マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

私はあとは日立製作所の製品を買う予定はございません

 まあ、NICTの現行サーバを収めていたと言う事でですね。

 

2012年11月20日となっております。

これはマヤの太陽の終焉間近と言う所で、秒読みですね。

 

そもそも私は宮城県は切り捨てているので、その時代のもみんな捨てています。

その一つが日立製作所ですね。

 

日立はイタリア方面への鉄道受注や、原発とかやっていたと思います。

この企業は私とは関係無い皆様だ。

私は昔からそう思っています。

 

宮城県に関与したのは、私は相手にしない。

機械的に処理するだけですね。

 

 私があとは買わないのは、トヨタパナソニック、日立。

これね。

ただでも捨てる。

 

邪魔だし、なんかようですか?

と言う考えしかないね。

 

大河原は目障りだからね。現行で。

要らんのだわ。いい加減不快で。

JAXAとか、そんなキリストに繋がるNASAの糞尿洩れ便所とかね。

 

私の人生に於ける災いなので。

 

これはみんな仙台藩キチガイ宗教がやってるやつじゃん(笑)

キチガイスゲーとしか思っていないのでね。

 

ほら、ニンテンドーDS時代の「脳トレ」ね。

早く仙台藩は死滅すべきと思うよ。

要らないでしょ、ここ。

 

風を持っているのは私なので、要らないのは全て切り捨てればいいだけだから。

何様?こいつらと言う意見しかないので。

 

原発って、過去に経済産業省が私にアンケートを送ってきた所だわ。

そもそも、東電のそれも自分たちでぶち壊しただけだし、

何がしたいのか分からん自民党だよな。

 

馬鹿は私に寄るなと言う結論しかねーでしょ。

 

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

11月20日(じゅういちがつはつか、じゅういちがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から324日目(閏年では 325日目)にあたり、年末まであと41日ある。

 

1910年 - メキシコ革命: フランシスコ・マデロがポルフィリオ・ディアス大統領の大統領選での不正と当選無効 を訴えて一斉蜂起。メキシコ革命が始まる。

1947年 - 任天堂設立

1954年 - 神奈川県相模原市が市制施行。

11月20日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/11%E6%9C%8820%E6%97%A5

 

 

 

                                 ニュースリリース

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2012年11月20日

情報通信研究機構(NICT)が「宇宙天気予報」に活用する
スーパーコンピュータシステムを刷新し稼働開始

日立のスーパーテクニカルサーバ「SR16000 モデルM1」を採用

  株式会社日立製作所(執行役社長 : 中西 宏明/以下、日立)は、このたび、科学技術計算分野向けスーパーテクニカルサーバ「SR16000 モデルM1」を中核とするスーパーコンピュータシステム(以下、新システム)を独立行政法人情報通信研究機構(理事長 宮原 秀夫/以下、NICT)に納入し、11月1日から稼働を開始しました。
  今回稼働した新システムは、太陽の活動によって発生する地球周辺の磁気圏の乱れや宇宙放射線を予測する「宇宙天気予報」のための各種データの算出に活用されるものです。

  新システムは、従来システムと比較し理論演算性能*1で約16倍となる25.49TFLOPS*2の性能を有しているため、宇宙天気シミュレーションの空間精度は、従来システム比で約100倍に向上します。さらに今回の稼働開始とともに、この新システムを最大限に活用し、従来のシステムではスーパーコンピュータの計算能力の限界から実用化が不可能だった「極端現象*3」をシミュレートする「極端現象シミュレーションプログラム」を世界で初めて運用を開始するほか、地表から高度500キロメートルの空間の状態をシミュレートする「地球大気圏影響シミュレーションプログラム」も開発を進めていきます。新システムを活用した各種シミュレートにより、太陽の活動を要因とする磁気の乱れが人間の活動圏へ与えるほぼ全ての影響を予測することが可能となります。それらの予測をもとにNICTが作成し公表する「宇宙天気予報」により、影響が予想される期間や地域において、通信関連の設備や電力関連の設備などを持つそれぞれの事業者が、影響を軽減させるための対策を実施したり、万が一の故障の場合の復旧部品を予め用意したりすることで、障害を回避し、安定した電波利用や電力供給へとつながることが期待されます。

*1
理論演算性能 : 同時に動作可能な全ての演算器が動作したときの理論上の性能
*2
TFLOPS(テラフロップス) : 浮動小数点演算を1秒間に1兆回実行する能力
*3
極端現象 : 巨大磁気嵐群の発生や猛烈な太陽風など、「1000年に1度」程度しか発生しないまれで極端な現象

  今後も日立は、これまで長年にわたって培ってきたスーパーコンピューティング技術を結集し、最先端技術を取り入れた、高性能、省電力なスーパーコンピュータシステムの提供を通して科学技術の発展に寄与していきます。

NICTの「宇宙天気予報」について

  宇宙空間では太陽の活動によって生じる宇宙放射線や高エネルギー粒子などにより、人工衛星の障害や宇宙飛行士の放射線被曝などが発生する危険性があります。また、太陽風が原因となって発生する磁気嵐は、宇宙空間のみならず、地球上の送電網などに障害を引き起こすこともあり、海外では過去に長時間にもわたる停電が発生した例もあります。
  このような太陽活動によって引き起こされるさまざまな現象を予測し、宇宙開発や地球上のインフラの安定稼働に寄与するため、NICTは独自に開発したシミュレーションプログラムを利用し、アメリカ航空宇宙局(NASA)の太陽観測衛星から提供される観測データをもとにしたスーパーコンピュータによるシミュレーションで、宇宙放射線や地球周辺の磁場の状況などを予測し、「宇宙天気予報」として発表しています。この「宇宙天気予報」は国や民間の人工衛星の運用機関のほか、送電網を運用・管理する電力会社、飛行機を安全に運行させるために、さまざまな情報が必要な航空会社などで活用されています。
  NICTは、これまで、太陽から地上100kmまでの全宇宙空間をリアルタイムにコンピュータ上で表現する「リアルタイム宇宙天気統合シミュレータ」の開発に世界で初めて成功し、有人宇宙活動、衛星の運用、GPSや通信機器などに障害を引き起こす宇宙空間の磁気の乱れに関する予報の高度化を実現するなどの成果を上げています。

新スーパーコンピュータシステムについて

  新システムの中核であるスーパーテクニカルサーバ「SR16000 モデルM1」は、1ノード*4あたりの理論演算性能980.48GFLOPS*5を有し、新システム全体として総合理論演算性能25.49TFLOPSの性能を実現しています。これはNICTにて稼働していた従来システムと比較して、約16倍の性能向上となります。なお、主記憶容量はシステム全体で3.25TB(テラバイト)*6を実装しており、NICTで利用される大容量メモリを必要とするシミュレーションプログラムに対して、最適な計算環境となっています。
  また、ストレージシステムには、日立のミッドレンジディスクアレイ「Hitachi Adaptable Modular Storage2500*7」が採用され149.61TBの大容量ディスクを備えています。なお、ファイルストレージは、日立の仮想ファイルプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform」を採用し、高信頼な環境のもとで、高速なデータの入出力を実現しています。

*4
ノード : スーパーコンピュータシステムを構成する独立した演算処理単位で、サーバを意味する
*5
GFLOPS(ギガフロップス) : 浮動小数点演算を1秒間に10億回実行する能力
*6
TB(テラバイト) : 約1兆バイト
*7
現在は後継機として「Hitachi Unified Storage 100シリーズ」を提供しています

太陽活動による地球及び、地球周辺への影響

[画像]太陽活動による地球及び、地球周辺への影響

新スーパーコンピュータシステムの外観

[画像]新スーパーコンピュータシステムの外観

スーパーコンピュータシステムで採用されている日立製品

  • スーパーテクニカルサーバ「SR16000 モデルM1」
  • ミッドレンジディスクアレイ「Hitachi Adaptable Modular Storage 2500」
  • 仮想ファイルプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform」

NICTについて

独立行政法人情報通信研究機構(NICT : National Institute of Information and Communications Technology)は、情報通信技術分野における国の唯一の公的研究機関です。「ネットワーク」「ユニバーサルコミュニケーション」「未来ICT」「電磁波センシング」の4つの基盤技術領域を柱として、最先端の研究開発を実施するとともに社会への還元を積極的に推進しています。また、産学官連携の中核的役割を強化するとともに海外の研究機関との連携を推進しています。

 

ニュースリリース:2012年11月20日:日立
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/11/1120.html

 

 

日立、イタリアで鉄道車両受注 120両300億円

日立製作所がイタリアで納入を予定する2階建て鉄道車両のイメージ(日立製作所提供)
Messenger

 日立製作所は13日、イタリアの鉄道会社から2階建て鉄道車両120両(30編成)を、2億3751万ユーロ(約300億円)で受注したと発表した。最大で120編成の車両供給に関する契約を交わしており、今後さらに受注を見込む。

 受注した車両は、イタリア・ロンバルディア州の路線で2020年6月から運行する予定。従来より電力エネルギー消費を30%削減し、騒音も抑えた。車両は日本国内で培った技術を生かし、イタリアの現地拠点で設計と組み立てなどを行う。日立は海外強化の成長戦略として鉄道事業を位置付けている。欧州各国では鉄道車両の更新需要があり、こうした受注を重ねることで、実績をアピールしていきたい考えだ。

 

 

 日立の凍結で再燃、原発ビジネスの再編が動き出す!?
https://newswitch.jp/p/16140

 

日立の凍結で再燃、原発ビジネスの再編が動き出す!?

三菱重工のトルコ計画は?

 
原発メーカーは大きな転換点に(写真はイメージ)

原発メーカーは大きな転換点に(写真はイメージ)

 日立製作所は英国の原子力発電所の新設を凍結する。原発メーカーは大きな転換点を迎える。国内では日立や東芝が手がける沸騰水型軽水炉(BWR)は東京電力福島第一原発事故を受け、再稼働も見通せない。保守や廃炉ビジネスは発電事業の中では収益性は高いが、先細りは必至な状況だけに業界の再編議論が再燃する可能性もある。

 日本の原発輸出は凍結や見直しが相次いでいた。今回、日立が英国のプロジェクトを凍結したことで、残るは三菱重工業がトルコで手がける新設計画のみだが、断念する公算が大きい。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の宮本武郎シニアアナリストは「今後の原子力事業は新技術の競争ではなく、燃料の装荷や保守点検、廃炉の取り組みを強化するしかない。保守契約を抱えるほど、廃炉までのビジネスにつながる。ただ、そうした業務は原発の建設に比べてリスクは低いものの、リターンの観点から経営資源の投入は難しいのではないか」と語る。

 日立、東芝三菱重工原発3メーカーの統合議論は東京電力福島第一原発事故以降、常にくすぶり続けている。東京電力ホールディングスと中部電力、日立、東芝のBWR陣営4社は原子力事業での提携協議を進める。「将来的には事業統合も当然視野に入る。そうでなければ意味がない」(電力関係者)との声もある。

 東芝の車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)は他社との再編について「合理的に判断していく」としている。
(文=栗下直也、福沢尚孝)

 

 日立の凍結で再燃、原発ビジネスの再編が動き出す!?
https://newswitch.jp/p/16140