マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

私は存在が石ころになるために日々頑張っている

 これですね。

 

私はあとはのんびり自然を観て暮らしたいんですよ。

それで裁判に進めて賠償金をゲットの最短ルートね。

私は最も効率が良い作業しか選択しないのでね。

 

 

だから、色々と私を始末すると言うから、

私が消えればエネルギーは消えると言うことを示すために、

自分から全て回収したんですよ。

 

それと似た物語が下記のゲームです。

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

そしたら、シロアリ、蛆の利己的な不満が生じたんだね。

私は消えて良いが、エネルギーはそのまま無限に欲しいと言うんだ。

 

やはりキチガイの考えには着いて行けないなと言う感想ね。

 

 

それで、そろそろぽつぽつと、

私が居なければ政治が出来ないと思う人も出てきたらしくてね。

 

ほら、個々でアンテナが違うわけじゃないですか。

どこから情報が洩れているかは不明ですけども。

 

 私は契約社会を最優先にするので、キチガイの妄言なんて全て無視でしょ?

最初から最後まで関係はない。

 

 私は蛆はただ殺しているだけなのでね。

知らないからね。

 

 

それは、占いの結果を読めば分かるわけでね。

  

守護数『4』を支配しているのは『太陽の神』。 これは「王を支える力」を意味しています。
指導者のアシスト役に人を導く守護数。
マヤでは、この大地の東西南北の四隅で4人の兄弟の神が天をもち上げている、と信じられています。
その縁の下の隠れた力のおかげで、天は落ちないですんでいるのです。
マヤの最高の神フナブ・クーは人の目には見えない神で、太陽はその化身。
太陽は人の目にふれる昼の間はもちろん、目に見えない夜の間も「王を支える力」を発揮して、
この大地に生命のエネルギーを与えつづけています。
守護数『4』の『太陽の神』は、その見えない方の太陽です。  
あなたはどんな場合でも、自ら大王の座を望んではいけません。
四角い顔をした冥界の魔王に魅入られ、道を踏み外してしまいます。
リーダーのアシスト役に回り、縁の下の力持ちに徹するのがベスト。
常に、人に対して隠れた助力を行なうことを心掛けてください。
目に見えない努力をつづけ、隠れた力を発揮して縁の下を支えつづけるなら、
アー・キン(太陽の王)の座が向こうから近づいてきます。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 私には現行でリーダは居ないので、そして蛆が暴れている土地は要らないんです。

だから法的に動いて、土地は捨てるんですよ。

私はベストな選択しかしないからね。

ちゃんと全体を見極めて行動している。

 

 

そしてもう一つの占いが下記ですね。

 

 

 あなたを最大限に引き出す人間関係
博愛精神の持ち主で進歩的、人と一緒にいることを好むので、
愛情や人間関係はあなたにとって大変重要です。
安定と落ち着いた環境が必要で、家庭を持ち強い絆を築くことが人生設計において非常に大切です。
また、愛情を求める気持ちが人一倍強いため、いつかは落ち着いて、決まった相手と安定した関係を結びます。
友人や恋人選びに時間をかければ、恋愛や人間関係において軽はずみな行動をとることも少なくなりそうです。

 

 

私は安定した暮らしをする事について、最も環境が大事だと考えているので、

現行で遊んで暮らせる資産が存在すれば、明日にでも新天地でも観に行くね。

私は仙台なんて何も要らないんですよ。

 

 だから、私が金を回収して土地を捨てれば、それで仙台藩は政治は出来なくなるし、自業自得では?

こちらは全く相手にしていないんだから。

 

 エネルギーが全て回収されて、私が土地を捨てれば綺麗に消えるよね?

何が不満なの?

 

それで私は石ころで、他の土地でのんびり生きるのだから、

あとはシロアリが真っ当に働くだけじゃん。

 

 割と、東日本大震災なんて、こちらのせいにされているからね。

ベガルタの会場前を走行したときに言われたわ。

 

好きで住んでいるんじゃないよと言いたいですな。

 

 

泉区なんて臭い創価学会で回していればいいし、こちらは無関係だよな。

住みたくないわ、こんな所。

 

 

私はフナブ・クーの山田奈緒子が破滅する未来を楽しみにしているだけだからな。

それが50年間の整理だから。

そのために日々前に進んでいるわけですね。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com