マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。

「なぜアベが毎回来るのか」領土問題の会談巡りロシア紙が揶揄

 2月11日に書かれた週刊誌のニュースです。

 

だろうね。私もそう思います。

訳わからんだろうね。

喩えが面白くて、楽しく読みました。

 

私も仙台の相手なんてする訳がないし。

 

私は仙台はキチガイだろと思っていますね。

 

ここは情報まいて遊んでいるだけ。

全てが評判悪いし、それは犯罪で成立しているからでしょうね。

 

 

 


「なぜアベが毎回来るのか」領土問題の会談巡りロシア紙が揶揄

2019年2月11日 5時57分


ざっくり言うと
1月22日に開かれた日露首脳会談について、週刊新潮が報じた
領土問題に進展がないのに、なぜ安倍首相は毎回来るのかとロシア紙は報道
領土の合意をエサに、安倍首相が弄ばれているとのレポートも出ているそう
官邸「日露」親密アピールも… 露紙は“なぜアベが毎回来るのか”の揶揄
2019年2月11日 5時57分 デイリー新潮
ロシアのプーチン大統領安倍総理

 ツバメ一羽だけでは春は来ず。そんな諺(ことわざ)がロシアにはある。「わずかな兆候だけで結論を急ぐな」との意味だという。日露交渉の進展へと前のめりになる日本のメディアへの警句のごとし。

 1月22日、安倍首相とロシアのプーチン大統領との会談を報じた各紙には、〈日露、平和条約前進で一致 領土「解決は可能」〉〈平和条約交渉本格化へ〉〈ロシア大統領、2島返還を示唆〉などと期待感を高める見出しが躍った。この妙な足並みのそろいぶりについて国際問題研究家の瀧澤一郎氏が、

「指揮者にタクトを振られているかのような不思議な動きです」

 と、訝しがれば、外務省関係者はこう嘆息する。

「2016年のプーチン訪日時の報道を思い出しました。あの時も、今井尚哉(たかや)秘書官を中心とする官邸からメディアへのリークが目立った。今回も『大きな紙面を用意しておいた方がよい』と、一部報道関係者を事前に煽っていました。交渉が前進したように書かねば官邸との関係が悪化するため、おもねった見出しになるわけです」


ロシアのプーチン大統領安倍総理
 で、このたびの日露首脳会談の実情を聞けば、

「ロシアはフィンランドや中国とも領土問題で係争中です。他国との交渉の影響を考えたら、日本にだけ譲歩するはずがない。交渉前から結果は分かっていましたが、具体的な進展は何もありませんでした」(瀧澤氏)

 この状況、ロシアではどう捉えられているのか。

「高級紙のコメルサントは『成果がないのに、なぜアベが毎回来るのか分からない。世界には目を向けるべき他の問題がある』と、安倍首相を揶揄。また『領土の合意をエサに、プーチンが安倍首相をもてあそぶ構図だ』と冷静な分析をしている外交アナリストのレポートも出ています」(国際ジャーナリスト)

 まだ一羽のツバメすらも訪れていないようだ。

週刊新潮」2019年2月7日号 掲載

 

「なぜアベが毎回来るのか」領土問題の会談巡りロシア紙が揶揄 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16003666/