マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【三位一体の改革】英ダイソン、本社をシンガポールに移転へ【自民党の成果】

 1300回目の記事です。

 

タイトルの内容ということだそうです。

色々と動くこのご時世ですね。

 

ハリーポッターの1995年から、現行で随分と変わったとは思いますね。

 

ハリーポッターの全盛期から、やはり見る影も形もないと。

諸行無常ですなぁ。

 

個人的には、賢者の石は映像美はあるけども、ストーリーはお子様だった(笑)

チェスとか出てきて、ハンター×ハンターの富樫の下で10年間修行積めと思いました。

つまらん。あれ。

2時間半の映画でチェスで時間割くとかね、アイデアなくて可哀想と思った。

 

この原作の人は、生活保護から一躍大金持ちだから、運はあったんだろうね。

世の中に貢献した人ではあるのだろう。

こちらは人生潰されたので、わざと比較しているだけ。

 

 

 

 

ハリー・ジェームズ・ポッターHarry James Potter)は、J・K・ローリングの小説ハリー・ポッターシリーズ、およびその派生作品に登場する架空の人物で魔法使いである。

来歴[編集]

1980年7月31日ゴドリックの谷に住む魔法族のポッター家に、長男として生まれる。

1981年10月31日[1]、ポッター家をヴォルデモートが襲撃する。これはハリーが生まれる少し前、シビル・トレローニーアルバス・ダンブルドアに対して「ヴォルデモートを打ち破る者」の誕生を予言し、その予言の一部を盗み聞きしたセブルス・スネイプを通して自身を倒す可能性を秘めた者の存在を知ったヴォルデモートが不安因子を排除しようとした末の行動であった。

家を襲撃してきたヴォルデモートに対し、父ジェームズは家族を守るべく戦おうとするが死亡。その後、母リリーも息子を護ろうとして亡くなるが、この時、母の愛情に基づいた自己犠牲が呪いに対する防御魔法として作用し、ハリーを襲ったヴォルデモートの「死の呪い」を跳ね返した。その結果、当時1歳だったハリーは額の傷1つだけで生き残り、逆に弱体化したヴォルデモートは失踪した。

魔法界はヴォルデモートの失踪を喜び、ハリーを「生き残った男の子」 として英雄視するようになる。一方で当のハリーは、母の血縁と同居すれば母の血の守りが継続するというダンブルドアの計らいで、伯母ペチュニア・ダーズリーの家に預けられ、以降、17歳(魔法界の成人年齢)になるまで伯母一家と同居することになる(住所はサレー州リトル・ウィンジング[2]、プリベット通り四番地)。しかし、ダーズリー家は魔法に対して頑ななまでに否定的な態度を取っており、ハリーは両親や自分が魔法使いであることを知らされないまま、伯母一家の冷遇に加え虐待を受けながら育った。

1991年7月31日(ハリーの11歳の誕生日)、ホグワーツ魔法魔術学校への入学案内書を手にやってきたルビウス・ハグリッドから自身が魔法使いであることを知らされる。そして9月1日、ホグワーツ魔法魔術学校に入学する[3]

ja.wikipedia.org

 

 

ja.wikipedia.org

 

7月31日(しちがつさんじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から212日目(閏年では213日目)にあたり、年末まであと153日ある。7月の最終日で
ある。誕生花はカボチャ、ビョウヤナギ

781年(天応元年7月6日) - 富士山噴火の最古の記録。

1919年 - ドイツ議会がヴァイマル憲法を採択。

1952年 - 天皇・皇后が戦後初めて明治神宮に参拝。

1973年 - NHKが本部機能を渋谷の放送センターに移転。

1985年 - 日本海軍の戦艦「大和」が東シナ海の海底で発見される。

7月31日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/7%E6%9C%8831%E6%97%A5

 

 

 

 

英ダイソン、本社をシンガポールに移転へ EU離脱は無関係と

James DysonImage copyrightGETTY IMAGES
Image captionダイソン創業者のサー・ジェイムズ・ダイソン

イギリスの家電メーカー、ダイソンは22日、本社をイギリスからシンガポールへ移転すると発表した。

これにより、ジョーン・ジェンセン最高財務責任者CFO)とマーティン・ボウエン最高法務責任者(CLO)がシンガポールへ移動する。その他の業務は現在、本社があるイングランド南西部ウィルトシャーのマルムスベリーに残り、人員整理も行わない予定だ。

ジム・ローウェン最高経営責任者(CEO)は、イギリスの欧州連合EU)離脱や税制が移転の理由ではないと述べ、「最大の機会が望める場所で事業を継続できるようにするためだ」と説明した。

「売り上げの面では、アジアで成長機会が加速している。アジアからは常に収益があるため、そこに最大限、注力するとともに、投資にも注視する」

「ダイソンはグローバル・テクノロジー企業と呼んで差し支えない。実際、グローバル企業になってから結構な時間がたっている。成功する最近の企業の大半はグローバルだ」

イギリス拠点の行く末は?

ダイソンはすでにシンガポールにオフィスを持ち、昨年10月には新しい電気自動車(EV)を現地工場で製造する計画を明らかにしている。

ダイソン製品のほとんどはイギリスで設計されているが、製造はアジア圏で行われている。

こうした中でローウェンCEOは、イギリス国内の拠点にも引き続き投資していくと強調した。

ウィルトシャーのハラヴィントンに新たな自社ビルと試験施設を建設し、これに2億ポンド(約284億円)を投じる。また、マルムスベリー本社の改装と研究施設の設置に4400万ポンド、同じ敷地内にある大学「ダイソン・インスティテュート・オブ・テクノロジー」の学生に3100万ポンドを投資する。

「マルムズベリーは我々の中心にある場所で、イギリス全土でも投資を続けていく」とローウェンCEOは話した。

また「税制の違いは取るに足らない問題だ」、「世界中で税金を支払っているし、引き続きイギリスでも納税する」と説明した。

今後、ダイソンは法人登記をシンガポールに移す予定。

 

英ダイソン、本社をシンガポールに移転へ EU離脱は無関係と - BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/46968640