マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【スペインの太陽】「ドナー登録を!」 白血病克服の浅野前宮城県知事が呼びかけ【東京五輪】

 2月15日のニュースです。

 

ドナーと言うのはほぼ血縁関係者なのでしょうね。

 

このレベルだと確率論で、運なのかもね。

私は孤立したので、関係の無い話かね。

薬飲まされていたわけですからね。

 

本日は、買い物に行ったら「浅野の方が頭が悪いんだね」とか言っていました。

知らんけども色々と噂が回っているみたいですよ。

 

 

 

 

2.ドナーの数は足りないの?

ドナーが見つかる確率は数百~数万分の1(非血縁者の場合)

赤血球にA・B・O・ABという4種類の血液型があるのと同様、白血球にもHLA型(※1)といわれる型があり、その組み合わせは数万通りも存在します。
造血幹細胞移植を行うには、提供する方と患者さんのHLA型が適合している必要があります。しかし、その確率は兄弟姉妹間でも4分の1、血がつながっていない非血縁者(他人)間になると数百~数万分の1と極めて低いため、近親者にHLA型の適合者がいない場合に、患者さんが独力でドナーを探すことは至難の業です。

www.jshct.com

 

 

 

「ドナー登録を!」 白血病克服の浅野前宮城県知事が呼びかけ
2019年2月15日 21時00分

競泳の池江璃花子選手が「白血病」を公表し、各地で「骨髄バンク」にドナー登録をする動きが広がる中、みずからも白血病となり骨髄移植を受けた前宮城県知事の浅野史郎さんが都内で講演しドナー登録の重要性を訴えました。

浅野さんの講演会は15日午後、東京都赤十字血液センターで開かれ、約80人が参加しました。

平成5年から3期12年にわたって宮城県知事を務めた浅野さんは、平成21年に白血病と診断され、その後、骨髄移植を受けて回復し、現在は神奈川大学で特別招聘教授を務めています。

浅野さんは、白血病と診断された当時について、「担当の医者に『骨髄移植しかない』と言われて、足がガクガク震え、目の前が真っ暗になった」と振り返りました。

そして、骨髄移植をして回復したことについて、「退院して久しぶりに自宅に帰ったあと、私を救ってくれたドナーに対して心から感謝して眠りについた。ドナーは“究極のボランティア”だ。私は幸運にも骨髄移植ができるドナーが見つかったが、移植できるケースを増やすには1人でも多くの登録者が必要だ」とドナー登録の重要性を訴えました。

講演のあと、取材に応じた浅野さんは、池江選手が白血病と診断されたことについて「詳しい診断結果が出ていない段階で骨髄移植が必要かどうかはわからないが、何かしてあげたいと思う人がいるならば、声をかけたり手紙を書いたり、ドナー登録をしてほしい。池江さんには『大丈夫、安心してください』と伝えたい」と話していました。

 

「ドナー登録を!」 白血病克服の浅野前宮城県知事が呼びかけ | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190215/k10011816811000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_017