マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【農林水産省】1月28日 水産庁が仙台第三合同庁舎(自衛隊の方)で漁民に改正漁業法の説明会【恩賜上野動物園】

 1月29日のニュースです。

 

そもそも東北農政局そのものが厄災の汚物ですけども、

利用した庁舎は自衛隊の方の榴ヶ岡公園がある宮城野区五輪でした。

 

元々東北学院榴ヶ岡高校はこちらにあったのですけど、泉区に来たんだね。

小泉純一郎東北学院大学ですね。

 

もうこんな臭い公園は行かないしね。

退職してからぶらぶら遊びに行ったことはあったけども、結局は無能権力者が汚しましたからね。

もう土地として終わり。

 

仙台の無能が口を開くとろくなことがないね。

虫けらウザいです。

 

馬鹿共は重油の話題は出したのですか?

馬鹿なりに民の声は拾わなければならんよ。

そもそも存在意味が無い公務員なのだから。

 

馬鹿が皇室万歳とやっても意味が無いだろ。

魂が汚れている。

 

私を閉鎖病棟に入れて、運転免許を奪取し、

そしてトヨタヴィッツで拉致だろ?

その後にどんな展開になるか、まともな脳みそしていれば分かるわな。

鶏ならば分からないが。

 

結局、私は壬子生まれなので、生まれは泉だけども、

それで明石市の泉市長がその通りとか、

泉区が終わったのは鈍いアンテナでも理解出来ますよね?

東北学院は終わっているし、そりゃ自覚しないと。

 

 

それで、米国とフランスが騒いでいても知らんよね。

ドイツも数日後に日本訪問ですね。

創価学会のアホ泉区だもん。詐欺なんだからその通り。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

壬子(みずのえね、じんし)は、干支の一つ。

干支の組み合わせの49番目で、前は辛亥、次は癸丑である。

陰陽五行では、十干の壬は陽の水、十二支の子は陽の水で、比和である。


壬子の日
選日
壬子の日は八専の1日目である。

壬子の年[編集]

西暦年を60で割って52が余る年が壬子のとなる。

壬子の年
1千年紀 2千年紀 3千年紀


壬子 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AC%E5%AD%90

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

沿革[編集]

[1]

東北学院榴ケ岡高等学校 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%AD%A6%E9%99%A2%E6%A6%B4%E3%82%B1%E5%B2%A1%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

 

 

 

宮城のニュース

<水産改革>仙台で説明会 水産庁、漁業者に理解求める

水産改革のポイントを解説した説明会=28日午後1時35分ごろ、仙台市宮城野区の仙台第3合同庁舎

 昨年12月に成立した改正漁業法を中心とする水産改革について、水産庁は28日、東北各県の漁業関係者を対象とした説明会を仙台市で開いた。
 約100人が出席。水産庁の長谷成人長官ら職員が(1)漁業権制度の見直しによる優先順位の廃止(2)漁獲可能量(TAC)制度を基本とした新たな資源管理システムの構築とTAC対象魚種の拡大(3)販売力強化に向けた漁協制度の見直し-など改革の要点を説明。改革推進に向けた政府の新年度水産関係予算を解説した。
 質疑応答で、参加者の一人は「改正漁業法は漁業者にどんなメリットがあるのか」と質問。同庁の担当者は「法律で全て解決するわけではないが、前向きな取り組みを掘り起こし支援していく」と理解を求めた。
 水産業の成長産業化に向けた今後の取り組みを問われると、「(改革の)第2弾として漁業者の収入安定対策や、密漁ではなく正規の漁獲物であることを示す証明制度などの検討を進めたい」と述べた。
 長谷長官は「不安な部分は払拭(ふっしょく)し、それぞれの浜や現場で前向きな取り組みを考えてほしい」と改革への協力を呼び掛けた。
 説明会は仙台市を含む全国6都市で開催される。


関連ページ:宮城政治・行政

2019年01月29日火曜日

 

 

<水産改革>仙台で説明会 水産庁、漁業者に理解求める | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190129_11019.html