マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【これが平成・欠陥自民党スペインの太陽(5月15日神の国発言)】すがすがしい自虐っぷり…「志摩スペイン村」のサイトが話題なので担当者に聞いた【清々しい自虐と哀れ過ぎて閲覧者同情(惨め)】

 

 2月14日のニュースです。

 

タイトルでは自虐とされていますが、これは担当者曰く自虐ではなくて事実と言う事です。

まぁ誇張するとイカサマになるので、真実を記載することは正しいですね。

 

これ、結局は自民党のストーリーであり、1999年8月13日の国旗国歌

完全にスペインの太陽であるエルナン・コルテスに切り替わっているのですから、

大和魂ではないキチガイ共乙と言う事で切り離しは当然ですね。

 

そりゃ精神分裂病の相手はしないですわ。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

www.kobe-np.co.jp

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

http://i.gzn.jp/img/2017/12/26/winter-solstice-illuminations-spanish-missions/00_m.jpg

gigazine.net

 

https://st3.depositphotos.com/1713439/15013/i/1600/depositphotos_150139740-stock-photo-sun-mosaic-at-the-parc.jpg

jp.depositphotos.com

 

 

ja.wikipedia.org

 

すがすがしい自虐っぷり…「志摩スペイン村」のサイトが話題なので担当者に聞いた

カテゴリ:暮らし

 

  • とにかく人が少ないことを最大限にPRし話題
  • ツイッター上では「もう行ってあげたい」との声も
  • 「ターゲットである学生のツイートを参考に」

「自虐ネタに走った」と話題

三重県にあるテーマパーク「志摩スペイン村」をご存知だろうか。
1994年に開業し今年で25周年を迎える、三重県を代表するテーマパークなのだが、ホームページ上に自虐ネタとも思える内容が掲載されていると、ツイッターで話題になっている。
それがこちらのページだ。

志摩スペイン村HPより

1. 並ばないから乗り放題「何回乗れるかな?」
待ち時間ほぼゼロ!全28機種のアトラクションを好きな時間に好きなだけ乗り回せる!

志摩スペイン村HPより

2. 空いてるから映え放題
インスタ映えするスポットがたくさん!人が少ないから人の映り込みナシ!Photo & movie 撮り放題!

志摩スペイン村HPより

3. ライバルが少ないから目立ち放題
スペイン人ダンサーに混ざって踊れたり、気合次第でショーの主役にもなれちゃう!恥ずかしい?皆で挑めば忘れられない思い出に!

志摩スペイン村HPより

4. 距離も近いから仲良し放題
キャラともスペイン人ともお近づきになり放題。3回会ったらもうマイメンレベルなんてw どこぞの施設ではありえない2shotも撮り放題!


中々にボリューミーなスクロールをたっぷり使って、とにかく伝わってくるのは人が少ないというポイントだ。ツイッター上でも以下のような、多くの反応が寄せられていた。

・このすがすがしい自虐っぷり、嫌いじゃないw
・三重なのに全く見栄をはってないところがすごい
・もう行ってあげたい
三重県民として複雑すぎるww


確かに自虐ページのようにも思えるが、担当者はどういう意図でこのページを作成したのだろうか。志摩スペイン村の広報宣伝担当・柴原さんにお話を聞いてみた。

「あくまで自虐ではなく事実」

ーーTwitterで自虐ページと話題になっていることは知っていた?

昨夜、知人からトレンドに入っているという連絡があり、知りました。「なんで?」が正直な感想です。びっくりしました。


ーー本当に自虐の意味合いで作成した?

今年が開業25周年ということもあり、2月9日から3月31日にかけての期間限定で発売する「学割満喫パスポート」をPRするため、ターゲットである学生のツイートを参考にしました。

また、来園した学生が、志摩スペイン村のどこに魅力を感じてくれたのかを、多くの投稿をもとに調べてみた結果、主に以下の3点だと判断しました。

インスタ映えするスポットが多い
・アトラクションに何回も乗れた
・キャラクターと直接触れあえる


こうした“リアルな声”を踏まえて訴求すれば、「学生の心に響くのでは?」との思いで制作しました。あくまで自虐ではなく、事実を掲載させて頂きました。

25thアニバーサーリー「学割満喫パスポート」

ーー入場者層の割合は学生多め?

日によって違うので、一概に返答はしにくいですが、ファミリー層の方に多く利用していただいております。具体的なデータはありませんが、例年2月3月の平日は、学生の割合が多いように感じます。


ーー「待ち時間ほぼゼロ」を謳っているが、繁忙期もほぼゼロ?

待ち時間につきまして、春休み・GW・夏休みのお盆期間は発生しますが、1時間以上発生する日は、年間で数日です。また、入場制限を行ったことはございません。



担当者によると「学割満喫パスポート」のPRとして、若者に向けて作ったためこの形になったが、あくまで自虐ではなく事実とのことだった。
志摩スペイン村」の利用者数をみてみると、オープン時は約375万人だったが、年々下がり続け、2017年は約120万人となっている。(※2000年度まではテーマパーク入園者数のみ。2001年度以降は、テーマパーク・ホテル宿泊者・温泉入浴者の合計)
“自虐PR”から受ける印象ほどガラガラなのかは定かではないが、せっかくなのでおすすめのアトラクションも聞いてみた。

絶叫コースターに映えスポットもいっぱい

ーー担当者イチオシのアトラクションは?

吊下げ式ジェットコースター「ピレネーです。ジェットコースター好きのためのジェットコースターとなっていまして、スペインとフランスの国境を走るピレネー山脈をモチーフにしております。

ピレネー山脈のくねくねと曲がりくねった地層のようなレールを、最高時速100kmで疾走するため、全長1,234mの間、絶叫が止まらないでしょう。

他にも、スペイン人をはじめとするエンターテイナーが繰り広げる、ゲストとの距離が近いエンターテイメントが自慢です。

吊下げ式ジェットコースター「ピレネー

ーーインスタ映えも推しているが、お勧めの映えスポットは?

サンタクルス通りですね。3Dのスペイン料理と写真撮影が楽しめる「3Dトリックツアー(コロン)」を通り、キャラクター館やドラゴン城の宝探しなどがある石畳の通りです。

サンタクルス通り

このページを更新したのは1月9日とのことで、1か月経過してからバズったことになるが、人が少ないのが不思議なくらいに、魅力あるテーマパークだった。既に訪れたことがある人も、一度も行ったことがない人も、是非足を運んでみてはいかがだろうか。

 

すがすがしい自虐っぷり…「志摩スペイン村」のサイトが話題なので担当者に聞いた - FNN.jpプライムオンライン
https://www.fnn.jp/posts/00424420HDK

 

志摩スペイン村(しまスペインむら)は、三重県志摩市磯部町坂崎にある複合リゾート施設。

近畿日本鉄道近鉄)が、総合保養地域整備法(通称:リゾート法)の施行に合わせ1988年に策定された「三重サンベルトゾーン」構想に基づき、三重県志摩郡磯部町(現・志摩市)の協力を得て開発した施設で、テーマパーク「パルケエスパーニャ」を中核施設に、ホテル志摩スペイン村天然温泉「ひまわりの湯」の3施設で構成されている。

開発当初は、リゾートマンションコテージ等を多層的に展開するレジデンシャルゾーンの開発計画もあったが現在は凍結されている。

 

決算[編集]

2月

設立[編集]

1991年(平成3年)5月15日

役員[編集]

社員数[編集]

299人(男性社員203人/平均年齢37.9歳、女性社員96人/平均年齢33.2歳)

 

 

開園後の主な大型設備投資額[編集]

「クエントスの森」(1996年) 約2億4千万円
第一次営業施設増強(1996年 - 1997年) 総事業費 約70億円 内約31億円 - 「ピレネー
内約26億円 - 「ドンキホーテ冒険の旅」
内約6億円 - 「コロシアム可動式屋根
内約7億円 - 「エンバシーホール」
第二時営業施設増強(1999年) 総事業費 約49億円 内約30億円 - 「ロストレジェンド」
内約15億円 - 「エスパーニャカーニバル」
内約4億円 - 「サンタクルス通り延伸」
植栽増強(1997年 - 1999年) 約3億円
ドンキホーテバルーン」(2000年) 約2億円
「太陽の洞窟」、「ドンキホーテのからくり時計」等(2002年) 約1億4千万円
「マタドール」、「光の宮殿」、「氷の城」及びカンブロン劇場新ソフト導入等(2004年) 約2億円
不思議の国のアリス」、新スパニッシュミュージカル「マルクの恋人」導入等(2007年) 約1億4千万円
「ピエロ・ザ・サーカス」(2008年) 約8億円

 

沿革[編集]

 
入口(ドンキホーテとサンチョパンサ像)
 
クエントスの森
 
エバンシーホール
 
アンダルシア地方のサンタクルス教会
 
20thアニバサリの新アトラクション、トマティーナ

 

志摩スペイン村 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E6%91%A9%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E6%9D%91