マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

2月16日の太陽活動

 2月16日の太陽活動です。

 

黒点は0個。

コロナホールは前自転周期よりも小さくなっているみたいです。

ということは一ヶ月前よりも活動は弱くなっている?

 

 

-------------------------------------------------------------------------------
TXT 
-------------------------------------------------------------------------------
Filename: EISN_current.txt
Format: plain ASCII text

Contents:
Column 1: Gregorian Year 
Column 2: Gregorian Month
Column 3: Gregorian Day
Column 4: Decimal date
Column 5: Estimated Sunspot Number
Column 6: Estimated Standard Deviation
Column 7: Number of Stations calculated
Column 8: Number of Stations available

2019 02 01 2019.086 0 0.0 19 19
2019 02 02 2019.089 0 0.0 20 20
2019 02 03 2019.092 0 0.0 30 31
2019 02 04 2019.095 0 0.0 25 26
2019 02 05 2019.097 0 0.0 22 22
2019 02 06 2019.100 0 0.0 21 22
2019 02 07 2019.103 0 0.0 28 29
2019 02 08 2019.105 0 0.0 21 22
2019 02 09 2019.108 0 0.0 28 28
2019 02 10 2019.111 0 0.0 16 16
2019 02 11 2019.114 0 0.0 28 31
2019 02 12 2019.116 0 0.0 28 29
2019 02 13 2019.119 12 1.4 17 27
2019 02 14 2019.122 0 0.0 30 32
2019 02 15 2019.125 0 0.0 35 36
2019 02 16 2019.127 0 0.0 26 26

 sidc.oma.be/silso/DATA/EISN/EISN_current.txt
http://sidc.oma.be/silso/DATA/EISN/EISN_current.txt

 

Sunspot Number | SILSO
http://sidc.oma.be/silso/datafiles

 

 

2019/ 2/16 13:04 更新
太陽風は平均的な速度に戻りました。磁気圏も静穏です。

担当 篠原

太陽風の速度は400km/秒まで下がり、
平均的な速さに戻っています。
磁場強度は、3~4nTとやや弱くなっています。

磁場の南北成分は、0nT付近で小さく変化する程度です。
磁気圏は更に穏やかになり、AE指数のグラフでは、
小さい変化が時々起きている程度です。

27日周期の図で前周期の変化を参照すると、
これから3日程度、低速の穏やかな太陽風が続きそうです。

その後、前周期は1月23日から高速の太陽風が始まっています。
SDO衛星AIA193の太陽写真でコロナホールの広がりを比較すると、
現在のコロナホールは前周期よりもかなり縮小している様です。
その縮小した領域が太陽の中心線付近にあるので、
3日後くらいに影響が始まりそうですが、
どの程度の変化がやって来るでしょうか。

前周期は600km/秒まで速度が高まりましたが、
今回はこれよりも弱まっているかもしれません。



太陽は無黒点で、穏やかです。
SDO衛星AIA193では、
太陽の東端(左端)近くに明るく光る領域があり、
可視光写真でも白斑が見えていますが、
黒点はできていない様です。



2周期前(54日前)、1周期前(27日前)、現在のコロナホールの様子。SDO衛星AIA193。
(c) SDO (NASA)、作図:宇宙天気ニュース


SDO衛星のAIA193カメラによる太陽コロナの様子
(c) SDO (NASA)



SDO衛星による太陽の可視光写真
(c) SDO (NASA)



DSCOVRが観測した太陽風の磁場(1番上の枠、黒線は全体の強度、赤線は南北成分)
および、太陽風の密度(3番目の紫線)、速度(4番目の青線)
(c) データ:NOAA/SWPC、作図:宇宙天気ニュース



AE指数(速報値)
下段のAEグラフの値が高くなると、オーロラ活動が活発化しています。
(c) 京都大学WDC




27日の太陽周期に合わせたデータプロット
太陽が同じ面を地球に向けていた27日前の変化から、今後を予想することができます。
(c) 作図:宇宙天気ニュース
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
φ (度)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
φ (度)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr
GOES衛星の太陽X線データ
(c) NOAA/SWPC




  宇宙天気ニュースは、
  鹿児島工業高等専門学校にWebサーバを設置しています。

 

 

http://swnews.jp/2019/fig/1902161304_27d_all_2.png

http://swnews.jp/2019/fig/1902161304_27d_all_3.png

 

宇宙天気ニュース
http://swnews.jp/