マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

交通の障害者割引、IC化めざす 毎回の手帳提示不要に

 2月13日のニュースです。

 

そもそも、キチガイ浅野史郎の障害者五輪で回しているので、

必ずこの地方公務員の日である本日に絡め続ける政治なんですよ。

 

これ、キチガイみたいに勝手に進むので。

 

私が騙されて地方公務員にされたから、ここにドロドロと絡むのね。

 

国鉄を民営化したのは三塚博です。キチガイ農民だ。

 

 それで、JR各社は障害者割引は確かにあります。

でも全て身体障害者だけであり、精神は外していますね。

 

私はJR東日本の仙台支社が、

宮城県農林水産部に1300万円程度の献金をしたのは確認してるので、

仙台支社はそろそろ死ねやと思っているんだね。

 

愛子駅で儲けた奴らと対面する必要もあるまい。

 仙台支社と話す価値はないじゃん。

 

使うのは券売機。

話す価値も無い。

 

馬鹿と対面しないのは基本だね。

 

 10年身体拘束されただけの仙台だからな。

話す意味がないよね、犯罪で成立している土地。

 

どんな制度を神道政治で導入しようが、馬鹿相手じゃ利用しないじゃん。

マジでどうでもいいけどね。

私個人の視点での話です。

 

個人的にあとは宮城県内のJRローカルは乗るつもりはないしね。

全く用は無いので。

どうでもいいことではある。

 

閉鎖病棟に人権侵害で入れて、運転免許を失効させて剥奪。

それで市バスと地下鉄に乗せようとした犯罪の官の土地じゃん?

二度とこの土地のローカルには乗りませんわ。

 

必要ならば、車レンタルすれば良いだけ。

 

そもそも乗った所でバスの運ちゃんは喜ばないし、

キチガイカルトは狂ってるな、マジで。死ねよ。

無料でも利用せんわ。馬鹿過ぎ。

 

手帳で割り引いて障害者が乗車し、経営者が喜ぶと思います?

金にならんじゃん。

精神をJRが割り引かないのも無理はない。

ちゃんとした金を払わないと、誰でも機嫌は悪いからね。

 

一番喜ばれる客は、即決で金を払って喜んで帰ってくれる客ですわな。

うざいのは要らん。

 

仙台市の屑は、わざわざ私をそんな割引を求める人間に貶めたんですよ。

仙台市役所ね。

 

私の投機を妨害して、そしてそんな人間に貶めて喜んでいたからね。

切り捨て御免がまかり通る時代であれば、全て海の藻屑だよな。

 

八木山動物公園駅東北大学、自殺者出て良かったね。

犯罪による天罰だな。

自分たちでブラックをさらけ出した。

悪因悪果。犯罪の土地。

 

結局、障害者がいくら人権を叫んでも、

金を貰っている限りは一人前ではないね。

全てはここだと思う。

障害者でも稼いで自立していればきっちり評価される。

また金があり遊んで暮らす障害者でも、助けが要らなければ一人前ですね。

 迷惑かけなければ一人前。それだけの評価に過ぎんからね。

 

一番重要なのは、補助金屑から足を洗うことね。

これを信念として精進するのが大切と思う。

 

こちらは補助金屑に第二の人生を妨害されたからな。

全て切り捨てて血の海にして完了したいよね。

 

私は投機の妨害まで受けて、閉鎖病棟に人権侵害で入れられたので、

あとは遊んで暮らせる金を裁判できっちり回収するだけね。

二度と補助金ゴミの相手はしない。

ゴミはゴミだよな。

 

仙台の官は私を侮辱するために存在しているからな。

そして用もないのにシロアリの如く寄って来る。

頭がおかしい集団だ。

 

こちらが2008年10月に、一身上の都合で民になり、

そして相手にせずに第二の人生に進めたのに、

犯罪の官は何処までも腹黒で、完全にアウトの犯罪集団でしか無かったね。

 生きる価値の無い人間のお手本みたいな奴らだ。

 

 

 

交通の障害者割引、IC化めざす 毎回の手帳提示不要に

2/13(水) 17:00配信

朝日新聞デジタル

 障害者が鉄道やバスなどを使う際、毎回手帳を示さなくても割引を受けられるようにできないか――。2020年の東京五輪パラリンピックに向け、国土交通省は割引手続きの簡素化を全国の交通各社に求め始めた。ICカードを改札でかざすだけで割引運賃で乗車できる仕組みなどを目指す。

【写真】障害者割引が受けられる「スルッとKANSAI」加盟社の交通系ICカード。更新には、障害者手帳を示す年1回の確認作業が必要だ=スルッとKANSAI提供

 公共交通機関の障害者割引について国の明確なルールはなく、障害の有無の確認方法や割引率は各社に任されている。現状、割引を利用するたびに障害者手帳の提示を求める公共交通が多い。

 例えば、JR東日本交通系ICカード「Suica(スイカ)」では、降車駅の窓口で手帳を提示しなければ割引は受けられない。関東の私鉄・バス事業者でつくる「PASMOパスモ)」も同様の運用だ。

 こうした状況を受け、東京五輪・パラに向けて障害者の快適な移動などを検討する国の会議で昨年12月に、バリアフリー化の促進案などに加え、割引手続きの簡素化を求める意見が障害者の委員から出された。

 国交省が調べたところ、手帳の提示が毎回必要であるかのような記述が国の告示や通知、通達にあることが判明。バス事業者が運送約款の見本にしている国交省の告示「標準運送約款」では、運賃割引の確認方法について「手帳を呈示(ていじ)し」とあった。国交省はこの表記を削除し、交通系ICカードなどでも確認できることを明記する。船舶事業者や障害者手帳を交付している自治体への通知でも同様の記述があったといい、順次改めていく方針だ。

 これと並行し、1月下旬からは鉄道、自動車、航空、船舶の各社に障害者手帳の確認方法の見直しを促す通知を始めた。

 すでに、関西などの私鉄・バス64社でつくるスルッとKANSAI協議会では、障害者と介護者用のプリペイド式ICカードを導入。事前に登録をしておけば、このカードを自動改札にかざすだけで割引運賃で利用できる。適切な利用のため、1年ごとの継続利用の確認も行っている。全日空日本航空でも、事前に登録した人についてはチェックイン時の障害者の確認は省略しているという。国交省は通知でこうした事例を紹介しながら、各社に対応を促していく。(贄川俊)

 

交通の障害者割引、IC化めざす 毎回の手帳提示不要に(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000075-asahi-pol