マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【著書 団塊の世代】堺屋 太一氏 逝去【大阪万博 太陽の塔】

 2月8日のニュースです。

 

逝去は逓信省の日です。

 

私は大阪万博誘致決定前に、太陽の塔の指摘はしていたのでね。

ここの太陽の塔は、私の母親の時代の太陽です。

だから、私は過去にこの過去の造形物の在り方について触れたことがあった。

あの時代を再び当時の企画者が拝むのは、天が認めなかったと言う事だと思いますね。

 

私は太陽の塔は観なかったことにしているので。

あの昭和だから通じたデザインは今では無理ですな。

 

あの太陽の塔には4つの顔が存在して、現行では1つ紛失したそうです。

 

私は母親(団塊の世代)が持っていたものは全て捨てて完了なので。

全く違う人格であり、母親なんてのは消えて頂いた方がよろしいですので。

 

この屑世代は愚か過ぎて、学ぶべきものはないな。

相手にすると不幸になるだけだ。

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

堺屋 太一(さかいや たいち、1935年昭和10年)7月13日 - 2019年平成31年)2月8日[1][2])は、日本小説家作家評論家、元通産官僚経済企画庁長官(第5557代)、元内閣特別顧問。株式会社堺屋太一事務所および株式会社堺屋太一研究所の代表取締役社長内閣官房参与。様々な博覧会プロデューサーとしても活動していた。

本名は池口 小太郎(いけぐち こたろう)であり、ペンネームの由来は、先祖の商人安土桃山時代から谷町に移住した際の名前である「堺屋太一」から採ったものである(堺屋は屋号にあたる)[3]

 

池口 小太郎
いけぐち こたろう
生年月日 1935年7月13日
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
没年月日 2019年2月8日(83歳没)
出身校 東京大学経済学部卒業
前職 工業技術院業務部研究開発官
現職 早稲田大学日本橋キャンパスインテンダント
称号 経済学士東京大学1960年
旭日大綬章(2012年)

日本の旗 第55 - 57代 経済企画庁長官
内閣 小渕内閣
小渕第1次改造内閣
小渕第2次改造内閣
第1次森内閣
第2次森内閣
在任期間 1998年7月30日 - 2000年12月5日

 

作家として[編集]

通産省に在職中の1975年近未来の社会を描いた小説油断!』で作家としてデビューした。

1976年に発表した小説『団塊の世代』は、1940年代後半に日本で生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と位置づけ、多方面に影響を与えた。また、大河ドラマの原作となった『峠の群像』、『秀吉』をはじめとする歴史小説も数多く執筆した。小説のみならず、工業社会の終焉と「知価社会」(情報化社会)の到来を予言した経済理論『知価革命 工業社会が終わる・知価社会が始まる』等の社会評論や、首都機能移転に関する『「新都」建設 これしかない日本の未来』をはじめとした公共政策分野における政策提言に関する著作も多数執筆した。

 

堺屋太一 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%BA%E5%B1%8B%E5%A4%AA%E4%B8%80

 

 

 

 

 

一緒に万博盛り上げたかった=堺屋氏死去で-大阪知事、市長

2019年02月10日17時17分

道頓堀をプールにする計画を発表する堺屋太一大阪府市統合本部特別顧問(前列左から2人目、当時)=2012年7月、大阪市中央区

 1970年日本万国博覧会大阪万博)の立役者で、8日に亡くなった堺屋太一氏は、2度目の大阪開催となる2025年万博の誘致活動にも深く関わった。松井一郎大阪府知事は10日、「万博が決定した夜に電話をした。すごく喜んで『僕も力を貸すよ』と言っていただいた。一緒に万博を盛り上げていきたかった。非常に残念でショックだ」とのコメントを発表した。
 吉村洋文大阪市長も「25年万博に向けても助言を受けたいと考えていただけに痛惜の念に堪えない」と悔やんだ。(2019/02/10-17:17)

 

 

一緒に万博盛り上げたかった=堺屋氏死去で-大阪知事、市長:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021000343&g=pol