マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【無原罪の御宿り・神武天皇42】NGT48「山口真帆」暴行事件、スタッフの“情報統制”に騙されたスポーツ紙【原爆切手・ハリーポッターと賢者の石】

 12月8日発生、1月8日告白の事件です。

 

そして、1月9日の防衛省の日に最後のツイートをして、

自らNGT48の名を外した様ですね。

 

これ、全部仙台藩ですよね。

 

12月8日はAKB48の日で、同時にブログのタイトルの日です。

これはいいさ。

 

次は1月8日の一ヶ月後に告白です。

これは1月8日、要するに108。

108万都市仙台と三塚博801の8月1日に対する憎しみじゃないの?

 

この山口真帆と言う人物は、生誕年が1995年だそうなんですね。

阪神淡路大震災村井嘉浩が初県議になった年です。

この年に私も宮城県職員になったので、まぁ呪われた年ですよね。

 

仙台は縛りが無くて出て行ける人は出て行けばいいと私は思いますよ。

私はここは終わりだと思っています。

昨年の戊戌で終わりましたので。

ここの土地の思想は相手しちゃ駄目さ。

崩壊済み。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

12月8日(じゅうにがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から342日目(閏年では343日目)にあたり、年末まであ と23日ある。

 

1854年 - ローマ教皇ピウス9世の回勅Ineffabilis Deus(英語版)によって「無原罪の御宿り」がカトリックの教 義として公認。

1962年 - 第42臨時国会召集(12月23日閉会)。

1987年 - ロナルド・レーガン米国大統領とミハイル・ゴルバチョフソ連共産党書記長、中距離核戦力全廃条約
(INF全廃条約)に調印。

1994年 - 原爆切手発行問題: アメリカ合衆国郵便公社が原爆切手発行の中止を決定。

1999年 - J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッターと賢者の石』が日本で刊行。

2005年 - 東京・秋葉原に「秋葉原48劇場」(現:AKB48劇場)がオープン。AKB48の第1回公演が行われる。

 

12月8日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E6%9C%888%E6%97%A5

 

 

 

 

 

trend-express.net

 

 

NGT48「山口真帆」暴行事件、スタッフの“情報統制”に騙されたスポーツ紙
芸能2019年1月13日掲載


NGT側は失態続き
 NGT48の山口真帆(23)が暴行された問題では、収束の気配が全く感じられない。NGTスタッフの“危機管理”が裏目に出たことが、大きな原因のようだ。

 ***

速報「松岡茉優」が追突事故を起こしていた 事務所公表せず

 時系列を確認しておく。暴行事件は2018年12月8日に発生した。20代の無職と大学生の男2人が、新潟市内にある山口の自宅玄関に押しかけ、山口の顔を掴んで押すなどした。

 新潟県警は翌9日に2人を暴行容疑で逮捕。記者クラブ加盟社などに対する広報は行われたが、被害者は匿名だった。そして新潟地検は12月28日、容疑者2人を不起訴とし、身柄を釈放した。

 事件が発覚したのは、山口自身が明かしたためだ。年が明けて19年1月8日の深夜から9日の早朝にかけて、動画配信サイトで「なんでこんな怖い目に遭わないといけないの」と訴え、涙ぐむ姿が公開された。

 

NGT48「山口真帆」暴行事件、スタッフの“情報統制”に騙されたスポーツ紙 | デイリー新潮
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/01130601/?all=1

 

 

NGT48 正規メンバー公演再開も山口の姿なし
スポーツ報知/報知新聞社 2019/02/09 12:46
千原ジュニア千原兄弟)【撮影:小宮山あきの】引きこもり体験交え、子どもにエール
生放送が終了し、笑顔を見せる小川彩佳アナウンサー=東京・テレビ朝日小川アナ、番組卒業までにしたいこと
正規メンバー公演が再開したNGT48劇場© スポーツ報知/報知新聞社 正規メンバー公演が再開したNGT48劇場
 NGT48が9日、新潟市内のNGT48劇場で「ただいま!十人十色」の昼公演を行い、山口真帆(23)への暴行事件で先月10日の夜公演以来、休止していた正規メンバーによる劇場公演を約1か月ぶりに再開した。

 この日、山口は出演しなかった。角ゆりあ(18)、中村歩加(20)、奈良未遥(20)、日下部愛菜(17)、西村菜那子(21)、清司麗菜(17)の6人で15曲以上をパフォーマンス。ファンの不安を吹き飛ばすかのようにアンコールではユニット代表曲「Maxとき315号」を6人で跳びはねて熱唱した。

 この日のセットリストは、かつて6人が研究生時代だった時の公演をアレンジしたもの。西村は「この公演が決まったのが急だったので…」と苦笑い。日下部も「昔、一日3回公演を16人でやったことあるからね」と気を張った。山口について触れることはなかった。

 山口は1月10日に劇場3周年公演でステージに立ち謝罪して以降、公の場には現れておらず、関係者によると今後の出演予定も決まっていない。自身のツイッターのプロフィルから「NGT48」の文字を削除したことでファンの間でも心配の声が上がっている。

 それでもこの日は満員の295人が駆けつけ、入り口付近にはロビーでのモニター観覧希望者がズラリと列を作った。

 

NGT48 正規メンバー公演再開も山口の姿なし
https://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%EF%BD%8E%EF%BD%87%EF%BD%94%EF%BC%94%EF%BC%98-%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E5%85%AC%E6%BC%94%E5%86%8D%E9%96%8B%E3%82%82%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E3%81%AE%E5%A7%BF%E3%81%AA%E3%81%97/ar-BBTmeCZ