マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

2月3日 障害者採用で初の国家公務員試験 応募13倍(守護数13 フナブ・クー)

 1122回目の記事です。

厚生官僚は皆殺しにした方が世界平和だと私は思っているしね。

 

どうせ、私はこの障害者雇用には確実に入らないんですよ。

スペインの太陽で回していますけどもね。

 

浅野史郎時代の全て膿んだ奴だから、これが失われた20年の根源。

 

この思想の奴らは全て殺した方がいい。

 これ創価学会らしいからな。

この思想で良くなることは無いんですよ。

 

こちらは全て解析済みで、相応の逆風を吹かせしているのでね。

馬鹿だからアンテナが無くて理解出来ないんだろ。

最初からただの妄想だから。

 

儀式には訂正能力が無いからね。

私は個で力があるから、手法はいくらでもあんですよ。

 

低質な人間ほど、媒介、儀式、長い詠唱と発動までに異様に長いのは

魔法の世界ではいつもの事だからな。

そんなのはアニメでもゲームでも当然の様に描かれている。

 

媒介ってのは、魔法では例えば老賢者であれば杖で威力を上げるとか、

そんなのがデフォです。 

だから神社でも神職がそんな物を持っている。

 

だから追い込まれた人間ほど、更に突っ込んだ、そして面倒な儀式に入るんですね。

威力を求めると言う事だ。

 

ゲームでは大方アクティブタイムバトルであれば、初歩の魔法はすぐに発動、

上位ほど発動までに時間がかかるシステムになってるとは思いますけども。

経験値貯めれば、時間が全体的に短縮とかあると思うが。

このアクティブタイムバトルと言うFFの専用の言葉の中のみでは、

単に一度行動すれば次の行動までの待ち時間がゲージで出ると言う奴だね。

これは攻撃も魔法も同じ。最初のなので。

魔法はコマンド入れたときに少し遅れて発動するね。

攻撃はコマンド入れればすぐに入るね。

 

現行はシステムが進化しているから、時間が常時流れるからね。

キャラも勝手に動き回るし。

随分と進んだもんだわ。

 

 

2月3日(にがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から34日目に当たり、年末まであと331日(閏年では332日)ある。


1605年(慶長9年12月16日) - 慶長地震が発生、津波被害。

1972年 - 第11回冬季オリンピック、札幌大会が開幕。2月13日まで。


2月3日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/2%E6%9C%883%E6%97%A5

 

 

7月25日(しちがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から206日目(閏年では207日目)にあたり、年末まであと159日ある。誕生花はインパチェンススイセンノウ。


1960年 - 障害者の雇用の促進等に関する法律施行。

1992年 - 第25回夏季オリンピックバルセロナオリンピックが開幕。8月9日まで。

1998年 - マイクロソフトが「Windows 98 日本語版」を発売。


ヤコブの祭日
エス使徒の一人ヤコブの、カトリック教会における祝日。


7月25日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/7%E6%9C%8825%E6%97%A5

 

 

◆生誕日証明

https://i.imgur.com/28UFNqN.jpg

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

障害者採用で初の国家公務員試験 応募13倍、水増し問題受け

 
 障害者を対象とした初の国家公務員試験の会場に車いすで向かう人=3日午前、大阪市の大阪中之島合同庁舎

 中央省庁の障害者雇用水増し問題を受け、政府は3日、障害者を対象とした初の国家公務員試験を東京や大阪など全国9地域で実施した。この日は1次選考の筆記試験で、採用予定の676人に対し、10倍を超える6997人が受験した。人事院は「大きなトラブルはなかった」としている。

 
 

 政府は秋にも試験を実施するほか、個々の省庁でも非常勤職員を含め人材を確保する。年末までに約4千人を採用し、法律で定められた障害者雇用率2.5%の達成を目指す。雇用率は昨年6月1日時点で1.22%にとどまっている。

 
 障害者を対象とした初の国家公務員試験が行われた中央合同庁舎第5号館=3日午前、東京・霞が関

 今回の試験は、障害者手帳や医師の診断書などを所持する60歳未満の人が対象。(共同)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

障害者採用で初の国家公務員試験 応募13倍、水増し問題受け - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190203/k00/00m/010/058000c