マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

カトリック聖職者の8割は同性愛者、秘密主義で虐待正せず

  2月17日のニュースです。

8割は同性愛者?

 

男だけ?

女も?

 

知らないですけども。

 

 

個人的に児童売春てのはまだ理解出来るんですけどもね。

18歳未満の女性ね。

 

そもそも日本でも武家社会であれば、小学校6年頃で大方嫁ぎ先は決まっていたでしょ。

それは教育上問題があると言う事で現行では18歳が作られた。

結婚は女性は16歳だけど、いずれ18歳ですね。

 

 

でも、ホモはですね、この趣向は生産性がない趣味でしょうからね。

仕事で稼ぐのは別に置いておいて、ちょっと見えない場所でやってくださいとしか・・。

 

公園でキスも、カップルならば少しは様になるでしょうが、男同士でそれはですね。

未来永劫周りからニコニコと羨んで視線を送られることはないだろうなと・・。

 

男がボディービルダーとか観れば、

「凄いマッチョ、自分もそんな体になりたい」と誰でも羨むけども、

抱かれたいかは別な問題ですわ(笑)

 

これが腐女子が描くやおい(801)の世界ですね。

全て三塚博(8月1日)で完成されているので、私はお断りかな(笑)

 

そもそも、

普通の性でも、女王様の僕とか、亀甲縛りとか、ろうそくとか、木馬とか、

あれらは別な世界だからね(笑)

あんなのがノーマルと言われても困るわけだが・・。

 

 

まぁ、ホモ宗教分かります。

処女懐胎だから、性欲を女性に向けることが出来ずに、未成年男児のみだったと言う事だ。

米国の女性はマジでSEXしていないのに妊娠したと言っているからな。

そもそもキリストはSEX禁止だし。

歴史がよく分かるわな。

 

 

 

 

カトリック聖職者の8割は同性愛者、秘密主義で虐待正せず 仏社会学者が新著

2019年2月17日 16:42 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ]
カトリック聖職者の8割は同性愛者、秘密主義で虐待正せず 仏社会学者が新著
パリ市内で行われた同性婚反対派のデモに、旗を持って参加するカトリック教会の神父(2013年5月5日撮影、資料写真)。(c) LOIC VENANCE / AFP

【2月17日 AFP】カトリック教会の聖職者階層に同性愛がかなり広がっており、このことが「あらゆる側面から教会をゆがめている」と論じる新刊書が、近く発売される。

 フランス人社会学フレデリック・マルテル(Frederic Martel)氏は570ページの新著「In the Closet of the Vatican(同性愛を隠すバチカン)」で、カトリックの聖職者5人のうち4人は同性愛者だと指摘している。同氏は4年かけて1500人を超える神父や司教、枢機卿への聞き取り調査を実施。非常に多くの聖職者が「二重生活」を隠している反動で、教会は「恥でゆがんだ」状態となり、不祥事を隠蔽(いんぺい)する行動様式から抜け出せなくなっていると述べた。

 

 マルテル氏はAFPに対して、「バチカンカトリック教会)はほとんどが同性愛者だという事実を取り巻いている秘密主義の文化」は、教会が過去50年間に取ってきた「道徳上の立場」の大部分を読み解くカギであるとともに、「教会をあらゆる側面からゆがめている原因」だと指摘。「フランシスコ法王(Pope Francis)は教会の中心にうそ、二重生活、偽善があるようになってしまったと言ったが、私はどうしてそうなったのか解明しようと試みた」と説明した。また、こうした教会の体質が、家族計画への反対から児童虐待まで「重大な結果を招いている」との見解を示した。

 マルテル氏によると、性をめぐる考えや行動が加速的に変化した1960年代と70年代に、カトリック教会は、内部の秘密を隠すため同性愛嫌悪の表現を強めざるを得ないと考えるようになったという。

■守られる虐待聖職者

 秘密主義の行動様式がもたらした最も破壊的な副作用は、教会を根幹から揺るがしている児童への性的虐待の不祥事に影響が波及したことだと、マルテル氏は指摘する。「性的虐待と同性愛の間に関連性は一切ない」ものの、「虐待に関与した神父らを極めて強力にかばっているのは、不祥事がメディアで暴かれることを警戒している同性愛者の司教たちだ」と主張し、「教会は内部の同性愛を隠蔽する文化をつくり上げた結果、虐待も隠蔽する結果を招いた」と述べた。その上で「こうして教会は大きく道義から外れた。だからこそ変革の可能性は、聖職者の独身制を変えること以外にない」と明言した。

 マルテル氏の新著は20日、20か国で出版される。(c)AFP/Karine PERRET, Fiachra GIBBONS

カトリック聖職者の8割は同性愛者、秘密主義で虐待正せず 仏社会学者が新著 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3211515?act=all

 

 

米女性200人に1人が「処女懐胎」を告白、調査

2013年12月18日 11:10 発信地:パリ/フランス [ ヨーロッパ フランス ]
米女性200人に1人が「処女懐胎」を告白、調査
フランス南西部イゴサンサトゥルナン(Ygos-Saint-Saturnin)で撮影された妊婦(2011年3月19日撮影、資料写真)。(c)AFP/LOIC VENANCE

 

【12月18日 AFP】米国の若い女性を対象にした調査で、200人に1人が処女のままで妊娠したと回答したという、驚くべき結果をまとめた論文が、17日の英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical JournalBMJ)で発表された。

 米国の若者の性と生殖に関する健康についての長期調査に参加した7870人の女性のうち、約0.5%に当たる45人が、膣性交の経験がないにもかかわらず妊娠したと答えたという。

体外受精IVF)で妊娠したとの回答はなかった。45人の中には、「流産などで胎児を失ったとの回答もあった」という。

 
 

 論文は1995~2009年にかけて行われた「若者の健康に関する全米長期調査(National Longitudinal Study of Adolescent Health)」に基づいたもの。同調査の参加者は、対面式ではなくノートパソコンを通じて、性行為や妊娠、避妊方法についての知識、宗教的背景などに関する定期的なアンケートに答えた。

 調査に参加した女性たちの親にも性行為や避妊についてどのくらい娘と話をしたか尋ねたほか、女性たちが通った学校にも、学校の授業での性教育の割合などを質問した。この調査は米国の社会的・民族文化的背景をよく反映した信頼のできる調査だと見なされている。

 

■『童貞の父』も

 調査の結果、「処女懐胎」グループのうち3分の1に近い31%が「貞節の誓い」をたてていたことが分かった。貞節の誓いは、婚前性交渉に反対する保守派キリスト教団体が推奨することが多い。

 

 膣性交による妊娠を認めたグループで貞節の誓いをたてていた人は15%だった。また、自分は処女だと答えた女性の21%が貞節を誓っていた。「処女懐胎」グループが出産した時の平均年齢は19.3歳で、そうでないグループの21.7歳に比べ2歳以上若かった。

 論文の主執筆者、米ノースカロライナ大学チャペルヒル校(University of North Carolina at Chapel Hill)のエイミー・ヘリング(Amy Herring)教授(生物統計学)はAFPの電話取材に応じ、調査対象者に直接「あなたは処女懐胎しましたか?」と尋ねたのではなく、性や生殖についてのさまざまな質問からそのような結果が導かれたのだと述べた上で、今回の研究で性教育についての興味深い示唆が得られたとともに、性生活についての正確なデータを取るのがいかに難しいかが明らかになったと話した。

「簡単明瞭な質問だと私たちが思ったものでも、女性たちの中には意味を取り違えたり、間違った解釈をしたりして、誤った年を答えるなどした人がいた。また、何らかの理由で性交渉をしたことを認めたがらない人もいた。率直に答えてもらえるよう(ノートパソコンなどの)技術も使ったが、それでも非現実的な回答はあった」

「さらに数週間前、この現象が女性のみに限られるのかを調べたところ、『童貞の父』も数人見つかった。さらに理解に苦しむ発見だ」(c)AFP

 

米女性200人に1人が「処女懐胎」を告白、調査 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3005280