マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【白鳥大明神】私は仙南なんて最初から相手にしていない。自民党と農水省に騙されて拉致されただけ

 これは一つの正論ですよね。

1998年度の当初の時点で私は招かざる客ではあったんですよね。

宮城県大河原地方振興事務所ですね。

 

私は農林水産省らに人生を歪められて入庁したので、

世襲と言うのは不快でしかないですけど、そのように騙されたわけですね。

 

私は官に騙されて宮城県庁の門を叩いただけでしょ。

 

当時はネットも無かったので情報を得る道具がなかった。

だから社会が分からない。

そのような不幸なのがテレビ世代であると思います。

私はね。

 

まぁ私はテレビゲームで遊んでいただけの人間だったので、

当然学力偏差値は低いレベルなわけで、

しかしながらそこは雑学を吸収すればカバー出来ただろうね。

キチガイに監視されなければの話ですね。

 

あんな学業時代の糞勉強はまさにどうでもいいですけども、

それなりに後悔しているのは、パソコンばかりだったので字が書けない

今は日記を付けるようになって、それで少しずつ覚えて行っていますね。

 

結局、私は馬鹿の相手をする必要は無いから辞表を出したわけですよ。

そして投機に流れたこのスキルが雑学ですね。

適応力だ。

 

でもこちらは縦割りの犯罪者どもに、その業務を妨害されたんですね。

あいつらは頭がおかしいからね。

 

だから最後はこちらが提訴するのは明らかな話でね。

常にこちらは業務妨害を縦割りから受けていたわけだ。

その犯罪のオンパレードが特に2009年からの10年間すからね。

私はこの時代の仙台は全てが要らないし、当然平成での仙台もこちらは要らないですよ。

 

 新しい人生、新しい出会いをシロアリ共に10年間人権侵害を受け、妨害されていただけ。

蛆は生きている価値はあるのですか?

と問いたいですね。

 

そもそも独立出来ない存在こそが蛆じゃん。

 

それで蔵王がせっせとうどんを運ぶ意味がわからんでしょ。

神社に奉納するか、羽生に食べて貰えばいい。

 

常に私は存在は全く関係は無いと言うことですね。

 

その集落には住んでいないし、延々と訳の分からない信仰の相手をするわけがないわな。

他人が作った宗教なんて興味は無いし、どうでもいい。

 害があった瞬間に切り捨てな。

疫病神じゃん。

 

 最後には、キチガイ思想思想良心の自由信教の自由に反して、裁判沙汰になるからな。

新興宗教に多いやつ。

 

既に電話で口頭により宮城県神社庁は排除済みなのに、

それで蔵王の麺が私の目の前に現れるのだから、

これがキチガイの皆様だ。

 

頭がおかしい土地では会話が成立しないからね。

私が10年前に土地捨て開始したのも当然だわ。

東北熊襲の産地だからな。

 

更にこれは地元がやっているのではなく、無関係のキチガイカルトじゃん(笑)

わかりきったことであり、五輪ははよ死ねだけだよね。

でも仙南仙南シンケンファクトリーとかこさえていたので、人としてはもう相手にしていないが。

 

切られた中身の無い儀式ほど哀れなことはない。

 

これは儀式で神的な存在を召還しても、食われて終わりのタイプだな。

流石は熊襲ですな。

知的水準に驚き。

 

結局人は押しつけよりも、選んで貰うように日々努力ですね。

基本的な倫理思想が破綻したのがそんなのを繰り返す。

 

特に、私は閉鎖病棟に入る前に

私の生活圏から「けやっきー」と「むすび丸」の宮城県のCMは外せと

宮城県農林水産部にクレーム入れたことがありましたが、

「嫌ならば利用しなければいい」との回答でしたので、

現行で私は宮城県以外の米を食べていますね。

別に食べる価値の無い米を買う必要は無い。

 

結局、賠償金も払う気が無い当時の仙台であったから、

なぜこちらが向く先を変えて、投機、新天地へ転居と作業を始めたのに、

妨害されて、秋葉けんやや村井嘉浩が喜んでいるのか理解出来ん。

脳に障害があるからでしょ。

 

そんなわけで、私はこの整骨院の前の道路は絶対に通らないことにしました。

要らない道路じゃん(笑)

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

matome.naver.jp

 

鋼の錬金術師(はがねのれんきんじゅつし)は、荒川弘による日本漫画作品。また、それを原作とした派生作品。『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス[1])にて、2001年8月号から2010年7月号まで連載された。全108話。同年10月号には番外編が掲載された。略称は、『ハガレン』等。

2017年11月の時点で世界累計売上部数は7000万部を超え[2]スクウェア・エニックス発行のコミックスとしては最高記録となる[3]

連載終了から7年後にあたる2017年6月12日更新分からガンガンONLINEにてリバイバル連載がスタートした。

 

ja.wikipedia.org

 

 

ja.wikipedia.org