のイノシシが媒介となっているならば、管理している豚と違ってどう対応できるのといった懸念の声も挙がった。

 

「日本から豚がいなくなる」も…なぜワクチン打たず? 豚コレラ拡大の悲痛の中で苦悩する政府 - FNN.jpプライムオンライン
https://www.fnn.jp/posts/00426880HDK